« 鳥飼否宇『紅城奇譚』 呪われた城に浮かびあがる時代の縮図 | トップページ | 玉井雪雄『本阿弥ストラット』第2巻 落ちこぼれチームのレース始まる!? »

2017.10.11

ほおのきソラ『戦国ヴァンプ』第5巻  急転直下、物語の行方は……

 現代からタイムスリップした女子高生・ひさきが出会った織田信長は吸血鬼だった――という奇想天外歴史漫画もいよいよクライマックス。入れ替わり、一人二役と史実との対応も混沌としてきた中、信長たちの運命を操るある悪意の存在とは……

 幼馴染みのはじめとともに戦国時代にタイムスリップし、吸血鬼の王たる三好長慶に庇護されたことから、思わぬ運命に投げ込まれることになったひさき。
 成り行きから長慶の股肱であった松永久秀と名乗ることとなった彼女は、彼女にぞっこんの信長とともに戦乱を収めようとするのですが、その最中、密かに惹かれ合っていた松永長頼は戦火に消えることに……

 という展開の本作、ここでネタバレまじりにこの巻冒頭の人物関係を整理すれば――
・ひさき→松永久秀
・織田信長(吸血鬼)
・豊臣秀吉(人狼)
・はじめ→徳川家康(本物は死亡)
・三好長慶→果心居士(死を装って改名)
・松永久秀(吸血鬼ハンター)
・松永長頼→明智光秀(死を装って改名)
と、何とも大変な状況であります。

 果心と真・久秀を除けば全ての矢印がひさきに向いているこの状況、ひさきの動向で天下の行方が決まる! と言いたいところですが、しかし意外な人物が、登場人物ほとんど全ての運命を左右していくことになります。
 その名は三好義継――吸血鬼と人間の間の子であり、真・久秀に一族を全て殺された三好一族の一人。彼は、復讐のため吸血鬼に関わる者たち――特に信長を苦しめるために、密かに暗躍を始めることになるのです。


 ここから物語は急展開、またたく間に信長の将軍義昭擁立から信長包囲網、浅井家滅亡から比叡山焼き討ち、そして本能寺へ――と歴史は突き進んでいくことになります。
 そもそも本作のスタートは1559年の信長上洛、この巻の冒頭で光秀(実は長頼)が信長に仕官して本能寺とくれば、1567年頃から1582年まで約15年間を一気に辿ったことなりますが――まあこの辺りは、異分子の闖入によって歴史の流れが加速したと思いましょう。
(吸血鬼だから年取らない、ということもあるかもしれませんが……)

 その辺りは目を瞑るとして、個人的に大いに引っかかってしまったのは、上で述べたように、この歴史の流れの大半が、ほとんどただ一人の登場人物――三好義継の手によって操られたという点であります。
 いや、違和感を感じたのは義継だから、というわけではなく、たった一人の思惑によって登場人物たちが右往左往し、歴史が動かされていったため。それが(厳しい言い方をすれば)物語の都合によるものを濃厚に感じさせるとすれば、なおさらであります。

 さらに言ってしまえばこの歴史の中で、主人公たるひさきの存在が、争いの火種役以上のものになっていないのが口惜しい。
 もちろん、これまでの物語で彼女は彼女なりの決意を固めてはいるのですが、しかしこの急展開の中ではその結果が見えない――また厳しいことを言えば、何も成長していないのが残念なのです(というか終盤の出番は……)。


 本能寺とくればわかるように、本作はこの第5巻にて完結。しかし上で触れたように、物語の流れはかなり性急であります。
 この辺りの事情はわかりませんが、これだけ急がなければ、あるいはこの辺りの印象は大きく変わったかもしれません。
 何はともあれ、前の巻まではその歴史アレンジぶりがなかなか楽しかっただけに(服部半蔵や濃姫など、味のあるキャラもいただけに)、この最終巻の展開は、何とも勿体なく感じられた次第です。

『戦国ヴァンプ』第5巻(ほおのきソラ 講談社KCx(ARIA)) Amazon
戦国ヴァンプ(5) (KCx)


関連記事
 ほおのきソラ『戦国ヴァンプ』第1巻 時と世界を異にするパラノーマルロマンス
 ほおのきソラ『戦国ヴァンプ』第2巻 吸血鬼たちの戦場で
 ほおのきソラ『戦国ヴァンプ』第3巻 吸血鬼を狩る者、その名は……
 ほおのきソラ『戦国ヴァンプ』第4巻 混迷する少女久秀と世界の運命

|

« 鳥飼否宇『紅城奇譚』 呪われた城に浮かびあがる時代の縮図 | トップページ | 玉井雪雄『本阿弥ストラット』第2巻 落ちこぼれチームのレース始まる!? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/65897656

この記事へのトラックバック一覧です: ほおのきソラ『戦国ヴァンプ』第5巻  急転直下、物語の行方は……:

« 鳥飼否宇『紅城奇譚』 呪われた城に浮かびあがる時代の縮図 | トップページ | 玉井雪雄『本阿弥ストラット』第2巻 落ちこぼれチームのレース始まる!? »