« 柴田錬三郎『花嫁首 眠狂四郎ミステリ傑作選』 登場、名探偵狂四郎!? | トップページ | 「コミック乱ツインズ」2018年6月号 »

2018.05.19

宇野比呂士『天空の覇者Z』第4巻 流星の剣の目覚めるとき

 真のヒトラーと対面した天馬は、彼が両親の仇であったことを思い出す。しかし彼の剣は通じず、その場を辛うじて逃れるのだった。そしてT鉱を求めてイタリアの要塞島に潜入する天馬たちだが、罠にはまり分断されてしまう。そこに現れた蜘蛛の能力を持つ獣人に苦戦する天馬だが、その時流星の剣が……

 ムッソリーニの館でついに真のヒトラーと対面した天馬とアンジェリーナ。その顔を見るや問答無用で斬りかかるという彼らしくもない行動に出た天馬ですが、それは彼の赤子の頃の記憶ゆえ――彼は両親をヒトラーに殺され、自らも殺されるところを剣の師に救われたのであります。
 しかしその際に痛撃を与えた陸奥守流星も、天馬では真の力を発揮することはできずヒトラーの体をすり抜けるのみ。絶体絶命の天馬を救うため、自らを差し出すアンジェリーナですが、あわやのところで駆けつけたJと天馬がヒトラーに連撃! が、それすら通じず、ヒトラーは彼らの攻撃に免じてその場は退くと告げ、(どこかで見たようなアングルで)アンジェリーナの唇を奪って去るのでした。

 自らが流星の剣を活かせていなかったことに衝撃を受けるものの、しかしこれ以上ヒトラーに大切な人を奪われまいと――アンジェリーナを守ろうと闘志を燃やす天馬。そしてムッソリーニ邸から奪取した地図を手に、天馬・アンジェリーナ・J・ギヌメールは要塞島――T鉱がナチスによって運び込まれた秘密基地に潜入することになります(その巻き添えで真のヒトラーの顔を見てしまったため殺されたムッソリーニ……)。
 そしてウェルの発明品を使って首尾よく要塞島に潜入した一行。しかし床の崩落に巻き込まれたアンジェリーナを追って天馬は地下に消え、ギヌメールとJのみが先に進むことになります。一方、天馬たちが落下した先は島の地下に広がる古代遺跡――そこに待ち受けるはヒトラーに蜘蛛の獣性腫瘍を与えられた獣人・シュタイナー中佐であります。

 しかしシュタイナーに向けたアンジェリーナの銃口は反転し、避ける間もなく撃たれる天馬。ヒトラーの口づけがアンジェリーナを操ったのか!? ……と思いきや、懐のゴーグルで致命傷は避けた天馬は、それが蜘蛛の糸によって操り人形されていたと見抜き、剣の一閃で彼女を解放するのですが――しかし無数の石柱が存在する遺跡内では数々の蜘蛛糸を操るシュタイナーが有利であります。
 苦し紛れに水中に飛び込んだ天馬ですが、しかし銃創の影響と、ミズグモの能力すら取り込んだ相手の力の前に絶体絶命に……

 と、生と死の境で、流星の剣の真の力に目覚めた天馬。そも流星の剣とは、戦国時代に降ってきた隕石を鍛えた水晶の如き透き通った外見と兜をも砕く強さを持つ刀――やがて千葉周作の手に渡り、北辰一刀流の伝承者の証になったと言われる刀であります。
 その力を十全に発揮すればこの世において斬れぬものなしという流星刀を手に、天馬は一撃で敵もろとも水面を真っ二つに割るという離れ業を見せ、勝利を収めるのでした。

 が、出血多量で意識を失った天馬。アンジェリーナは天馬を背負い、全く道標もない地下遺跡から脱出しようと歩み出すことに……

 一方、残されたギヌメールとJはT鉱の保管所に潜入するもののそこはもぬけの殻。奪取作戦を察知したナチスは、既にT鉱を移送していたのであります。しかしそれこそはネモの策――ギヌメールたちを囮に使ってT鉱をいぶり出すという作戦は当たり、輸送船を鹵獲して見事T鉱確保に成功するのでした。
 しかし元軍人のギヌメールはともかく、駒に使われて怒り心頭のJ。天馬を探すという彼の前に現れたのは――当の天馬とアンジェリーナ。なんと地下遺跡を踏破したアンジェリーナはその後も神がかった感覚を発揮し、一行を水上機の格納庫にまで導きます。

 そこでしぶとく襲ってきたシュタイナーは手加減をしらないJが一蹴し、ようやく要塞島から脱出成功か!? というところで次巻に続きます。


 本作には珍しく、全く空中戦が登場しなかったこの巻。代わって天馬と流星の剣の因縁を中心に、等身大戦が存分に描かれることとなります。
 なんとヒトラーは天馬の親の仇、そして天馬の持つ流星の剣こそがヒトラーを倒すことができる(らしい)というのはいささか出来過ぎた因縁のようにも感じられますが、その辺りはまたこの先に描かれることになります。

 そして因縁といえば天馬とアンジェリーナ。天馬がアンジェリーナに一目惚れしたことから始まったともいえる本作ですが、その二人の運命的な結びつきは、この巻でクローズアップされることになります。
 しかし無敵にすら見えるヒトラーが何故アンジェリーナに目をつけたのか――それもまた、今後のお楽しみであります。


『天空の覇者Z』第4巻(宇野比呂士 講談社少年マガジンコミックス) Amazon
天空の覇者Z 4 (少年マガジンコミックス)


関連記事
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第1巻 幻の名作の始まり――快男児、天空に舞う!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第2巻 天馬vs死神、天馬vs獣人!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第3巻 激突、巨大空中兵器の死闘!

|

« 柴田錬三郎『花嫁首 眠狂四郎ミステリ傑作選』 登場、名探偵狂四郎!? | トップページ | 「コミック乱ツインズ」2018年6月号 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66720991

この記事へのトラックバック一覧です: 宇野比呂士『天空の覇者Z』第4巻 流星の剣の目覚めるとき:

« 柴田錬三郎『花嫁首 眠狂四郎ミステリ傑作選』 登場、名探偵狂四郎!? | トップページ | 「コミック乱ツインズ」2018年6月号 »