« 鳴神響一『天の女王』(その二) サムライたちの戦う理由! | トップページ | 入門者向け時代伝奇小説百選 古代-平安(その一) »

2017.06.06

武内涼『暗殺者、野風』 力持てる弱者と強者の交錯に浮かぶもの

 「この時代小説がすごい!」で第1位を獲得した『妖草師』をはじめ、独自の視点から活劇要素の強い時代小説中心に発表してきた作者の最新作は、凄まじいまでのスピード感の大活劇。美少女暗殺者が上杉謙信暗殺のために川中島で繰り広げる死闘を通じ、戦いの意味を問いかける物語であります。

 1561年、武田信玄と上杉謙信、両雄が一触即発の状況となっていた頃――はるか昔より、武士たちの依頼で暗殺を行うのと引き替えに中立を守ってきた「杖立ての森、隠り水の里」に現れた武田の軍師・山本勘助。
 謙信暗殺を望む彼の依頼に答えて里が送り出したのはまだ十代の美少女・野風――彼女こそは、目にも止まらぬ速度で長巻を振るう、里で一二を争う刺客であったのです。

 弟分の蟹丸、薬師の甚内とチームを組み、謙信への接近を狙う野風。しかし武田方の不穏の動きを察知した上杉方は、刺客狩りでその名を知られた用心棒集団・多聞衆に警護を依頼するのでした。
 多聞衆の警護をかいくぐり、謙信に迫る野風。しかしある理由で集中力を乱した彼女は謙信襲撃を失敗、多聞衆と上杉の忍び・軒猿の追撃を受けることになります。

 そしてそれと同時期に、隠れ水の里でも大きな異変が発生。多くのものを失った野風は、復讐のため、自分が自分であるために謙信たちを討つべく、今まさに両軍の激突が始まった川中島に単身突入するのですが……


 洋の東西を問わず、様々な作品に登場する戦闘美少女――というより少女暗殺者。これは、ビジュアル的に映えるから――という理由はさておき、本来であれば殺人という世界とは最も遠いものと思われる少女を暗殺者とすることで、そこから生まれる意外性とドラマ性が好まれたということでしょう。

 その意味では本作のタイトルロールである野風は、まさしくその狙いどおりのキャラクターと言うべきかもしれません。
 武士たちの争いをきっかけに家族と故郷を奪われ、ただ一つ残された己の才でもって、武士を討つ刺客と化した彼女は、戦国という時代の生んだ混沌と矛盾を体現したような存在なのですから。

 そしてそんな彼女は、同時に、これまで作者の作品の多くに登場してきた「力持てる弱者」とでも言うべき者の一人でもあります。
 個人では群を抜いた力を持ちつつも、その時代の、その社会の支配層に虐げられる集団に属する人々――作者の得意とする忍者ものの忍者はもちろんのこと、権力者の手から自由であるために暗殺を生業とする野風たちは、そんな強くとも弱い存在なのです。

 しかし本作はそんな彼女たちと対峙する「強者」――すなわち武士を、単純に悪とすることも、略奪者とすることもありません(もちろん、そうした者も存在はするのですが)。
 本作に登場する武士たちの多くは、周囲に犠牲を生みつつも、自分たちの身をすり減らしつつも、やむにやまれぬ理由を――理想を、過去を、情念を背負って戦う者として描かれるのです。

 その代表となるのが、野風のターゲットたる謙信と、彼を守る多聞衆、その中でも頭領の静馬と、メンバーの中では若手の鬼小島弥太郎(!)であります。
 戦いと殺戮に明け暮れた父を忌避しつつも、戦いを終えるために戦いを続ける謙信。刺客に妻子を討たれて以来、刺客狩りにその生を費やす静馬。そして彼らを理想の武士と仰ぎ見つつも、野放図な明るさと優しさを持った弥太郎――彼らの存在は、本作が暗殺者と武士との、弱者と強者との戦いに留まるものではないことを示しているのです。

 だとすれば、本作で描かれるものとは何なのか――それは一つには、たとえ戦いを忌避し、嫌悪しつつも、それぞれに生きる理由を持ち、それ故にぶつかり合わざるを得ない人間存在の悲哀と、彼らにそれを強いる時代の残酷ではないでしょうか。
 彼女の標的となる存在、彼女を阻む存在が人間的であればあるほど、そして彼女が人間離れした活躍を見せるほど――そこには逆説的に彼女の、そして戦いの場に集う人々の人間性が浮き彫りとなるのです。


 しかし、本作はそれと同時に、一つの希望をも描き出します。たとえ人間がぶつかり合い、傷つけあう存在であったとしても――それでも、それでも人と人は時に分かり合い、支え合うことができるかもしれないという。
 本作はそれを描き出すからこそ、人間性と時代性が生む悲しみと無数の死を描きつつも、決して苦さ重さだけでなく、爽やかですらある後味を残してくれるのです。

 それは、これまで作者が描いてきたものの、その先を描いたものなのではないか――デビュー以来作者の作品を追い続けてきた者として、そう感じるのです。


『暗殺者、野風』(武内涼 KADOKAWA) Amazon
暗殺者、野風

|

« 鳴神響一『天の女王』(その二) サムライたちの戦う理由! | トップページ | 入門者向け時代伝奇小説百選 古代-平安(その一) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/65375485

この記事へのトラックバック一覧です: 武内涼『暗殺者、野風』 力持てる弱者と強者の交錯に浮かぶもの:

« 鳴神響一『天の女王』(その二) サムライたちの戦う理由! | トップページ | 入門者向け時代伝奇小説百選 古代-平安(その一) »