« 鳴神響一『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』 本格ミステリにして時代小説、の快作 | トップページ | サックス・ローマー『魔女王の血脈』 美しき魔人に挑む怪奇冒険譚 »

2017.12.12

「このマンガがすごい! 2018」のアンケートに参加しました

 お仕事というようなものではありませんが、告知であります。先日発売された「このマンガがすごい! 2018」の、今年のベストマンガアンケートに回答させていただきました。毎年恒例のアンケートですが、参加させていただいたのは今年が初めてであります。

 今更言うまでもないことはではありますが、「このマンガがすごい!」は、毎年この時期に刊行される、この1年のマンガ作品のランキングを中心にしたムック。
 2005年をスタートに、今年で実に12年、「○○がすごい!」系の確たる一角を占めているものであります(この辺り、ちょっと刺さるものがありますがそれはさておき)。

 オトコ編とオンナ編に分けられたこのランキングは、書店員や雑誌編集部、そして各界のマンガ好きの投票から成り立っていますが、今年はその数を増やして過去最高の700人以上とのこと。おかげさまで私のもとにも声をかけていただけました。
 といっても「伝奇時代劇アジテーター」という肩書きであるからして、それを裏切るような投票はできません。かくて、オトコ編にて時代(伝奇)マンガベスト5(+オンナ編1作品)を挙げさせていただいたのですが……

 その内容についてはぜひ本誌をごらんいただくとして、ベスト20までに2作品しか入らないとは、我ながらさすがに驚きました(というかベスト50まででも変化なし!)。
 この辺り、自分のチョイスの偏りによるところはもちろんなのですが――しかしそれ以上に、日本のマンガというものの多様性、はっきり言ってしまえば作品数の多さによるものではないか、と改めて感心いたしました。

 読んでないマンガがこんなにたくさん――というのは自分の不勉強を晒すようで恥ずかしいのですが、しかしこうしてランキングの形で並んでいると、本当に驚かされます。
 自分が日頃行っているアジテーションは、このマンガの山を前にして少しは役に立っている――とは今回の結果を見ると正直なところ言い難いのですが、その山の大きさは、むしろこちらをワクワクさせてくれるようなものであります。

 正直来年も呼んでいただけるかは自信がありませんが、アンケートに答えようと答えまいと、来年は自分の勧める作品が少しでも高い順位になればいいなあ……と思っているところです。


 燃やすといえば「このキャラクターがすごい!」コーナーオトコ編にはあのアニキが……これはさすが、と言うべきでしょう。


「このマンガがすごい! 2018」(宝島社) Amazon
このマンガがすごい! 2018

|

« 鳴神響一『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』 本格ミステリにして時代小説、の快作 | トップページ | サックス・ローマー『魔女王の血脈』 美しき魔人に挑む怪奇冒険譚 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66148595

この記事へのトラックバック一覧です: 「このマンガがすごい! 2018」のアンケートに参加しました:

« 鳴神響一『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』 本格ミステリにして時代小説、の快作 | トップページ | サックス・ローマー『魔女王の血脈』 美しき魔人に挑む怪奇冒険譚 »