« 岩井三四二『天魔の所業、もっての外なり 室町もののけ草紙』 歴史を動かすのは人か魔か | トップページ | 久保田香里『駅鈴』 歴史を駆け抜けた少女の青春 »

2018.03.22

『隠密剣士』(漫画版) 夢の取り合わせの漫画版、しかし……

 昭和30年代後半に絶大な人気を博し、忍者ものブームの一端を担うことになったTV時代劇『隠密剣士』の漫画版。『矢車剣之助』をはじめとする時代漫画の名手・堀江卓による、ある意味夢の取り合わせの一作です。

 昭和32年から2年半という長期に渡り放映され、その後も主演や主役を変えて製作された『隠密剣士』。隠密剣士・秋草新太郎こと将軍家斉の異母兄・松平信千代が、得意の柳生新陰流を武器に、公儀隠密として、悪事を企む忍者集団と戦う物語であります。
 本作は昭和33年に「週刊少年マガジン」に連載された作品――TV版の第三部「忍法伊賀十忍」をベースとした内容となっています。

 京に赴く老中・松平定信を暗殺せんとする尾張藩に雇われ、定信の命を狙う百々地源九郎率いる百々地十忍。
 これに対して定信を守るのは隠密剣士・秋草新太郎と、霧の遁兵衛率いる伊賀同心たち。かくて東海道を舞台に、百々地十忍との攻防戦が繰り広げられることに……

 というわけで、定信暗殺を狙う忍者集団との対決というシンプルな筋書きながら、道中もの――すなわち舞台が次々と変わっていくという特徴を生かして、様々なアクションが繰り広げられていく本作。
 宿場町、山の中、海辺といったフィールドで展開されるのは、剣士対忍者、忍者対忍者、剣士対剣士の派手なバトルであります。

 忍者といっても、怪人的ではなく、ある意味常識の範囲内(?)の存在ではありますが、それだけに本作で描かれるのは地に足の着いた攻防戦、知恵比べなのが面白い。
 そしてその面白さを支えるのが、堀江卓の筆力に依るところが大きいことは言うまでもありません。

 柔らかいタッチのコミカルな絵柄から、劇画調の絵まで様々に描いてきた作者ですが、本作は後者に近い絵柄。デフォルメを交えつつもシャープなタッチで描かれた新太郎や忍者たちの縦横無尽かつスピーディな戦いは、今読んでも遜色を感じないものであります。
 特に終盤登場する最後の強敵・日暮兄弟との対決は、身の丈ほどの長剣を地面に突き刺して待ちかまえるという敵の異形の剣法もインパクト十分で、大いに盛り上がります。


 ……が、お話の方は、今見るとかなり厳しい、というのが正直なところ。そもそも源九郎以外の十人衆が全くアカン(最初十一人だったのが、冒頭にいきなり粛正されて十人になったり)というのもありますが、その他のキャラがかなり困った存在なのです。

 本作の一応のヒロインは、新太郎に化けた源九郎(戦いの合間に、手で新太郎の顔に触っただけで型取りするという技は面白い)に父を殺され、新太郎を犯人と思いこんだ少女・おつる。
 先を急ぐ本物の新太郎を殺人犯と役人に告げ、面倒なことになるという展開は定番ですが――しかし再登場した時には、新型火薬でそこら中をバンバン爆破!

 何事かと思えば、父は花火師の玉屋だった、という設定ですが、知らぬ事とはいえ源九郎と組んで定信の船を大爆破するのはいかがなものか……

 しかしそれ以上に破壊的なのは、忍者たちの戦いに巻き込まれる――というより加わる二人の子供であります。主人公のいわばサイドキックとして子供が登場するのはこれも定番ですが、本作でも五郎という子供が新太郎の押し掛け弟子となります。
 しかし問題はその五郎の親友の小六。偶然、十人衆が伊賀同心を狙う暗殺帳を拾った彼はいきなり忍者になると言い出し、次に登場した時には百々地の仲間に――一体何があった!?

 その唐突さと百々地党の人材不足にまず驚かされますが、とんでもないのはラストで彼が果たす役割で――さすがに詳細は伏せますが、お前は忍者を何と思っているのだ!? 源九郎もそれでいいの? という展開で、目が点になること請け合いであります。


 なお、併録の忍者漫画『忍者サブ』は、『隠密剣士』とほぼ同時期に「中二時代」に連載された作品。
 服部半蔵の息子の青年忍者サブを主人公に、将軍の娘・月姫を狙う天草の残党・片貝忍者と対決する前半、甲武信が岳の測量隊を次々と殺害する謎の怪物「黒い風の使い」に挑む後半から構成されています。

 内容的にはかなりシンプルではありますが、特に後半は同じ秘密を追う甲賀忍者が登場したり、敵方には敵方の事情があることを知ったサブとその甲賀者が下すある決断の内容など、なかなか読ませる本作。
 正直なところ、作品単体としての出来ではこちらの方が上では――という印象もあったりするのです。


『隠密剣士』(堀江卓 eBookJapan Plus) Amazon
隠密剣士

|

« 岩井三四二『天魔の所業、もっての外なり 室町もののけ草紙』 歴史を動かすのは人か魔か | トップページ | 久保田香里『駅鈴』 歴史を駆け抜けた少女の青春 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66512699

この記事へのトラックバック一覧です: 『隠密剣士』(漫画版) 夢の取り合わせの漫画版、しかし……:

« 岩井三四二『天魔の所業、もっての外なり 室町もののけ草紙』 歴史を動かすのは人か魔か | トップページ | 久保田香里『駅鈴』 歴史を駆け抜けた少女の青春 »