« 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第12巻 逃げる近藤 斬る土方 そして駆けつけた男 | トップページ | 誉田龍一『将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記』 民のため、将軍を動かす男! »

2017.05.15

6月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 それなりに楽しかったゴールデンウイークも終わり、祝日のない日々が続きます。特に6月は祝日がゼロの最も嫌な月。そんな時は本でも読むしかない! と言うわけで、文月には一月早いですが、本に耽溺したい6月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 という6月ですが、実は漫画の新刊はかなり少なめ。今回はこちらを先に紹介してしまいましょう。

 まず、新登場は碧也ぴんくの土方もの『星のとりで 箱館新戦記』第1巻のみ。
 そしてシリーズものは、永尾まる『猫絵十兵衛 御伽草紙』第18巻と灰原薬『応天の門』第7巻、そして完結という表記が本当に悲しい戸土野正内郎『どらくま』第6巻……このくらいであります。

 『お江戸ねこぱんち 夢花火編』もありますが、数だけ見れば寂しいところであります。


 その一方で文庫小説は充実の一言。まず注目は、生ける伝説・辻真先が藤田五郎を主人公とした明治もの『義経号、北溟を疾る』。
 そしてシリーズものの続巻では上田秀人『百万石の留守居役 9 因果』、かたやま和華『猫の手屋繁盛記』第4巻、菊地秀行『宿場鬼』第2巻、瀬川貴次『ばけもの好む中将 6 美しき獣たち』、廣嶋玲子『妖怪の子預かります 4 半妖の子』とものすごいラインナップであります。
(『宿場鬼』の続編は、当初4月刊行予定だったものですね)

 文庫化の方も、相場英雄『御用船帰還せず』、乾ルカ『ミツハの一族』、中島京子『かたづの!』、宮部みゆき『荒神』、宮本昌孝『風魔外伝』、夢枕獏『陰陽師 螢火ノ巻』と注目作揃い。特に『荒神』は怪獣ファン必見の作品であります。
 そしてもう一作、私が愛してやまない平谷美樹『でんでら国』が上下巻で登場。こちらについては、いずれまた触れる機会もあるかと思います。

 そして復刊では、柴田錬三郎『眠狂四郎孤剣五十三次』上下巻と高橋克彦『舫鬼九郎 2 鬼九郎鬼草子』が登場。
 眠狂四郎は集英社文庫からですが、『京洛勝負帖』『異端状』ときてこれというのは、少々謎のラインナップですが、復刊されたのはとにかく嬉しいお話です。

 そして『代表作時代小説』改め『時代小説 ザ・ベスト2017』も発売と、とにかく小説が充実の一月なのであります。



|

« 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第12巻 逃げる近藤 斬る土方 そして駆けつけた男 | トップページ | 誉田龍一『将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記』 民のため、将軍を動かす男! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/65280460

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第12巻 逃げる近藤 斬る土方 そして駆けつけた男 | トップページ | 誉田龍一『将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記』 民のため、将軍を動かす男! »