« 岡田鯱彦『薫大将と匂の宮』 名探偵・紫式部、宇治十帖に挑む!? | トップページ | 坂口よしを『地獄ヤ変』 不老不死の「水」と「地獄」を巡る者たちの戦い »

2018.07.05

瀬下猛『ハーン 草と鉄と羊』第1-2巻 英雄・義経の目を通して描かれる異郷の歴史


 ここ数年盛んに発表されている、世界史を題材とした漫画。本作もその一つ、モンゴル帝国を一代で作り上げたチンギス・ハーンことテムジンの若き日を描く作品ですが――しかしこのテムジンの正体はお馴染みの人物。そう、実は生きていた源義経が海を越えて大陸統一を目指す物語であります。

 兄・頼朝に追われた末、己に付き従う者たちを全て失い、蝦夷地に隠れ住んでいた源九郎義経。しかし追っ手はなおも彼に迫り、嵐の海にこぎ出した彼は、ただ一人大陸に漂着することになります。
 そこで金国人父娘とともに暮らすことになった義経=クロウですが、突如襲ってきたタタル人に街は滅ぼされ彼も捕らわれの身に。しかしそこで出会った奇妙な男・ジャムカと盟友(アンダ)になった彼は、ジャムカが手引きして現れた強国・ケレイトに身を寄せるのでした。

 メルキト、タタルとともにモンゴルを取り巻く3強の一つであるケレイトの王、オン・ハーンに取り立てられながらも、密かにその首を狙うクロウ=テムジン。しかし目論見はあっけなく露見し、テムジンはモンゴルに逃れてボオルチュという男に拾われることになります。
 ボオルチュの紹介で、亡き族長イェスゲイの未亡人であるホエルンのもとに身を寄せた二人。そこでホエルンの息子で大力のカサルとのブフ(モンゴル相撲)勝負に臨むことになったテムジンは……


 ある世代以上の日本人にとってはなじみ深い説である一方で、既に一種の奇説・妄説の類という扱いとなっている義経=チンギス・ハーン説。
 もちろん現在での扱いは作者も承知の上かと思いますが、しかし本作はそれを真っ正面から、丹念に描くことになります。

 本作の義経=クロウ=テムジンは、端正な容貌と天狗の如き身のこなし、並外れた弓馬の才を持つ男。そして何よりも、当時の日本人らしからぬ非情とすら見える合理精神の持ち主として描かれます。
 この辺りは我々の良く知る義経像を大きく外れることがない、というより忠実な印象ですが――しかしそんな英雄・義経をしても、大陸は広く、多士済々であります。

 この第2巻までで彼が出会うのは、上で述べたジャムカ、オン・ハーン、ボオルチュ、カサル、さらにはタイチウトの冷徹な戦士ジルグアダイと、一癖もふた癖もある人物。
 金が既に退潮し、数々の騎馬の民が入り乱れたモンゴル周辺はまさに群雄割拠であり――文字通り身一つで現れた義経にとっては、言葉も食べ物も異なる完全な異郷なのです。


 異郷――そう、それは我々にとっても異郷であります。確かにモンゴル帝国やチンギス・ハーンの名前くらいであれば我々も知っていますが、しかしその来歴などを詳しく知る方は少ないでしょう。
 先に名を挙げた登場人物たちは、実は全て実在の人物ですが、しかしその誰もがほとんど馴染みがない世界、ほとんどファンタジーの世界――と言っては失礼かもしれませんが、それくらい遠い世界なのです。

 しかし、そこに義経が加わればどうなるか? 日本人誰もが知る英雄であり、そして伝説とはいえチンギス・ハーンと同一人物説を有する人物が加われば――そこに12世紀末のモンゴルと、我々読者が暮らす現代の日本と、一つの繋がりができることになります。
 これは勝手な想像ではありますが、本作が敢えて義経=チンギス・ハーン説を持ち出してきたのは、この馴染みのない、しかし極めて魅力的な世界と人々を漫画として描くに、義経の存在を一つの取っかかりとするためではないでしょうか?


 そんな想像が当たっているにせよ外れているにせよ、肝心の作品自体が面白くなければ意味がありませんが――その点は心配なし。作者の筆は、馴染みのなさをそのまま新鮮さに転化していると感じられますし、何よりも非常にテンポよく進む物語は波瀾万丈で飽きさせることがありません。
 いや、波瀾万丈というよりも危機また危機という状況に、読んでいるこちらもハラハラさせられっぱなしなのですが――しかしもちろんそれがまた大きな魅力であることは言うまでもないのであります。

 英雄の目を通して描かれる異郷・モンゴルの歴史をこの先も見届けたい――そんな気持ちになる、胸躍る物語の幕開けであります。


『ハーン 草と鉄と羊』(瀬下猛 講談社モーニングコミックス) 第1巻 Amazon/ 第2巻 Amazon
ハーン ‐草と鉄と羊‐(1) (モーニングコミックス)ハーン ‐草と鉄と羊‐(2) (モーニングコミックス)

|

« 岡田鯱彦『薫大将と匂の宮』 名探偵・紫式部、宇治十帖に挑む!? | トップページ | 坂口よしを『地獄ヤ変』 不老不死の「水」と「地獄」を巡る者たちの戦い »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66891529

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬下猛『ハーン 草と鉄と羊』第1-2巻 英雄・義経の目を通して描かれる異郷の歴史:

« 岡田鯱彦『薫大将と匂の宮』 名探偵・紫式部、宇治十帖に挑む!? | トップページ | 坂口よしを『地獄ヤ変』 不老不死の「水」と「地獄」を巡る者たちの戦い »