« 3月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 『幕末 暗殺!』(その二) 暗殺者たちそれぞれの肖像 »

2018.02.12

『幕末 暗殺!』(その一) 幕末の始まり、暗殺の始まり

 最近、最も活発な動きを見せている歴史・時代小説家グループ「操觚の会」。これまではトークイベントなどで活動してきたそのメンバーが、小説でも一同に会することになりました。それが本書――メンバーのうち7人が、幕末の7つの暗殺事件を題材としたアンソロジーであります。

 様々な戦が歴史を大きく動かした幕末ではありますが、しかしそれ以上に歴史を動かしたのは「暗殺」ではないでしょうか。日本史を眺めてもこれほど暗殺という行為が意味を持った時代はないのではないか――という印象がありますが、本書はその数々の暗殺が、一人一人の作家の手により、これまでにないような作品として描かれるのです。
 以下、一作品ずつご紹介いたしましょう。


『竹とんぼの群青』(谷津矢車)――桜田門外の変
 巻頭に描かれるのは、操觚の会の切り込み隊長というべき作者による、桜田門外の変異聞。幕府の大老が白昼江戸城の目の前で殺害されるという、幕末の始まりを象徴する暗殺事件を、極めてユニークな視点で本作は描くことになります。

 藩主・斉昭以下、尊皇の志篤く、攘夷の実行を望んできた水戸藩。しかしその一方で斉昭はアメリカから持ち込まれたコルトに興味を持ち、複製を命じることになります。
 その責任者となったのは、主人公・黒澤忠三郎の親友である彦右衛門。急進派で剣一筋の忠三郎に対し、蘭学好きで攘夷に懐疑的な彦右衛門は正反対の性格ながら、何故か馬の合う二人だったのであります。

 忠三郎が手に入れてきたコルトを元に彦右衛門が複製に挑むものの、作業は遅々として進まず、その間に斉昭は蟄居に追い込まれ、変質していく藩論。それに焦る関鉄之介に使嗾された忠三郎は、彦右衛門が一丁だけ複製したという拳銃を持ち出すのですが……

 井伊を襲撃した水戸浪士が複製したコルトM1851を持っていたというのは、それ自体伝奇的で伝説めいた逸話ですが、しかしこれは極めて皮肉で矛盾した話と言えます。
 彼ら水戸浪士の主張は尊皇攘夷。しかしその目的のために、彼らが打ち払おうとする異国が生み出した武器を使うのは如何なものか? いやそもそも、(開国を行ったとはいえ)同じ日本人である井伊を討つことが、攘夷に繋がるのか――?

 本作はその奇妙さ・奇怪さを、その矛盾を体現し、そしてそれゆえに苦しむ忠三郎の姿を通じて痛烈に剔抉します。その姿は、痛ましいまでに一途であるが故に現実の壁にぶつかる若者を描くに筆の冴えを見せる作者ならではのものでしょう。
 彦右衛門のコルトで井伊を撃った忠三郎が本当に失ったものはなんであったのか。そして先に述べたとおり、この暗殺が幕末の始まりを告げるものであったとしたら、幕末は、その先の時代は初めから向かう先を――そんなことをも感じさせる、本書の幕開けに相応しい作品であります。


『刺客 伊藤博文』(早見俊)――塙忠宝暗殺
 本書の主人公たちの中では、最も功成り名遂げたと言うべき伊藤博文。しかし元々過激な尊攘派だった博文であるものの、暗殺まで行っていたことはあまり知られていないのではないでしょうか。
 その標的となったのは塙忠宝――塙保己一の子。失礼ながら現在ではほとんど知られていないこの国学者が、なぜ未来の総理大臣に殺されなければならなかったのかを通じ、本作は暗殺の一つの形を描くことになります。

 最下層の士分の出身であり、高杉晋作の尊攘活動の末席に加わっていた伊藤俊輔(博文)。英国公使館焼き討ちに成功し、意気軒昂な中にも将来への不安を抱える彼の前に、塙忠宝を狙う水戸浪士・大原が現れます。
 老中の諮問を受け、孝明帝廃帝の研究をしていると噂される忠宝。かねてから天誅を加えるに不足なしと考えていた俊輔は、大原に同調して忠宝暗殺を決意するのですが……

 何のために暗殺が行われるのか。それはもちろん様々ではありますが、必ずそこには大義名分が存在します。本作で描かれる俊輔のそれは、廃帝を狙う者に天誅を加えるため、なのですが――しかし俊輔自身は南朝北朝の別も明確ではない男であります。
 そんな彼が忠宝を狙うのは、尊王の大義名分だけでなく、己のため、己がのし上がるためのものであったことを――結末に忠宝の研究の真実を突きつけることによりさらに皮肉に――本作は浮き彫りにするのです。

 博文の最期は歴史が示すとおりであります。それを「歴史は繰り返す」と評するのは不適切かもしれませんが、人間の営みの愚かさは繰り返されるものなのでしょう。


 以降、続きます。


『幕末 暗殺!』(谷津矢車・早見俊・新美健・鈴木英治・誉田龍一・秋山香乃・神家正成 中央公論新社) Amazon
幕末 暗殺! (単行本)

|

« 3月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 『幕末 暗殺!』(その二) 暗殺者たちそれぞれの肖像 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66387395

この記事へのトラックバック一覧です: 『幕末 暗殺!』(その一) 幕末の始まり、暗殺の始まり:

« 3月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 『幕末 暗殺!』(その二) 暗殺者たちそれぞれの肖像 »