« 紗久楽さわ『あだうち 江戸猫文庫』 ブレイクした作者の原点たる作品集 | トップページ | 杉山小弥花『明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者』第10巻 知りたい、と想う気持ちが暴く秘密 »

2017.08.22

唐々煙『煉獄に笑う』第7巻 開戦、第二次伊賀の乱!

 ついに正伝『曇天に笑う』の巻数を超え、なおも続く本作。義兄弟の契りを交わして立った佐吉と曇の双子が巻き込まれるのは、彼らにとっては共に強敵である信長と伊賀の戦いであります。しかしその戦いを目前に、伊賀の百地丹波が語る驚くべき真実を耳にした芭恋は……

 大蛇の器も九人に絞られた中、その一人として追い詰められた佐吉の前に生還した曇芭恋と阿国。安倍の邪術と百地八咫烏を打ち破った三人は義兄弟の契りを交わし、ここに「石田三成」が誕生することになります。
 しかしその間も大蛇を狙う織田信長、そして百地丹波の暗躍は続き、ついに正面からの激突は目前の状態に。そんな中、曇神社に現れた丹波は、芭恋に対して語りかけます。「我が息子よ」と。

 いきなりの爆弾発言に当然ながら荒れ狂う芭恋ですが、しかし丹波は真剣。どうやら嘘ではないと知った芭恋は、(当然ながらもう一人の子である)阿国に事情を告げず、ただ誘いに乗って伊賀に潜入すると言い残して佐吉と阿国から離れます。
 一方、佐吉は信長からの召喚を受け、伊賀攻めの間、信長の小姓として仕えることに。そして残された阿国も、織田軍に潜入して、戦の混乱の中、隙をうかがうことに……


 というわけでこの巻ではついに第二次伊賀の乱が勃発。言うまでもなく、信長によって伊賀が殲滅されたことで知られる戦ですが、本作においては、大蛇を狙う二大勢力の正面からの激突として、また違う意味を持つことになります。

 しかしその前に衝撃の事実が明かされたことで、さらにややこしくなる状況。この巻ではその状況――芭恋の伊賀(百地)入りを中心に、物語が展開していくことになります。

 何しろ芭恋たちと百地一党といえば、つい前の巻まで本気で殺し合っていた相手同士。
 特に八咫烏の一人・秋水は芭恋によって倒され、また深手を負わされた者もいる中、いかに絶対的な力を持つ丹波の子とて、そう易々と受け容れられるはずもありません。

 それに加え、丹波が織田迎撃戦の指揮官として芭恋を指名、八咫烏を預けたことで(そしてその任にあらずば殺しても可、などと言い出したことで)、なおさら大変な状況に。
 さしもの人を食った芭恋も苦闘を強いられるのですが――しかし実際に戦が始まってみれば!


 正直なところ、物語展開は今回もあまり早くないのですが、しかしおそらくはこの戦いは中盤(?)のクライマックス。信長と丹波の戦いに加え、芭恋の去就という新たな要素が加わったことで、この先が一層見えなくなったのは歓迎すべきでしょう。

 一方の阿国の方も、それほど出番は多くはないものの、亡き母に絡んで髑髏鬼灯こと牡丹に対して感情を露わにしたり、佐吉への慕情を垣間見せたり(!)、潜入の際にはショートカット姿を披露したりと、これまで以上に表情豊かなキャラクターとなっているのも嬉しいところであります。


 しかしこの巻のラストページで描かれたのは、どう考えても明るい未来とはほど遠いものを感じさせるもの。サイコパス野郎・安倍晴鳴の暗躍も続き、さらなる悲劇を予感させます。
 そんな状況において、信長の側にあって動けぬ状況の佐吉に何ができるのか――まだまだ先の見えぬ物語、今から早く次の巻を、と言いたくなってしまうのであります。


 しかしカバー裏といい折り込みといい、オマケ四コマの内容が本当にヒドい(褒め言葉)


b>『煉獄に笑う』第5巻(唐々煙 マッグガーデンビーツコミックス) Amazon
煉獄に笑う7 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)


関連記事
 「煉獄に笑う」第1巻 三百年前の戦いに集う者たち
 『煉獄に笑う』第2巻 へいくわいもの、主人公として突っ走る
 唐々煙『煉獄に笑う』第3巻 二人の真意、二人の笑う理由
 唐々煙『煉獄に笑う』第4巻 天正婆娑羅活劇、第二幕突入!
 唐々煙『煉獄に笑う』第5巻 絶望の淵で現れた者
 唐々煙『煉獄に笑う』第6巻 誕生、曇三兄弟!?

|

« 紗久楽さわ『あだうち 江戸猫文庫』 ブレイクした作者の原点たる作品集 | トップページ | 杉山小弥花『明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者』第10巻 知りたい、と想う気持ちが暴く秘密 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/65689177

この記事へのトラックバック一覧です: 唐々煙『煉獄に笑う』第7巻 開戦、第二次伊賀の乱!:

« 紗久楽さわ『あだうち 江戸猫文庫』 ブレイクした作者の原点たる作品集 | トップページ | 杉山小弥花『明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者』第10巻 知りたい、と想う気持ちが暴く秘密 »