« 菊地秀行『野獣王の劍 柳生一刀流 』 二つの流派を我が手に! ニューヒーロー見参 | トップページ | 樹なつみ『一の食卓』第6巻 第一部完、二人の未来の行方は »

2018.03.06

秋月カイネ『Fの密命』第1巻 生き残るため、茶を求めた男

 紅茶の一大消費地であるイギリス、生産地であるインド、原産地である中国――本作はこの三国を結ぶのに大きな役割を果たした実在の人物、ロバート・フォーチュンを主人公とする物語。19世紀半ばのアジアで活動した彼の苦闘を描く、一種のスパイ漫画であります。

 植物学者であり、プラントハンターであり、商人でもあったフォーチュン。植民地主義の時代のまっただ中の人物ということもあり、経歴だけ見れば山師的なものを感じなくもない人物ですが――本作はそのフォーチュンの人物像を、一種陰影に富んだものとして描き出します。

 ロンドン園芸協会の温室で働き、植物への知識と愛情では群を抜くものを持っていたフォーチュン。しかし下層階級の出身のため、一杯の茶にも事欠きかねない生活を送っていた彼は、この境遇から抜け出すため、海外に飛び出すことを夢見るようになります。
 そんな中で舞い込んできた千載一遇のチャンス――東インド会社からの中国での植物採集の依頼に飛びついたフォーチュンですが、そこにはとんでもない裏があったのです。

 独占的に紅茶を栽培・製造する中国から大量の紅茶を輸入していたことから、貿易赤字が膨らむ一方のイギリス――この状況を打開するため、東インド会社は彼に、チャノキと製法の奪取を命じたのであります。
 しかし言うまでもなく中国にとってそれは国家機密。さらに時期はアヘン戦争の直後、イギリスに対する中国の国民感情は最悪であります。

 イギリス人が居留地外を出れば命がないという状況下で、クーリーとワンという二人の中国人を雇い、彼らとともにチャノキを求めて内地に向かうフォーチュン。しかし周囲の人々や反抗的なワンとの軋轢に、彼は大いに苦しむことに……


 史実において、イギリスにチャノキをもたらし、紅茶市場にとてつもなく大きな変化をもたらしたフォーチュン。しかしその行為は中国から見れば自国の富の強奪にほかならないと言えるでしょう。
 そんな、ある意味植民地主義の負の側面を代表するかのようなフォーチュンを、本作は、彼もまた一種の犠牲者であり、そこから懸命に抜け出そうと足掻く人物として描きます。

 持つ者と持たざる者――資本家と労働者の間の格差が極めて大きかった当時のイギリス。本作のフォーチュンは、そこで一種の技術者であるとはいえ、労働者として酷使されていた存在として設定されています。
 彼が海外を目指すようになった理由も、同じ境遇にあった友人が、権利獲得を目指すも果たせず、かえって搾取された末に無惨に死んでいく姿を目の当たりにしたため。そこから抜け出すためには、自分自身が力を持つしかない……

 といった彼の背景が免罪符になるということはもちろんないでしょう。
 しかし、この巻のラストで描かれるワン――非常にがめつく、隙さえあらばフォーチュンを出し抜こうとする若者――が背負ったものを明らかにすることで、「彼ら」が真に戦うべきもの、為すべきことは何か、ということを示す構成は悪くないと感じます。


 非常にテンポが良いというか、想像以上にスムーズに中国での冒険に一区切りがついた感もある本作。
 しかし史実は、フォーチュンにさらなる冒険が待ち受けることを示します。それをどのように描くのか――そしてそのまた先のフォーチュンの旅に、本作ならではの如何なる理由付けがなされるのか――期待したいと思います。

|

« 菊地秀行『野獣王の劍 柳生一刀流 』 二つの流派を我が手に! ニューヒーロー見参 | トップページ | 樹なつみ『一の食卓』第6巻 第一部完、二人の未来の行方は »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66460826

この記事へのトラックバック一覧です: 秋月カイネ『Fの密命』第1巻 生き残るため、茶を求めた男:

« 菊地秀行『野獣王の劍 柳生一刀流 』 二つの流派を我が手に! ニューヒーロー見参 | トップページ | 樹なつみ『一の食卓』第6巻 第一部完、二人の未来の行方は »