« 北方謙三『岳飛伝 四 日暈の章』 総力戦、岳飛vs兀朮 そしてその先に見える国の姿 | トップページ | 斉藤洋『くのいち小桜忍法帖 4 春待つ夜の雪舞台』 理不尽との対峙 自分の世界との対峙の先に »

2017.05.12

さとみ桜『明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業』 人を救い、幸せを招く優しい怪異の物語

 第23回電撃小説大賞の銀賞受賞作である本作は、タイトルどおり明治時代を舞台に、妖怪変化を使ってもめ事を解決する新聞記者と舞台役者に出会った少女が、彼らとともに事件解決に奔走する、ちょっとユニークな物語であります。

 ある日、日陽新聞社に乗り込んできた少女・井上香澄。新聞に載った迷信じみた記事が元で、親友が奉公先を追い出されたことに苦情を言いにやってきた香澄は、記事を書いた記者・内藤久馬から、その記事が彼女の親友を守るためのものであったと聞かされます。
 実は久馬は、自称役者崩れの芝浦艶煙と組んで、妖怪騒動をでっち上げ、その陰で人助けをするのを裏稼業にしている男。今回の記事も、極めて女癖の悪い奉公先の主から守るために、主の方から香澄の親友を店から出すようにし向けたものだと言うのです。

 そんな久馬の態度が気にくわない香澄は、彼を見返すために、半ば強引に裏稼業の仲間に加わるのですが――


 お転婆だけども気持ちの真っ直ぐな少女が、ちょっと斜に構えたツンデレ気味の青年とともに様々な騒動に巻き込まれ、そのうちに……というのは、古今東西を問わないパターンの一つと言えるかもしれません。
 その意味では本作はまさにそのパターンを踏まえた作品であります。

 さらに言えば、本作の(実際には存在しない)妖怪変化の存在を隠れ蓑にしてもめ事を収めるという趣向には、非常に有名な先行作品が存在します。
 その辺りと比較すると、本作で描かれる仕掛けは、いささかストレートに感じられるのが正直なところですが……しかし、物語が進むにつれて、本作の独自性が描き出されることになります。


 本作での久馬と艶煙、そして香澄の裏稼業は、悩み苦しむ人を救うためのもの。そしてそこには多くの場合、その人を悩ませ苦しめる相手が存在します。
 そんな時、裏稼業は半ば当然のようにそんな「悪人」を退治することになりますが……しかし彼らの目的は、本質的には人助け。その主眼は、悪人の断罪ではなく、むしろ善人の救済にこそあります。

 そんな彼らの裏稼業の目的は、時に金のためではない場合すらあります。
 一歩間違えれば極めて現実味の薄い話になりかねないこの趣向は、しかし物語の終盤で久馬が裏稼業を行う理由が明かされることにより、本作の独自性を浮かび上がらせることになるのです。
(ちなみに艶煙は艶煙で、立派な、そして個人的に大いに納得できる理由があるのがイイ)

 そう、実は最終話で描かれるのは、久馬自身の事件、そして彼の過去と現在を巡る物語であります。
 その詳細を語ることはさすがに避けますが、ここで描かれるのは、一つの悲劇を怪異を絡めることによって昇華し、誰を傷つけることなく、関わった者たちを救うという本作ならではの構図であります。

 そしてそこに、物語の冒頭から久馬たちに翻弄され、それでも自分の求める道を探して真っ直ぐに走ってきた香澄が絡み、そしてそこで彼女の成長が、裏稼業に加わった意味が示されるという展開は――定番ではありますが――なかなかに感動的なのです。
(ちなみにここで、彼女について引っかかっていた点がきっちりと解消されるのも納得)


 確かに彼らのやっていることは綺麗事かもしれません。それでも、妖怪変化の存在を、怪異の存在を以て誰もが……それを仕掛ける者も含めて幸せになれるのであれば、それは素晴らしいことと言えるでしょう。
 怖さではなく優しさを感じさせる怪異の物語……普段であればちょっと顰めっ面になってしまいそうな趣向を素直に楽しませてくれる、そんな物語であります。


『明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業』(さとみ桜 メディアワークス文庫) Amazon
明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業<明治あやかし新聞> (メディアワークス文庫)

|

« 北方謙三『岳飛伝 四 日暈の章』 総力戦、岳飛vs兀朮 そしてその先に見える国の姿 | トップページ | 斉藤洋『くのいち小桜忍法帖 4 春待つ夜の雪舞台』 理不尽との対峙 自分の世界との対峙の先に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/65254555

この記事へのトラックバック一覧です: さとみ桜『明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業』 人を救い、幸せを招く優しい怪異の物語:

« 北方謙三『岳飛伝 四 日暈の章』 総力戦、岳飛vs兀朮 そしてその先に見える国の姿 | トップページ | 斉藤洋『くのいち小桜忍法帖 4 春待つ夜の雪舞台』 理不尽との対峙 自分の世界との対峙の先に »