« 一色 美雨季『浄天眼謎とき異聞録 双子真珠と麗人の髪飾り』 劇場と因習の交わるところに | トップページ | 秋月カイネ『Fの密命』第1巻 生き残るため、茶を求めた男 »

2018.03.05

菊地秀行『野獣王の劍 柳生一刀流 』 二つの流派を我が手に! ニューヒーロー見参

 ここしばらくは時代小説の分野でも次々と発表している作者の新作は、剣豪ファンであれば副題の時点で瞠目させられる作品。柳生新陰流でもなく小野派一刀流でもなく、柳生一刀流――相対する二つの流派を会得した剣豪が大暴れする、極めてユニークな剣豪小説であります。

 三代将軍家光の時代に突如として発生した、将軍家剣術指南役・柳生新陰流と小野派一刀流の門弟、それぞれが次々と斬殺されるという辻斬り事件。
 血眼になって事件を追う両派は、偶然同時に下手人と遭遇するのですが――この男、柳生に対しては小野兵馬を、小野に対しては柳生兵馬を名乗るという、大胆不敵とも不可解とも言える態度を取るのでした。

 しかしその理由はすぐにわかることになります。何とこの男、柳生流と一刀流、その双方を会得し、自在に操る達人だったのであります!

 大胆にも柳生と小野、両家に代わって将軍家指南役になると言い出した兵馬に、時に正面から、時に陰から戦いを挑む十兵衛・友矩・宗冬の柳生三兄弟と、小野派二世・忠常。
 そこに幕府内部の思惑が絡み、さらに柳生新陰流正統たる尾張柳生の連也までもが加わって、兵馬を巡る状況は混迷の度合いを深めていくことに……


 剣豪小説全般を見ても人気者でもありますが、特に作者の時代小説の中では登場頻度の高い(柳生刑部友矩の頻度が高いためもありますが)柳生新陰流。
 その最初期の時代小説の一つであり最近復刊された『柳生刑部秘剣行』、最新のシリーズの一つである十兵衛が主人公の『隻眼流廻国奇譚』と、数々の作品で活躍する柳生が、今回は三兄弟が全員登場とオールスターが登場するだけでも大いにそそられます。

 しかしその彼らも、さすがに本作においては分が悪い。何しろ本作の主人公・兵馬は、父から柳生新陰流と小野派一刀流、二つの流派の精髄を仕込まれたある意味サラブレット。己の流派の秘剣は知られ、己の知らぬ流派の秘剣を使われと、大いにやりにくい相手なのです。
 そしてそれはもちろん、小野派にとっても同じ事であります。将軍家指南役としては柳生とはライバル――いや、家格では遙かに劣る小野が、柳生に対して如何なる想いを抱いていたかは、先に挙げた『柳生刑部秘剣行』でも描かれていましたが、本作でもその複雑な関係は同様であります。

 そんな状況で、将軍家光も剣術指南役の一本化を否定しないという(その理由がまたコロンブスの卵)のも事態をややこしく――そして読者である我々には楽しく――してくれるのであります。

 さて、それではそのはた迷惑な事態を引き起こした兵馬はいかなる男かと言えば、これが野生児――というよりタイトルにあるように野獣のような男。
 剣を振るって相手を叩き潰すことをためらわず、己の欲望には正直で、しかしどこか極めて純粋なところを残した憎めない男――それが兵馬なのであります。

 本作はそんな彼を台風の目とする剣豪小説であるのはもちろんのこと、江戸という都市、それもその中でも極めて生臭い部分に飛び込んだ文字通り山出しの青年の姿を描く、明朗もの的な味わいもあるのが何ともユニークなところです。
 特に中盤、尋常な決闘とはいえ自分が殺した男の娘を窮地から救うために兵馬が奔走するくだりは、作者お得意のどこかセコくて不器用で、しかし男臭く清々しいという、ある種の魅力的なヒーロー像が印象に残ります。

 一歩間違えれば極めて血生臭く、殺伐とした物語になりかねないところを巧みに避けているのは、この兵馬のキャラクターによるものであることは間違いありません。


 もっとも引っかかる点はあって、まさにこの人助けのために奔走するくだりが、それまでの展開から浮いてしまっている印象は否めません。また、意味ありげに登場したキャラクターが実はそうでもなかったりする点も、違和感は否めないところではあります。

 しかしそれでもラストまで大きな破綻を感じることなく楽しく読むことができるのは、主人公たる兵馬自身がある意味ラスボス――彼一人を倒すために強豪が次々襲いかかってくる――ともいうべき存在であり、それ故に物語の軸にブレがないためではないかと感じます。

 極めてユニークな設定に負けない、キャラの魅力と対決の美学に満ちた物語――考えてみれば作者初の、ほとんど純粋な剣豪小説として、大いに評価されるべき作品であります。

|

« 一色 美雨季『浄天眼謎とき異聞録 双子真珠と麗人の髪飾り』 劇場と因習の交わるところに | トップページ | 秋月カイネ『Fの密命』第1巻 生き残るため、茶を求めた男 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66460818

この記事へのトラックバック一覧です: 菊地秀行『野獣王の劍 柳生一刀流 』 二つの流派を我が手に! ニューヒーロー見参:

« 一色 美雨季『浄天眼謎とき異聞録 双子真珠と麗人の髪飾り』 劇場と因習の交わるところに | トップページ | 秋月カイネ『Fの密命』第1巻 生き残るため、茶を求めた男 »