« 朝日曼耀『戦国新撰組』第3巻 彼らが選び、撰んだ道の先に | トップページ | 宇野比呂士『天空の覇者Z』第5巻 激突! 新生Zvs第三の超兵器 »

2018.05.25

君塚祥『ホムンクルスの娘』 兵器として作り出された者たちの向かう先に

 昭和9年、軍の秘密機関・洩矢機関への所属を突然命じられた青年・羽田九二郎。未来を予言するという宗教団体に潜入することとなった彼は、そこで水中の中で眠る少女・月子と出会う。かつて洩矢機関から奪い去られた「呪物」の一つ、ホムンクルスであった月子を守りつつ、怪事件に挑む九二郎だが……

 昭和初期という時代、そして軍という組織には、何があってもおかしくないというムードがあるのでしょうか、しばしば伝奇ものの題材となっている印象があります。
 まさにその直球ど真ん中である本作に登場するのは、第11帝国陸軍技術部研究所特務・洩矢機関。様々なオカルト的な存在「呪物」を収集し、その軍事利用を目指すという、実に怪しげな秘密機関であります。

 そんな本作の舞台は、浅草に浅草十三階が聳える(!)昭和9年。その浅草で破落戸同然の暮らしを送っていた青年・羽田九二郎が、その洩矢機関にスカウトされたことから、この物語は始まります。
 何もわからぬまま、ほとんど拉致同然に突然機関に加わることとなった九二郎。彼の運命は、初任務である宗教団体への潜入でホムンクルスの娘・月子と出会ったことで、大きく動き出すことになるのであります。

 ホムンクルス――科学や呪術によって作り出された人造人間。科学者であった九二郎の祖父・九太郎によって作り出されたという月子は、かつて何者かの手によって他の「呪物」同様に機関より奪い去られていたのです。
 機関のトップシークレットでありその記憶と力の一部を失なった月子を、地霊を操る鬼道使い・火ノ島、古の水神の血を引く阿曇ら機関の先輩たちとともに守ることとなった九二郎。やがて彼らは、呪物を奪い、様々な能力者を集めて奇怪な事件を次々と引き起こす怪人党なる一団と対峙することになります。

 月子を執拗に狙う怪人党の真の狙いは何か。失われた月子の記憶の正体は。そして何の能力もないにもかかわらず、何故九二郎は洩矢機関にスカウトされたのか。
 数々の謎を秘めた物語は、やがて浅草十三階でカタストロフィを迎えることになるのであります。

 予言者やくだん、帝都地下の大空洞といったガジェットの数々、そして様々な異能を持つ能力者を散りばめて展開する本作。
 九二郎・月子・火ノ島・阿曇の四人が異能を武器に怪事件に挑むその様は、一種の特殊チームものとも言えますが、物語そのものの背景となるのが、彼らの母体である洩矢機関であることは言うまでもありません。

 しかしそこに所属する主人公たちが、人々を苦しめる怪事件解決のために活躍するとはいえ、やはり「呪物」の軍事利用というのは如何にも怪しく、そのためには人体実験、さらにはホムンクルスの製造までを行っていたといれば、到底「正義」の機関とは思えません。
 そもそも九二郎は破落戸同然だったとはいえ、一本気で正義感の強い、昔気質の若者。成り行きから機関に加わり、月子を守ることになった彼が、機関の本来の行動に賛同するはずもないのであります。

 もっともそのあたりの相克が意外と表に出てこないのが少々残念ではありますが、しかし物語が、機関に作り出された存在同士――兵器として作り出され、利用されてきた者たち同士の戦いとなるのはある意味当然の帰結と言えるでしょう。
 そして最終的に、その最たるものとも言うべき月子を中心として物語が展開するのもまた……

 果たして「その時」九二郎が何を語り、何を選ぶのか――そこで本作のタイトルを今一度振り返る時、何ともいえない想いが湧き上がるのであります。

 単行本全2巻と、正直なところ分量としては多くない本作。呪物等の題材は様々にあったであろうことを考えると、もっともっと描けたのではないかと、いささかもったいなく感じます。
 しかし、戦争・軍隊と伝奇というある意味マクロな題材を描きつつ、「人間」とは何か、その幸せとは何かというミクロな物語を織り上げてみせた結末としては、これ以外のものはないでしょう。

 解放感とある種の切なさを残す結末の味わいは、なかなかに得難いものがあったと感じます。

『ホムンクルスの娘』(君塚祥 一迅社ZERO-SUMコミックス全2巻) 第1巻 Amazon/ 第2巻 Amazon
ホムンクルスの娘: 1 (ZERO-SUMコミックス)ホムンクルスの娘: 2 (ZERO-SUMコミックス)

|

« 朝日曼耀『戦国新撰組』第3巻 彼らが選び、撰んだ道の先に | トップページ | 宇野比呂士『天空の覇者Z』第5巻 激突! 新生Zvs第三の超兵器 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66742287

この記事へのトラックバック一覧です: 君塚祥『ホムンクルスの娘』 兵器として作り出された者たちの向かう先に:

« 朝日曼耀『戦国新撰組』第3巻 彼らが選び、撰んだ道の先に | トップページ | 宇野比呂士『天空の覇者Z』第5巻 激突! 新生Zvs第三の超兵器 »