« 北方謙三『岳飛伝 六 転遠の章』 岳飛死す、そして本当の物語の始まり | トップページ | 上田秀人『茜の茶碗 裏用心棒譚』 盗を以って盗に易う大勝負 »

2017.06.16

『風雲ライオン丸』 第17話「西から来た男」

 西の国から逃れてきた男と遭遇した獅子丸と志乃一行。しかし男は志乃を見るや悪魔と罵り、追ってきたヤリコウモリの槍に斃れる。男の言葉に行方不明の父の手がかりを感じた志乃は、獅子丸そして途中で出会った忍者・七色虹之助とともに西に向かう。地下要塞に潜入した獅子丸と志乃を待つものは……

 冒頭、アグダーの前に配下を率いて現れる怪人ヤリコウモリ。西のマントルゴッドの国から逃げた男を追ってきたというヤリコウモリは、東国攻めの指揮官であるアグダーに対して慇懃無礼な態度で、立場的には対等なものを感じさせます。
 さて、獅子丸一行がそのヤリコウモリに追われる男と偶然遭遇して――というお約束の展開かと思いきや、その男は志乃を見るや激しく怯え取り乱し、彼女を悪魔と罵るではありませんか。混乱する一行の前で、男に追いついたヤリコウモリが襲いかかり、男は深手を負ってしまいます。

 そこで志乃たちに男を任せ、一人残った獅子丸はロケット変身! 「なんだか知らんが目まぐるしい奴」と怪人のヒーロー評とは思えぬ言葉を吐くヤリコウモリと一騎打ちに臨んだ獅子丸ですが、次の場面では肩に深手を負って呻吟。ヤリコウモリにも手傷を与えたものの、フラフラと志乃たちのもとに戻り、男と枕を並べることになります。
 結局男は傷がもとで亡くなりますが、その直前に言い残したのは、暗黒に閉ざされた西の国の存在と、そこに志乃と瓜二つの女性がいるということ。もしや行方不明の父と関係があるのでは――と飛躍しているようないないようなことを考えた志乃は、獅子丸とともに西の国へ向かうことを決意します。

 さて、西の国に渡る舟に乗ろうとしたところで現れたのは、どこの人間かわからないごちゃ混ぜの方言を喋る妙な男・七色虹之助。甲賀の忍びということですが(前回登場した甲賀忍びたちとは関係あるのかしら)、西から逃げてきた男を救おうとしていたという彼も、獅子丸たちに同行することになります。
 三吉と同じくカタツムリが苦手だったり、どこか頼りなげな虹之助ですが、見張りの地虫を煙に巻く技など、その実力は本物。彼に三吉を任せ、獅子丸は志乃と二人、地虫に化けてマントル地下要塞に潜入することになります。

 その頃地下要塞では、(結果的には成功しましたが)男を殺し損ねたり、ライオン丸を倒さなかったりでヤリコウモリがマントルゴッド様にお叱りを受けていましたが、それを取りなしたのは一人の娘・志津。そしてその顔は確かに志乃と瓜二つ――と一瞬では気付きにくいのは、志乃の前から見るとショートっぽい時代劇離れした髪型に対し、志津の方はお姫様カットと、髪型から受けるイメージが大きく異なるためでしょうか。
 それはさておき、その間に地下要塞に入り込んだ獅子丸と志乃ですが、並みの地虫は誤魔化せても、ヤリコウモリの目はさすがに誤魔化せません。志乃を逃してライオン丸に変身した獅子丸は、暗闇で地虫相手に大立ち回り。さらにヤリコウモリと再び一騎打ちを挑みます。

 天井が高いのか、空を飛んで襲いかかるヤリコウモリに苦戦するライオン丸は、こちらも飛行だ! と「ライオン飛行斬り」を披露。……この技は快傑の方の技では、と思う間もなく見事に相手の首を切り落とし、しぶとく宙を舞う首も何とか叩き落として勝利を収めた獅子丸ですが、またも傷を追ってしまうのでした。
 一方、逃げ惑う志乃が紛れ込んだのは、地下要塞には似合わぬ部屋。そこにいたのはあの志津であります。そして待ちくたびれて動き出した三吉と虹之助も地虫に見つかり、追いかけられる二人の顔で次回に続きます。


 本作初の(唯一の)前後編となった今回描かれるのは、これまで謎に包まれていたマントル地下帝国の姿の一端。作中の描写からすると西日本は既にマントルに完全に制圧されたようですが(この辺り、史実に照らすと一種の暗喩なのかもしれない――と考えるとなかなか楽しい)、地底の巨大な顔という特撮史上に残る存在であるマントルゴッドにふさわしい、暗黒の地下世界という舞台はやはりインパクトがあります。
 キャラクターの方も、タイトルの西から来た男はあっさり死んだものの、志津、そして七色虹之助と面白い面々が登場して、この大事な時にいない錠之助(本当に何をやっているのか……)のこともすっかり忘れるほどであります。


今回のマントル怪人
ヤリコウモリ

 マントルゴッドの国から逃れた男を追ってきた怪人。穂先が自在に空を飛ぶ槍を操り、巨大な羽根で空から襲いかかる。アグダーとは対等に近い立場にいる模様。ライオン丸との最初の対決で深手を負わせるが、地底での二度目の対決で首を断たれ、首だけで飛び回るも叩き落されて爆死した。


『風雲ライオン丸 弾丸之函』(ショウゲート DVDソフト) Amazon
PREMIUM COLLECTOR’S EDITION 風雲ライオン丸 弾丸之函 [DVD]


関連記事
 『風雲ライオン丸』 放映リストと登場人物

|

« 北方謙三『岳飛伝 六 転遠の章』 岳飛死す、そして本当の物語の始まり | トップページ | 上田秀人『茜の茶碗 裏用心棒譚』 盗を以って盗に易う大勝負 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/65412440

この記事へのトラックバック一覧です: 『風雲ライオン丸』 第17話「西から来た男」:

« 北方謙三『岳飛伝 六 転遠の章』 岳飛死す、そして本当の物語の始まり | トップページ | 上田秀人『茜の茶碗 裏用心棒譚』 盗を以って盗に易う大勝負 »