« 万城目学『とっぴんぱらりの風太郎』下巻 己の意志を貫き、思うがままに駆け抜けた男 | トップページ | 北方謙三『岳飛伝 十六 戎旌の章』 昔の生き様を背負う者、次代を担う者――そして決戦は続く »

2018.04.07

築山桂『近松よろず始末処』に推薦の言葉を寄せました


 築山桂の新作『近松よろず始末処』に、推薦のコメントを寄せさせていただきました。近松といえば近松門左衛門――あの浄瑠璃作家が何故か探偵事務所を開業、そこに引っ張り込まれた元・賭場の用心棒の青年を中心とした個性的な面々が、大坂で起きる難事件・怪事件に挑むユニークな作品であります。

 喧嘩で半死半生だったところを近松に拾われ、花売りの仕事と住む場所まで世話された元用心棒の青年・虎彦。 彼にとっては大恩人である近松が、万始末処――依頼を受けて大坂の人々の悩みを解決する、いわば現代でいう探偵事務所を裏で営むことを知った虎彦は、求められるままにそのメンバーに加わることとなります。
 彼以外のメンバーは、近松を爺と慕う謎の美青年剣士・少将と、並の人間よりも頭の良い犬の鬼王丸。さらに竹本座でからくり職人を目指す少女・あさひも首を突っ込んで、まずは賑やかな裏稼業の始まり始まりとなるのですが……


 さて、本作は(サブ)ジャンルでいえば時代ミステリ、それも有名人探偵ものと呼べるかもしれません。そう、歴史上に名を残す人物が探偵役を務め、事件の謎に挑む――そして多くの場合、事件の内容がその人物の後の業績に影響を与える――という作品であります。

 なるほど本作はその形に当てはまっていますが――しかし本作においては、近松はあくまでも後ろに控える存在で、前面に出て事件解決に奔走するのは虎彦と少将のコンビ(鬼王丸も加えてトリオ?)となるのが面白い。
 喧嘩っぱやくて人情家の虎彦と、腕利きだけれどもクールで得体の知れない少将、対照的な二人が証拠集めや人探しに奔走した末に、近松が事態を収める――そんなスタイルで物語は展開していくのです。

 上役に握りつぶされた事件を追う途中、お犬様(本作の舞台は元禄時代であります)を殺めた科で切腹目前の同心を救うために奔走する第一話。
 父の仇を求めて出奔した兄を探して江戸からやってきた少年の依頼を受けた虎たちが、複雑に入り乱れた仇討ちの因縁に巻き込まれる第二話。
 さる料亭に出没するという井原西鶴の亡霊の正体を暴くという依頼で張り込んだ近松たちが、裏で蠢くからくりと対峙する第三話。

 人使いの荒い近松に文句をこぼしながらも、これも世のため人のため、人情の篤さが身上とばかりに事件の渦中に飛び込んでいく虎彦。
 しかしその果てに、彼はある真実を知ることになって……


 と、終盤で待ち受けるある種のどんでん返しも楽しい本作。全四話、依頼者も内容も様々な事件を描くバラエティに富んだ事件が描かれることになりますが、共通するのは、いずれも大坂の市井を舞台であることであります。

 この辺りは、大坂の町を舞台に、生き生きとした町人たち特に若者たちの姿を描いてきた作者の面目躍如たるものがありますが――しかしそれだけに留まるものではありません。
 それは本作における最大の謎、あるいは違和感の正体にも関わってくるのですが――それはぜひ、実際に作品を手に取っていただければと思います。

 ただ一つ申し上げるとすれば、そこにあるのは物語る者の深い業であり、そしてそれが生み出す物語がこの世にある意味であり――本作は優れた「物語の物語」でもある、ということであります。
 そしてもちろん、それは近松門左衛門という不世出の物語作家の存在と密接に関わっていくのですが……


 さて冒頭で述べたとおり、今回縁あって、ありがたいことに本作の推薦のコメントを寄稿させていただきました。
 大好きな作家の新作ということで、大いに気合いを入れて臨んだのですが――気合いが入りすぎて、他にコメントされた方々(これがもう、本当に錚々たる面々なのですが)に比べて、浮いているというか何というか……

 書店でポップやパネル(特に後者)をご覧になる機会がありましたら、文字通りご笑覧いただければと思います。


『近松よろず始末処』(築山桂 ポプラ社) Amazon
近松よろず始末処

|

« 万城目学『とっぴんぱらりの風太郎』下巻 己の意志を貫き、思うがままに駆け抜けた男 | トップページ | 北方謙三『岳飛伝 十六 戎旌の章』 昔の生き様を背負う者、次代を担う者――そして決戦は続く »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66585744

この記事へのトラックバック一覧です: 築山桂『近松よろず始末処』に推薦の言葉を寄せました:

« 万城目学『とっぴんぱらりの風太郎』下巻 己の意志を貫き、思うがままに駆け抜けた男 | トップページ | 北方謙三『岳飛伝 十六 戎旌の章』 昔の生き様を背負う者、次代を担う者――そして決戦は続く »