« 魅月乱『鵺天妖四十八景』第2巻(その二) 悲しみの物語から生まれ変わった先に | トップページ | 稲田和浩『水滸伝に学ぶ組織のオキテ』 実は水滸伝概説本の収穫!? »

2018.04.28

宇野比呂士『天空の覇者Z』第1巻 幻の名作の始まり――快男児、天空に舞う!

 時は1933年、北辰一刀流の達人にして天才パイロット・竜崎天馬は、ベルリンでゲシュタポに追われる高級娼婦アンジェリーナと出会う。相棒のウェルとともに彼女を助けた天馬は、逃走の途中、ナチスの秘密工場に入り込んでしまう。そこで彼らを待っていたのは、ナチスの秘密兵器「Z」だった……

 1997年2月から2002年9月にかけ、「マガジンSPECIAL」誌に連載された冒険SF活劇の隠れたる大傑作『天空の覇者Z』の単行本を、これから1巻ずつ紹介させていただきます。(何故今か、というのはまたいずれ……)

 1933年、ヨーロッパ――いかなる理由か、日本から流れ着き、今は飛行曲芸団の花形パイロットとして活躍する青年・竜崎天馬。相棒の天才メカニック、ウェルことウェルナー・ブラウン(!)とともに、愛機・天翔馬号の改造に余念がない彼の新たな公演地はベルリン――そこで彼は運命の出会いを果たすことになります。

 酒場で公演に向けて気勢を上げる天馬たちの前に現れた美女――ベルリンの夜の天使・高級娼婦アンジェリーナに一目惚れした天馬。
 しかし彼女は目下ゲシュタポの将校に追われる身、向こう見ずにも彼女を助けに飛び出した天馬は、彼女とウェルと三人、ベルリンの夜を駆けることになります。
 途中、人間離れした怪力と生命力を見せる将校を、北辰一刀流の一撃で撃退した天馬は、警戒線を逃れるために三人で天翔馬号に乗り組み、空に逃れるのですが――そこに立ち塞がるは大空の騎士、レッド・バロンことリヒトホーフェン。

 善戦したものの、曲芸機の悲しさ、被弾して不時着した天馬たちがたどり着いたのは、湖の中の秘密工場。そこで天馬たちが見たものは、巨大な鋼鉄の飛行船――それこそはナチスが総力を挙げて開発した秘密兵器「Z」だったのであります!


 いやはや、何度読んでも、自分であらすじを書いてみてもテンションは一気に最高になる第1話。北辰一刀流の達人の熱血児、若き日のフォン・ブラウン、追われる訳ありの美女(それが高級娼婦というのが本作の凄いところ)、奇怪な力を持つナチス軍人、沈着冷静かつ騎士道精神溢れるレッド・バロン(当然美形)、そしてとどめの空中戦艦……
 「男の子ってこういうのが好きなんでしょ」と言わんばかりの、そしてそれに全力で頷くしかない要素だけで構成された素晴らしい掴みであります。

 そしてこのテンションは、第2話以降も全く落ちることなく、この第1巻ラストまで一気呵成に突き進んでいくことになります。
 アンジェリーナと引き離され、牢に放り込まれた天馬とウェル。しかし同じ頃、ドイツの名将エーリッヒ・ハルトマン大佐と反ナチス同盟の同志がZを奪取すべく行動を開始し、その混乱に乗じて二人も牢を脱出、同盟と行動を共にすることになります。

 ヒトラーの命でZを開発しつつも、その強大な力をヒトラーが手にすることに危機感を抱き、反旗を翻したハルトマン大佐――いや、「どこの誰でもない男」ネモ艦長。数々の犠牲も躊躇わない彼の冷徹な指揮により、ついにZは浮上するのですが――そうはさせじと襲いかかる無数の戦闘機。
 成り行きからZに乗り込んだ天馬とウェルは、戦闘機の群れに挑むものの、衆寡敵せず敢えなく撃墜されることに……

 が、そこに駆けつけたサーカス団の仲間たちが持ってきたのは改造済みの天翔馬号二世。走る列車の上からの離陸という燃えるシチュエーションは、しかしまだ序の口であります。
 無数の敵を前にウェルが作動させた天翔馬号の奥の手とは――ロケットエンジン! 世界初、音速の壁を越えた天翔馬号が引き起こしたソニックブームは透明の刃(それが天馬の愛刀に比されるのがまたいい)となって敵の群を粉砕するのでした。

 しかし天馬の前に再び現れるのはリヒトホーフェン駆る紅の複葉機。そして上昇を続けるZも、秘密基地の800ミリ超巨大砲ジークフリートの一撃に大打撃を受けて……


 というわけで、あらすじを追うだけで終わってしまいましたが、先に述べたとおり、この第1巻のテンションの高さとスピード感を現すには、これくらいがふさわしいようにも感じられます。

 その巨体を天空に浮かべるZに隠された力とは、アンジェリーナが追われる理由とは、天馬の秘められた過去とは……数々の謎とともに始まった驚異の旅。
 全16巻だれるところなしの大傑作――これを機に、少しでも多くの方が本作のことを知り、手に取っていただければと、心より願う次第です。

『天空の覇者Z』第1巻(宇野比呂士 講談社少年マガジンコミックス) Amazon
天空の覇者Z 1 (少年マガジンコミックス)

|

« 魅月乱『鵺天妖四十八景』第2巻(その二) 悲しみの物語から生まれ変わった先に | トップページ | 稲田和浩『水滸伝に学ぶ組織のオキテ』 実は水滸伝概説本の収穫!? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66661134

この記事へのトラックバック一覧です: 宇野比呂士『天空の覇者Z』第1巻 幻の名作の始まり――快男児、天空に舞う!:

« 魅月乱『鵺天妖四十八景』第2巻(その二) 悲しみの物語から生まれ変わった先に | トップページ | 稲田和浩『水滸伝に学ぶ組織のオキテ』 実は水滸伝概説本の収穫!? »