« 仁木英之『師弟の祈り 僕僕先生 旅路の果てに』(その二) これが二人の旅路の終わり、そして始まり | トップページ | 長池とも子『旅の唄うたい』シリーズ 時空を超えて描かれる人々の美しい「情」 »

2018.07.11

岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第5巻 八郎が見た剣の道の陽と陰


 伊庭の小天狗こと伊庭八郎の青春を描く本作も順調に巻を重ねてこれで第5巻であります。この巻の前半で描かれるのは、試衛館での出稽古で賑やかな毎日を過ごす八郎の姿。そして後半では一転、八郎が人生初めて経験する修羅場が描かれることになります。そしてそこでは意外な人物との出会いが……

 かつて縁のあった吉原の花魁の死をきっかけに、同じ講武所に通う旗本の子弟・富長が攘夷浪士と繋がっていたことを知った八郎。そして講武所の中にも彼らと繋がる者が潜むことに、八郎は大きな衝撃を受けることになります。
 さらには富長が何者かによって斬殺され、にわかにきな臭くなってきた八郎の周囲。まだまだ自分の剣技を磨く必要があると考えた八郎は、かねてより縁があった試衛館に出稽古に出ることになります。

 さて、言うまでもなく試衛館は近藤・土方・沖田をはじめとする、後の新選組の中核メンバーが集った道場。この時点はまだ浪士組結成前であり(近藤が講武所参加を断念した件はこの巻でも触れられますが)、今はまだ、青雲の志を抱いた青年たちが集う梁山泊のごとき様相を呈している状況です。
 以前試衛館では沖田と名勝負を繰り広げたこともあり、ほとんど同門扱いの八郎は、たちまちのうちに彼らと馴染むのですが……

 いやはや、ここで描かれる試衛館組の姿が実にいい。現時点から大人物ぶりを発揮する近藤、バラガキそのものの土方、傍若無人な剣術馬鹿の沖田、ほかにも山南、永倉、平助――その誰もが、ビジュアルといい言動といい、実に「らしい」。新選組好きとしては実にたまらないものがあります。
 もちろん本作は伊庭八郎の物語、彼らはいわば脇役にすぎないと言えばその通りではあります。それでも八郎と同年代の、同じ青春を過ごす彼らの姿が生き生きと描かれるということは、それだけ八郎の姿も鮮明に描かれるということにほかなりません。

 本作の魅力の一つは、八郎の青春時代の爽やかさ、眩しさにあると思いますが、このエピソードにはそれが非常に濃厚に現れていると感じます。


 しかしそんな彼らの切磋琢磨の姿が、剣の道の陽の面を示すものとすれば、その陰の面――すなわち真剣での殺し合いがこの巻の後半で描かれることになります。

 江戸から故郷に帰るという馴染みの女郎への餞に、二人で芝居を見に行くことになった八郎。しかし芝居茶屋で一服した帰り、八郎たちは三人の刺客に襲われることになります。(まさか前の巻でサラリと振られた芝居見物の話がこんな形で展開するとは……)
 富長の件で八郎を逆恨みした攘夷浪士たちの襲撃に、八郎は生まれて初めての真剣勝負を経験することになるのです。

 言うまでもなく八郎は心形刀流の麒麟児、亡き父から子供の頃から真剣で稽古をつけられていたほどの超一流の剣士であります。しかしそんな彼をしても真剣での、それも一対多数の勝負は勝手が違います。
 経験者である永倉(と、ここで彼がピックアップされるのがいい)から聞いていたことを活かす間もなく、窮地に陥る八郎ですが……

 そこに思わぬ助けが入って逆転、そして初めての人斬りを経験する八郎。その人斬りのインパクトもさることながら、ここで驚かされるのは、救い主というのがあの名優・三世沢村田之助であることです。
 実はその日に八郎が見た芝居に出ていたのが田之助――ただそれだけの縁のはずが、偶然彼が浪士たちの企みを知ったことで、救い主を買って出ることになったのです。

 こうした展開は定番といえば定番ですが、しかしそれが沢村田之助というのが面白い。確かに田之助は幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎役者、その壮絶な晩年については様々な作品の題材となっているところですが――この時期の物語に、それも八郎と絡めてというのはかなり珍しい(少なくとも後者は初めて?)のではないでしょうか。

 果たしてこの出会いが、物語においてこの先どのような意味を持つのか。あるいは一時のすれ違いに過ぎないのかもしれませんが――それはそれで面白い趣向であったことは間違いありません。


 さて、剣の道の陽と陰を経験することによって、更なる強さを求めることを決意した八郎。折しも世情はさらに不安定になる中、彼の剣は何のために使われることとなるのか――時はまだ1861年、彼が本格的に世に出るまではまだ間があります。
 それまでに、そしてその先に何が描かれるのか、この先も楽しみにしたいと思います。

(しかしこの巻のラストエピソードは少々文字と理屈が多すぎな印象が……)


『MUJIN 無尽』第5巻(岡田屋鉄蔵 少年画報社ヤングキングコミックス) Amazon
MUJIN~無尽~ 巻之5 (ヤングキングコミックス)


関連記事
 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第1巻 優しさから荒波に向かう時の中で
 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第2巻 少年の成長、大人の燦めき
 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第3巻 激突、伊庭の小天狗vs試衛館の鬼!
 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第4巻 変と酒宴と悲劇の繋がり

|

« 仁木英之『師弟の祈り 僕僕先生 旅路の果てに』(その二) これが二人の旅路の終わり、そして始まり | トップページ | 長池とも子『旅の唄うたい』シリーズ 時空を超えて描かれる人々の美しい「情」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/66919504

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第5巻 八郎が見た剣の道の陽と陰:

« 仁木英之『師弟の祈り 僕僕先生 旅路の果てに』(その二) これが二人の旅路の終わり、そして始まり | トップページ | 長池とも子『旅の唄うたい』シリーズ 時空を超えて描かれる人々の美しい「情」 »