« にわのまこと『変身忍者嵐Χ』第1巻 新たなる嵐、見たかった嵐、見参! | トップページ | 『風雲ライオン丸』 第20話「敗れたり! ライオン丸」 »

2017.08.03

皆川亮二『海王ダンテ』第3巻 植民地の過酷な現実と、人々の融和の姿と

 超古代文明の力を秘めた本と魔導器を持つ若き英国海軍人、ダンテ・ホレイショ・ネルソンの冒険を描く本作、新たなるエピソードは英国の植民地たるアメリカを舞台とした冒険であります。英国陸軍と前首相の息子を護衛しての任務は次々と意外な方向に転がり、その中で彼が見たものとは……

 この世界を構成する分子を自らの意思で組替え、自分の体の一部を触媒に物理的な力に変える力を持つ古代の書『要素』と魔導器を持つ少年ダンテ。海軍に入隊した彼はインドで大冒険を繰り広げ、その功績もあって晴れて士官候補生に仲間入りであります。

 そんな彼らの次なる任務は、ボストン茶会事件の余波で揺れる新大陸アメリカに向かう英国陸軍の船団を、そして現地の視察を行う英国前首相ウィリアム・ピット――の同名の次男を護衛すること。
 わがままで世間知らずのウィリアム少年に手を焼きつつ、新たにジャックとトビーの二人の黒人水夫を仲間に迎えたダンテたちの船は、快調に新大陸に向かうのですが……

 しかしアメリカが目前となった頃、気さくだったジャックが豹変、ダンテの本を狙う死人海賊、海の最強の殺し屋オルカとしての正体を露わにします。
 そしてウィリアムを人質に船を占拠した彼が向かう先は、逃亡した黒人奴隷たちが作り上げた海岸の集落。しかしそこをフランス軍に扇動された先住民が襲撃し、さらにダンテたちを巻き込んでの大混戦の中、ウィリアムとトビーが行方不明となって……


 今回のゲストキャラ、そして物語の中心人物の一人であるウィリアム少年は、絵に描いたような高慢ちきで我が儘の、皆川作品ではお馴染みの造形のキャラクター。
 なるほど、今回は彼が冒険の中で、ダンテたちと触れ合ううちに成長していく物語なのだな――と思いきや、それは当たってはいたものの、こちらの想像を超える形で描かれることになります。

 何しろアメリカ到着早々に始まるのが、黒人奴隷と先住民の戦い。さらにそこに英国軍まで加わって……という展開には、思わず天を仰ぎたくなりました。そこまで容赦ない展開を描くのか、と。

 そう、冒頭で触れたとおり、この時代のアメリカは英国の植民地。そしてそれは先住民の住む地を追い、そして黒人奴隷を牛馬の如く使って得られたものであります。
 ダンテも知らなかったその現実(「現在」のことは『要素』も知らず、ダンテが自分で学ぶしかないという設定がまた見事)を、しかしお説教ぽくならずに如何に描くか? その難題に対し、本作はダンテの、オルカの、そしてウィリアムズの姿を通じて、過酷な現実を生々しく描き出すのです。(後半に描かれる奴隷の闇市に関するエピソードはただ絶句……)

 しかし本作はそれだけでは終わりません。これまで人間という存在が根源的に持つ邪悪さを描きつつも、それに対峙する人間一人ひとりが持つ善き心を描いてきた皆川作品――その構図は、本作においても健在なのです。

 刻一刻と状況が変わっていく中、立ち位置を変えていくキャラクターたち。その一人ひとりが対立を超え、少しずつ歩み寄っていく姿を、本作は丹念に、自然に、それでいてエモーショナルに描き出します。
 特にクライマックスのナポリオとの対決は、ダンテの能力ゆえのピンチの打開に、人々の融和の姿を重ねて見せるという展開に、ただ唸らされるばかりなのです。

 もっともここで、ナポリオが「便利な敵」という一種の装置になってしまった印象は否めませんが、この点は、この時代とそこに生きる人々を描く狂言回しとして、ナポリオが(そしてダンテも)機能していると見るべきかもしれません。
 このあたりの展開は、あるいは本作の今後の方向性を示しているのかもしれない……というのは穿った見方かもしれませんが。


 何はともあれ――この巻を読み終えた後、その後の史実を紐解いてみれば、そこに我々はある事実を見出すことになります。

 ネルソン率いる英国艦隊がナポレオンの海軍に決戦を挑んだトラファルガー海戦時の英国首相の名が、ウィリアム・ピット――俗に言う小ピットであったことを。
 そして彼が、その生涯を通じて、奴隷貿易廃止のために尽力したことを。

 その背後に、彼の少年時代の経験があったとしたら――それはセンチメンタルではありますが、幸福な妄想でしょう。


『海王ダンテ』第3巻(皆川亮二&泉福朗 小学館ゲッサン少年サンデーコミックス) Amazon
海王ダンテ 3 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)


関連記事
 皆川亮二『海王ダンテ』第1巻 二人の少年が織りなす海洋伝奇活劇
 皆川亮二『海王ダンテ』第2巻 いよいよ始まる異境の大冒険

|

« にわのまこと『変身忍者嵐Χ』第1巻 新たなる嵐、見たかった嵐、見参! | トップページ | 『風雲ライオン丸』 第20話「敗れたり! ライオン丸」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/65609105

この記事へのトラックバック一覧です: 皆川亮二『海王ダンテ』第3巻 植民地の過酷な現実と、人々の融和の姿と:

« にわのまこと『変身忍者嵐Χ』第1巻 新たなる嵐、見たかった嵐、見参! | トップページ | 『風雲ライオン丸』 第20話「敗れたり! ライオン丸」 »