« 中村理恵『天の破片』 半人前陰陽師と還ってきた偉大なるご先祖様!? | トップページ | 3月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

2018.02.10

せがわまさき『十 忍法魔界転生』第12巻 クライマックス目前、決闘鍵屋の辻!

 悲劇の父子対決も終わり、いよいよクライマックス目前のせがわ版『魔界転生』。残る魔界転生衆は荒木又右衛門と宮本武蔵のただ二人、しかし三人娘と弥太郎は敵の手に落ち、追いつめられた十兵衛たちに逆転の目はあるのか?

 乱れに乱れた道中双六の末、お雛が、弥太郎が捕らわれ、さらにお縫とおひろまでも捕らえられてしまった十兵衛一行。その乱れの元凶とも言うべき父・宗矩は倒したものの、(いかにツインテールじじいと化したとはいえ)父を斬った十兵衛の心中が穏やかならざるのは当然の話であります。
 しかし悲しんでいる暇はありません。こともあろうに十兵衛たちの拠り所と言うべき柳生に乗り込んできた紀州大納言頼宣の魔手は、今まさにおひろに迫って……


 というところで、ヒロインの危機で始まったこの巻ですが、思わぬ救い主となったのは、江戸から戻ってきた森宗意軒。
 そもそも頼宣が柳生に乗り込んできたのは、将軍家光不例を知り、すわ自分の立つべき時と江戸に行きがけの駄賃だったわけですが――しかし宗意軒は、この情は叛意を抱く者を炙り出さんとする、誰か「公儀の人物」の罠だと語ります。

 おひろさんの裸身をコマの端々に描きながら進む談判の末、大胆にも江戸から出てきたというその「公儀の人物」が滞在するという伊賀上野に、荒木又右衛門を物見に出した宗意軒。
 さらに彼は、牧野兵庫を頼宣の代役(スケープゴート)として伊賀上野に向かわせるのですが――この辺りで宗意軒が見せる邪悪な表情は、彼の真意が決して頼宣の天下取りなどにないことを窺わせて興味深いところであります。

 何はともあれ、頼宣の身代わりとして伊賀上野に入った兵庫を待っていたのは、先に物見に出た荒木又右衛門と根来衆。伊賀上野といえば荒木又右衛門、さすがにその彼が素面を晒してはまずかろうと覆面姿で物見に出た又右衛門ですが……

 さて、本作の趣向からすれば、ここで何も起きないはずがない。ここで繰り広げられる又右衛門と十兵衛の激突、その始まりは意外にも――とこれは伏せますが、ある意味十兵衛らしからぬやり方は、彼の必死さが表れていると見るべきでしょうか。
 個人的には、又右衛門の愛刀にまつわるあの有名な逸話を巧みに活かしてみせた、如何にも本作らしい、そして皮肉な展開にニヤリとさせられたところであります。


 そして、そんな戦いが繰り広げられているとはつゆ知らずにいる頼宣の前には、「公儀の人物」が登場。そのものすごい腹芸の前に、さしもの頼宣も完全に詰んだかに見えましたが……
 ここで再び怪しく笑う宗意軒。今だ今こそ転生だと囁くメフィストフェレスめいた言葉に乗せられ、頼宣は生贄の座に捧げられたお雛とお縫のもとへ――と、またもや落花狼藉目前の場面でこの巻は終わります。

 そしてついに物語は最終局面、次巻で完結。何やら怪しい動きを見せる最後の魔界転生衆、宮本武蔵の動向や如何に……

|

« 中村理恵『天の破片』 半人前陰陽師と還ってきた偉大なるご先祖様!? | トップページ | 3月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66379283

この記事へのトラックバック一覧です: せがわまさき『十 忍法魔界転生』第12巻 クライマックス目前、決闘鍵屋の辻!:

« 中村理恵『天の破片』 半人前陰陽師と還ってきた偉大なるご先祖様!? | トップページ | 3月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »