« 築山桂『近松よろず始末処』に推薦の言葉を寄せました | トップページ | 5月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

2018.04.08

北方謙三『岳飛伝 十六 戎旌の章』 昔の生き様を背負う者、次代を担う者――そして決戦は続く


 ついに北方岳飛伝もラスト2! 岳飛と秦容の北上をきっかけに突入した岳飛軍&秦容軍vs南宋軍、梁山泊軍vs金軍の決戦はいつ果てることもなく続き、その中で幾人もの豪傑たちが散っていくことになります。そしてついにあの男までもが……?

 国を倒し、国を作り、いま国を根底から変えようとする男たちの戦いもついにクライマックス。これまで営々と蓄えられてきたものが一気に解き放たれたように、この巻においては、ごく一部の例外を除いては、ひたすら続くマラソンバトルが描かれることになります。

 そこで繰り広げられるのは、かつての戦いとは異なり、大将首を取ればそれで終わり、とはならない潰し合い。
 どちらかがどちらかの戦闘能力を完璧に奪うまで続く戦いですが――しかし「国」が総力を挙げてぶつかりあう中で、早々簡単に決着がつくはずもありません。

 もちろんそんな中でも大将を討てば相手の戦闘力を奪うことはできるはず――という計算以上に、そんな「今の」戦いの形に違和感を持った男たちの激突が、ここでは様々な形で描かれていくことになります。

 呼延凌と兀朮の幾度目かの一騎打ち、前回殺されかけたお返しを程雲に仕掛ける岳飛――こうした「これまでの」戦いを目にすると、どこかホッとしてしまうのですが、それはとりもなおさず、こうした個人と個人がぶつかり合うような戦は、作中において既に珍しくなってしまったということなのでしょう。

 しかしそんな中でも、個人としての輝きを放って散っていく男たちがいます。
 李俊を兄と慕い張朔を弟のように慈しんできたあの無頼漢が、梁山泊百八人の残り二人のうち一人となり死に場所を求めていたあの男が、華々しい戦の陰で人知れず戦いを続けてきた男が――ここで命の最後の煌めきを放ち、散っていくことになるのであります。

 男一人が巨大すぎる相手に立ち向かい、その命と引き替えに一大痛棒を食らわせる――それはかつての梁山泊流とでもいうべきものかもしれませんが、そんな「昔の」生き様を貫いてみせた男たちの姿は、勇猛さと同時に、どこか侘しさを感じさせるものがあります。


 もちろん、その一方で、次代を担う者たちは着実に動き始めています。そしてその代表格が、楊令の実子であり、兀朮の養子である胡土児でしょう。
 その複雑な出生から、そして兀朮との血を超えた深い絆から、海陵王の嫉妬を買うこととなった胡土児。兀朮の命で北方(ほっぽう)――蒙古との国境に遣られた後も、海陵王の刺客は幾度となく彼を襲うことになります。

 中原での戦いから切り離された彼の物語は、『岳飛伝』という物語から離れた別個の物語という印象もあります(そして実際に次の物語のプロローグ的位置づけなのだとは思いますが)。
 しかし梁山泊と金の双方のある側面を最も濃厚に受け継ぐ存在である彼が、新天地を求める、ある意味青春真っ直中の姿は、この物語が、ある種のオープンエンド――最後の戦いに決着がついて、それで全てが終わるものではないことを示しているのでしょう。

(そしてその一方で、放浪を重ねた末に新天地にたどり着いた王清の青春の終わりの姿も実に良いのであります)


 と、新旧それぞれの生き様が描かれた末に、この巻はラストにおいて、それらの全てを吹き飛ばすような展開を用意しています。

 ついに梁山泊百八人のうち、最後の一人となった男・史進。
 誰よりも苛烈な戦いの中に身を置き、長きにわたって死に場所を求めてきた彼が、最後の最後で大きな大きな一撃を食らわせることになるのですが――しかしその代償はあまりに大きいとしか言いようがありません。

 あまりに呆気なく命が奪われていく世界(現に、史進に倒された側の呆気なさにはちょっと吃驚)において、彼の命のみが特別ではないことは、誰よりも我々読者が一番良く知っているのですが――それでもなお、唖然とならざるを得ない結末を以て、物語は最終巻に続くことになります。


 ちなみに上で述べられなかったのですが、この数巻でにわかに存在感を増していた程雲の副官・陸甚は、この巻でも素晴らしい存在感を発揮。あの台詞がこう生かされるか!? と驚かされる展開には、ただ詠嘆させられるばかりでありました。


『岳飛伝 十六 戎旌の章』(北方謙三 集英社文庫) Amazon
岳飛伝 16 戎旌の章 (集英社文庫)


関連記事
 北方謙三『岳飛伝 一 三霊の章』 国を壊し、国を造り、そして国を……
 北方謙三『岳飛伝 二 飛流の章』 去りゆく武人、変わりゆく梁山泊
 北方謙三『岳飛伝 三 嘶鳴の章』 そして一人で歩み始めた者たち
 北方謙三『岳飛伝 四 日暈の章』 総力戦、岳飛vs兀朮 そしてその先に見える国の姿
 北方謙三『岳飛伝 五 紅星の章』 決戦の終わり、一つの時代の終わり
 北方謙三『岳飛伝 六 転遠の章』 岳飛死す、そして本当の物語の始まり
 北方謙三『岳飛伝 七 懸軍の章』 真の戦いはここから始まる
 北方謙三『岳飛伝 八 龍蟠の章』 岳飛の在り方、梁山泊の在り方
 北方謙三『岳飛伝 九 曉角の章』 これまでにない戦場、これまでにない敵
 北方謙三『岳飛伝 十 天雷の章』 幾多の戦いと三人の若者が掴んだ幸せ
 北方謙三『岳飛伝 十一 烽燧の章』 戦場に咲く花、散る命
 北方謙三『岳飛伝 十二 瓢風の章』 海上と南方の激闘、そして去りゆく男
 北方謙三『岳飛伝 十三 蒼波の章』 健在、老二龍の梁山泊流
 北方謙三『岳飛伝 十四 撃撞の章』 決戦目前、岳飛北進す
 北方謙三『岳飛伝 十五 照影の章』 ついに始まる東西南北中央の大決戦

|

« 築山桂『近松よろず始末処』に推薦の言葉を寄せました | トップページ | 5月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66585750

この記事へのトラックバック一覧です: 北方謙三『岳飛伝 十六 戎旌の章』 昔の生き様を背負う者、次代を担う者――そして決戦は続く:

« 築山桂『近松よろず始末処』に推薦の言葉を寄せました | トップページ | 5月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »