« 『盡忠報国 岳飛伝・大水滸読本』 17年間、全51巻の締めくくりに | トップページ | 『つくもがみ貸します』 第六幕「碧瑠璃」 »

2018.09.02

『つくもがみ貸します』 第五幕「深川鼠」

 麻布のとある神社に願い出れば願いを叶えてくれると評判の怪盗イタチ小僧。イタチ小僧を追う岡っ引きの平蔵も、出来心から神社に出雲屋のお姫人形が欲しいと願掛けしてしまうが、その通りにお姫が盗まれてしまった。イタチ小僧に恋してしまったお姫のためにも、小僧を追うことになる清次だが……

 前回ラストで描かれた清次とお紅、そして佐太郎の過去の回想の続きから始まる今回。佐太郎のところには、縁談話が来ている大店の娘が蘇芳の香炉を贈ってきたようですが、佐太郎自身は縁談に反対の様子。逆にお紅を嫁に迎えたいと言い出しますが、佐太郎の母はお紅に櫛を一つ渡し、これを元手に大金を作ってみせれば認めてやると上から目線であります。
 その後がどうなったかはさておき、前回ラストで浜松屋が持ち込んできた香炉は、単にそっくりさんでした、というオチで、とりあえず今回は過去関連のお話はおしまい。

 さて本筋ですが、浜松屋と入れ替わりに出雲屋にやって来たのは岡っ引きの平蔵。いま瓦版で大評判の怪盗イタチ小僧を追っているというのであります。このイタチ小僧、麻布の居酒屋で役人のセクハラに苦しんでいた店の娘が神社で願掛けをしたら、それに応えて現れ、役人を退治してくれたというのが初のお目見え。以来義賊イタチ小僧の人気はうなぎ登り、麻布の神社も小僧に願掛けしたいという参拝客で溢れている状況です。

 そこで神社に調べに向かった平蔵ですが、「出雲屋で一番値の張りそうなお姫人形が欲しい」などとトンチキな願掛けをしたのはまあいいとして、その後、十手をなくしてしまうという大失態。そこで清次に泣きつく平蔵ですが、さすがに出雲屋にも十手は置いていないのでした(もし置いてあったらどうしようかと思いましたよ……)。
 しかしてその晩、出雲屋に現れたのはイタチ小僧。平蔵の願い通りお姫人形を盗んだ小僧は、神社にお姫を置いて去ろうとするのですが――お姫は神社の神さまのフリをして、何故こんなことをするのか問います。答えて曰く、実はかつて金もなく行き倒れになりかけたイタチ小僧は、神社にお供えされていたサツマイモを囓って命を繋ぐことができた恩を返すため、神社に願掛けされた願いをせっせと叶えているというのであります。

 
翌日、神社にやってきた平蔵に見つけられて出雲屋に帰ってきたお姫ですが、実は彼女には、雑に扱われていた屋敷から盗み出され、その末に出雲屋に辿り着いたという過去がありました。そんなこともあって、義賊に人一倍の憧れを抱くお姫は、イタチ小僧にベタ漏れしてしまったのであります(しかしイタチ小僧はもはや義賊なのか何なのかわからないし、そもそも昔お姫を盗んだ男は普通に盗賊だと思います)。
 そんな彼女を見て、清次に小僧のことを調べるように言い出すお紅。自分も恋する乙女だから、ということかは知りませんが、これはやはり無茶振りではないでしょうか……

 さて、調べを続けていた平蔵ですが、イタチ小僧のおかげで神社が繁盛していたことから、正体は神社の関係者ではないかとなかなか鋭いところを見せます。が、むしろ神社側は芋ばかりお供えされて困惑している様子ですし、そもそも、最初にイタチ小僧に助けられたのは居酒屋の娘ではなくお婆さんであったことがわかります。
 さらにつくもがみを調べに出した清次は、瓦版での評判と実際の事件が異なる――というより、瓦版が現実の事件をことさらに大げさに書いていることに気付きます。そういえばイタチ小僧が出現する前は、瓦版の内容はイマイチで鳴かず飛ばずだったはず――と気付いた清次は、瓦版売りこそが小僧見破り、平蔵は瓦版売りを捕らえるのでした。

 瓦版売り=イタチ小僧の盗みの動機は瓦版を売るため、しかしイタチ小僧の瓦版で荒稼ぎした分は遊興費に消えてしまい、結局イタチ小僧を続ける羽目になったとか――悪いことはできないものです。何はともあれ、お姫の恋の相手は捕らえられてしまいましたが、今や彼女の関心は、新たに現れたという変な名前の義賊に向けられて――なかなか残酷なものであります。


 今回もオリジナルエピソードですが、脚本はベテラン・浦沢義雄。無生物が動いたり喋ったりする話を得意とするだけに、なるほど本作は適材適所――と思いましたが、どうも今回は物語を構成する要素がうまくかみ合ってない印象で、ミステリ要素も今一つであったのが残念なところであります。

 ちなみに何となくホンワカと終わりましたが、十両盗めば首が飛ぶこの時代、たぶんイタチ小僧は獄門だと思います。


『つくもがみ貸します』Blu-ray BOX 上ノ巻(KADOKAWA) Amazon
つくもがみ貸します Blu-ray BOX 上ノ巻


関連サイト
 公式サイト

関連記事
 『つくもがみ貸します』 第一幕「利休鼠」
 『つくもがみ貸します』 第二幕「梔子」
 『つくもがみ貸します』 第三幕「撫子」
 『つくもがみ貸します』 第四幕「焦香」

 「つくもがみ貸します」 人と妖、男と女の間に

|

« 『盡忠報国 岳飛伝・大水滸読本』 17年間、全51巻の締めくくりに | トップページ | 『つくもがみ貸します』 第六幕「碧瑠璃」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/67122952

この記事へのトラックバック一覧です: 『つくもがみ貸します』 第五幕「深川鼠」:

« 『盡忠報国 岳飛伝・大水滸読本』 17年間、全51巻の締めくくりに | トップページ | 『つくもがみ貸します』 第六幕「碧瑠璃」 »