« 渡千枝『黒き海 月の裏』第3-4巻 運命の悪意に抗する人間の善意 | トップページ | 7月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

2018.06.09

宇野比呂士『天空の覇者Z』第7巻 決戦開始!? 明かされゆく数々の秘密

 ゲームのルールを見破ったJと、ウェルの機転により倒されたドッペルとジェネシス。一時の平和の中、ツングースに進路を取るZだが、その途上、カラクーム砂漠で待ち受けていたのはクブリック率いる超巨人機ゴクマゴグだった。アンジェリーナの変調に心乱される天馬たちに敵の大軍が襲いかかる……

 ジェネシス編のラストと、ヒトラーと獣性細胞とT鉱の重要な秘密が語られる転章、そして中盤のクライマックス・カラクーム編のスタートと山場の連続の第7巻。折り返し地点も目の前であります。

 低温に弱いというジェネシスの弱点は発見したものの、ドッペルの陽動により苦戦を強いられる一行。絶体絶命のベイルマンを救い、装甲司令室に飛び込むJですが――そこに避難していたのは天馬・アンジェリーナ・ネモ・ギヌメール・エリナの面々。この中にドッペルが紛れていると睨んだJが告げたゲームの真のルールとは、そしてドッペルが化けていたのは――ここでは伏せますが、成る程、実にうまい仕掛けであります(冷静に考えると何故そうなっているのかはわかりませんが)。
 そしてジェネシスの方も、ウェルの突貫工事で完成した液体窒素砲で撃退された末に、生物兵器としてのある習性を利用され(これまた理詰めの発想が実にいい)、撃退されることになります。

 そして両者との戦いで、そしてその中で偶然目にしたある論文から、獣性細胞とT鉱の意外な繋がりを看破したウェル。獣人たちの心臓に埋め込まれていたのはT鉱の欠片であること、獣性細胞が低温下で休眠状態となること――これらから導き出されるのは、獣性細胞はT鉱の中で眠りについた状態で地球に落下してきたという事実だったのです。
 シベリアに向かう列車に乗っていた際、ツングースへの隕石の落下に巻き込まれ、そこで獣性細胞とT鉱を手に入れたヒトラー。そして自分は「時の外に立つ存在」と化した――自邸に招いたリヒトホーフェンにそう語るヒトラー彼は、文字通りリヒトホーフェンのハートを奪い、新たな力を授けるのでした。

 さて、ウェルが見た論文の作者が自分の両親だった――すなわち両親がナチスで獣性細胞の研究を行っていたという真実に悩む天馬の前に現れたアンジェリーナ。彼女が家族にもらったというからくり仕掛けの「宝石で装飾されたイースターエッグ」を見せたりして、わちゃわちゃしているうちに良いムードになった二人ですが――突如アンジェリーナが暴走、天馬に襲いかかるではありませんか。
 獣性細胞に感染し、ヒトラーの下にも存在しない突然変異種と化していたアンジェリーナ。暴走はすぐに収まったものの、いつまた再発するかわからない状態となり、そしてそれ以上に最愛の天馬を襲ったことに彼女は深く傷つき、Z乗組員から不信の目を向けられる彼女に天馬も傷つき――重い空気の中、Zは全ての始まりの地であるツングースに向かいます。そこに何があるのか不明のまま――しかし天馬の勘がそこに鍵があると告げ、何よりもネモが既にそこに針路を向けていたことを考えれば、何もないわけがありません。

 そしてツングースまであと一週間あまりのカラクーム砂漠上空で、ナチスの追撃隊との決戦を予測して訓練に入るZ航空隊。ギヌメールを総隊長に、Jと天馬あとモブキャラを隊長として周囲からの視界を遮る砂の嵐の中で訓練を始めますがが、しかし天馬は上の空。いきなり登場した――本当にいきなり登場したので、初読時は新たな刺客とかそういうのかと――ショタキャラ・キリアンに懐かれても意に介さず、危険な飛行を一人で繰り広げます(それに何気についていくキリアン)。

 と、突如黒く陰る天空と、そして噴水のように砂を高く吹き上げる砂漠。天空を陰らせたものは反重力球、そして砂の下から現れたのは、それを放った超巨人機・ゴグマゴグ! ほとんどシューティングゲームのボスキャラ出現のような演出で現れたゴグマゴグを駆るのはもちろんクブリック提督、アルプスでの雪辱に燃える彼は、改修されたG――ゴグマゴグで電撃奇襲作戦「砂漠の蜃気楼」を挑んできたのであります。
 その改修の証であるもう一門の反重力砲を放つゴグマゴグ。最初の反重力球は回避し、次はバラストの反重力ガスで辛うじてブロックしたZですが、窮地は否めません。

 そしてそこに襲いかかるは、千機にも及ぶルフトバッフェの戦闘機の群れ。砂嵐の中で視界が効かないのはお互い様のはずが、一方的に攻撃を仕掛けてくる敵に撃墜されるモブ隊長たちに、ついに天馬の本気が……

 というわけで新章突入早々、いきなり全速力で突っ走り始めたZとゴグマゴグの決戦。様々な秘密も明かされ、もうこのまま完結してしまうのでは――というくらいの盛り上がりであります。
 しかしこの先物語は全く思いもよらない方向に転がっていくのですが――この先は次巻のお楽しみであります。

『天空の覇者Z』第7巻(宇野比呂士 講談社少年マガジンコミックス) Amazon
天空の覇者Z 7 (少年マガジンコミックス)

関連記事
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第1巻 幻の名作の始まり――快男児、天空に舞う!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第2巻 天馬vs死神、天馬vs獣人!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第3巻 激突、巨大空中兵器の死闘!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第4巻 流星の剣の目覚めるとき
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第5巻 激突! 新生Zvs第三の超兵器
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第6巻 Z最大の危機!? 変幻自在の怪物たちの襲撃

|

« 渡千枝『黒き海 月の裏』第3-4巻 運命の悪意に抗する人間の善意 | トップページ | 7月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66795632

この記事へのトラックバック一覧です: 宇野比呂士『天空の覇者Z』第7巻 決戦開始!? 明かされゆく数々の秘密:

« 渡千枝『黒き海 月の裏』第3-4巻 運命の悪意に抗する人間の善意 | トップページ | 7月の時代伝奇アイテム発売スケジュール »