« 入門者向け時代伝奇小説百選 鎌倉-室町 | トップページ | 8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

2017.08.11

武村勇治『天威無法 武蔵坊弁慶』第9巻 一気呵成の激闘の末に選ばれた道

 六韜により超絶の力を得た者たちによる源平合戦の物語もついにこの巻にて完結。藤原秀衡vs平清盛、そして源義仲vs平教経の決戦を皮切りに、次々と激突する英傑たちの戦いの行方は、そしてその中で弁慶の、義経の、遮那の戦いの意味は……

 日本に混乱をもたらすため、宋国皇帝の命を受けた鬼一法眼により持ち込まれた六韜。それを手にした清盛、秀衡、義仲、教経、後白河法皇、源頼朝は、頼朝を除いてその力に心を蝕まれ、我こそが天下を取らんと激しく相争うこととなります。
 一方、六韜の力を激しく求める義経、そして唯一六韜に抗する力を持つ傀韜の力を持つ弁慶もまた、それぞれの思惑を秘めて六韜の戦いに割って入らんといたします。

 そして積年の因縁がついに爆発した清盛と秀衡の決戦に参戦する二人ですが――その中でついに義経は怨敵・清盛を討って六韜を手にする一方で、弁慶は傀韜の力を暴走させて完全に鬼と化すことに。
 遮那の存在により辛うじて弁慶は力を抑えたものの、その間に六韜の力を得た義経は次々と六韜の持ち主を襲い、兄・頼朝までも手に掛けるのでした。

 かくて、六韜を三本ずつ手にした教経と「頼朝」の間で繰り広げられる源平の合戦。「頼朝」に力を貸すこととなった「義経」と弁慶もまた、その戦いに加わるのですが……


 さて、この巻を手にする前に、どうにも気になってならないことが二つありました。その一つは「あと1冊で全ての物語に――六韜を巡る物語と、弁慶と義経の物語に――決着をつけることができるのか?」ということ。
 そしてもう一つは「決着がつくとして、それは史実の枠内で終わるのか(完全にパラレルな歴史となってしまうのではないか)?」ということであります。

 何しろこの巻の冒頭の時点で六韜の持ち主はほぼ健在、そして史実に照らせば、まだ義仲が挙兵したばかりと、源平の合戦は始まったばかり。その一方で清盛と秀衡が史実にない正面衝突を繰り広げた末に、清盛が義経に討たれるのですから……

 しかしそれは杞憂でありました。実に本作は、この1巻を以てきっちりと完結し、そしてそれは史実の枠の中にほぼ収まっているのですから。(上で述べた秀衡や清盛については、まあ「経過」としてフォロー可能と言うことで……)

 そしてそれだけではありません。本作は壇ノ浦のその先、すなわち、義経と弁慶の物語の「結末」まで描いてみせるのです。
 本作ならではの設定――ふたり義経とも言うべき、義経と遮那の存在にもきっちりと意味を与えてみせた上で。

 もちろん、さすがに物語展開が駆け足となっていることは否めません。ここで描かれる数々の戦い、そして何よりも個々のキャラクターの描写については、もう少し余裕があれば……と思わないでもありません(特に久々に、それも思わぬ「正体」を与えられた上で登場したあのキャラなど勿体ない)。

 しかし、六韜による超常の力のぶつかり合いは、これくらのスピード感が相応しい、とも感じます。その時代もの・歴史もの離れしたパワーの前には、小さな描写の積み重ねはむしろ足かせになりかねない――ただ一気呵成に突き進むことが正解ではないか、と。
 そしてそれはもちろん、これまでの物語の積み重ねがあってこそ描けるものであることも間違いないのですが……

 その一方で本作は、描くべきものは――本作の常に中心にあった弁慶、義経、遮那の物語は――決して省くことなく、きっちりと描き切ってみせたと言うことができます。
 平家打倒という目的は共通しながらも、その背負ったもの、目指すところは大きく異なる三人。そんな彼らが、戦いの先に何を見出すのか、見出すべきなのか――その答えは、間違いなく描かれるべきものでしょう。

 そして本作はそこにはっきりと答えを出しました。地獄のような生の中で、修羅のような戦いの中で、なおも選ぶべき道、人の道を……


 さらにまた、最後の最後で「あっ、そういえば義経は……」と思わせるような展開を用意しているのも実に心憎く、そのダイナミックな結末は、本作に真に相応しいものであったと感じます。

 「天威無法」の名に相応しい、希有壮大にして豪快無比の物語を、最後の最後まで楽しませていただきました。満足、の一言です。


『天威無法 武蔵坊弁慶』第9巻(武村勇治&義凡 小学館クリエイティブヒーローズコミックス) Amazon
天威無法-武蔵坊弁慶(9) 完 (ヒーローズコミックス)


関連記事
 「天威無法 武蔵坊弁慶」第1巻 鬼若、戦乱の巷へ
 「天威無法 武蔵坊弁慶」第2巻 奇怪な清盛に奇怪な鬼若が求めたもの
 『天威無法 武蔵坊弁慶』第3巻 大転換、争奪戦勃発!?
 『天威無法 武蔵坊弁慶』第4巻 二人の過去と求める力、そして真の旅の始まり
 武村勇治『天威無法 武蔵坊弁慶』第5巻 激突! 突き抜けた力を持てる者
 武村勇治『天威無法 武蔵坊弁慶』第6巻 新たなる六韜、そして頼朝が示す弁慶の道
 武村勇治『天威無法 武蔵坊弁慶』第7巻 破天荒なる青春と等身大の人間と
 武村勇治『天威無法 武蔵坊弁慶』第8巻 前代未聞!? 秀衡vs清盛開戦

|

« 入門者向け時代伝奇小説百選 鎌倉-室町 | トップページ | 8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/65640764

この記事へのトラックバック一覧です: 武村勇治『天威無法 武蔵坊弁慶』第9巻 一気呵成の激闘の末に選ばれた道:

« 入門者向け時代伝奇小説百選 鎌倉-室町 | トップページ | 8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »