« 宇野比呂士『天空の覇者Z』第11巻 日本編開幕! 故郷で天馬を待つもの | トップページ | 仁木英之『師弟の祈り 僕僕先生 旅路の果てに』(その一) 希望を失わぬ者たち、そして帰ってきた者たち »

2018.07.08

8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 本当にあっという間に梅雨が終わり、暑い暑い夏が来て――そしてもう8月は目の前。8月はお盆休みがあるので新刊があんまり――と思っていたら、今年の8月は頑張った! というわけで、かなりの充実ぶりの8月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 いつもはこの記事では新作を先に紹介し、次いで復刊という順番なのですが――今回だけはそれを変えます。
 何しろ、霜島けいの名作『のっぺら』が、光文社文庫から復刊されるのですから!

 パラレルではない正真正銘の(?)江戸時代にのっぺらぼうの同心が存在、江戸を守るために活躍していた――という本作は、廣済堂のモノノケ文庫で刊行され、第2弾まで発表されたもののレーベルが消滅して中絶した状態。しかし先日、細谷正充編のアンソロジー『あやかし』にその一部が収録され、改めてその面白さが知られることとなりました。
 今回の復刊にはそうした流れが作用しているのではないかと思いますが、理屈はともかく実にめでたい! この機会に、ぜひ未読の方もご一読をお願いします。

 さて『のっぺら』は光文社文庫からの刊行ですが、同じ光文社文庫からはアンソロジー『忍者大戦 黒ノ巻』が登場――ってこれは一体!? 再録なのか書き下ろしなのかもわかりませんが、忍者が活劇する内容なのは間違いないでしょう。そして「黒ノ巻」というからにはおそらく……

 その他新刊文庫では、伽古屋圭市の大正ミステリ『ねんねこ書房謎解き帖 文豪の尋ね人』、芝村凉也のおそらく討魔戦記第4弾『穢王』が要チェックです。
 また復刊・文庫化では仁木英之の最初期作品『飯綱颪』をはじめ、今野敏『サーベル警視庁』、高橋克彦『舫鬼九郎 4 鬼九郎孤月剣』、築山桂『左近浪華の事件帖 1 遠き祈り』『2 闇の射手』が登場。『左近浪華の事件帖』は、先に文庫化された『緒方洪庵浪華の事件帖』舞台化効果でしょうか。ありがたいことです。

 また、中国ものでは北方謙三の大水滸第三部『岳飛伝』の読本として『盡忠報国 岳飛伝・大水滸読本』が登場。そうか、このタイトルがあったか……

 さらに、単行本の方では戦前が(戦前も)舞台のミステリが二作。作者のシリーズキャラクターの一人・那珂一兵が戦前の東京を舞台に活躍する辻真先『深夜の博覧会』、そして江戸・戦前・戦後の東京を舞台に古今の名探偵たちが集結する芦辺拓『帝都探偵大戦』と、どちらも必見であります。


 そして漫画の方ですが――個人的に一番楽しみなのは、都戸利津『嘘解きレトリック』第10巻。これで完結なのは悲しいような、しかし嬉しいような……素晴らしい結末に期待します。

 その他もかなり豪華なラインナップ。吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第12巻、賀来ゆうじ『地獄楽』第3巻、せがわまさき『十 忍法魔界転生』第13巻、シヒラ竜也『バジリスク 桜花忍法帖』第4巻、北崎拓『ますらお 秘本義経記 波弦、屋島』第3巻、重野なおき『信長の忍び』第14巻、たかぎ七彦『アンゴルモア 元寇合戦記』第10巻、響ワタル『琉球のユウナ』第2巻――いやすごい量です。

 また、海外もの(というかアジアもの)では伊藤勢『天竺熱風録』第4巻、瀬下猛『ハーン 草と鉄と羊』第3巻が登場します。

 ちなみに先月も紹介したような気がするゆうきまさみ『新九郎、奔る!』第1巻と睦月れい『空海 KU-KAI』下巻は、一月延期で8月発売となったようです(しかも同日発売)。



関連記事

|

« 宇野比呂士『天空の覇者Z』第11巻 日本編開幕! 故郷で天馬を待つもの | トップページ | 仁木英之『師弟の祈り 僕僕先生 旅路の果てに』(その一) 希望を失わぬ者たち、そして帰ってきた者たち »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66918626

この記事へのトラックバック一覧です: 8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 宇野比呂士『天空の覇者Z』第11巻 日本編開幕! 故郷で天馬を待つもの | トップページ | 仁木英之『師弟の祈り 僕僕先生 旅路の果てに』(その一) 希望を失わぬ者たち、そして帰ってきた者たち »