« 『どろろ』 第三話「寿海の巻」 | トップページ | 廣嶋玲子『妖怪の子預かります 7 妖怪奉行所の多忙な毎日』 少年たちが見た(妖怪の)大人の世界? »

2019.01.24

梶川卓郎『信長のシェフ』第23巻 思わぬ攻防戦、ケンvs三好!?


 上杉謙信との対峙を経て、もはやほとんど向かうところ敵なしとなった信長。しかし未来を知るケンにとってはこれからが正念場、歴史を変えるために最後の現代人・望月を探すべく、三好家に接近しようとするのですが――その矢先に、松永久秀の無理心中に付き合わされたケンの運命やいかに!?

 謙信と信長の対面という、正史に残らぬ一大イベントを何とか成立させ、信長の作る世界を見届けるべく、歴史を変える決意を新たにしたケン。
 そのためには、不確定要素である自分たち現代人(この時代にとっては未来人)を複数揃える必要がある――と考えた彼は、この時代に来た直後に自分たちを襲ったのが四国の三好の残党であったと知り、そこから手がかりを得ようと考えるのでした。

 しかしケンはあくまでも信長のシェフ、勝手に持ち場を離れて三好の領国に行くわけにはいきません。おまけにここで謀反を起こした松永久秀がケンとの対面を要求。
 平蜘蛛の釜を手に入れてこいと信長の無茶ぶりもあって、ケンは信貴山城に向かったものの、久秀はケンを捕まえるともろともに自爆を……

 と、それ自体は火力が小さくて助かったものの、炎に包まれた信貴山城からの脱出は容易ではありません。それどころか、久秀はケンを道連れにしようとするのですが――ここでケンを救ったのは意外な「もの」。
 それが久秀に自分の時代の終わりを納得させ、従容と死に向かわせるというのが何とも切ないのですが、しかし一代のトリックスターに相応しい最期であったと感じさせます。


 そして年は改まり、自分の天下一統が五年後には終わると、各方面軍の司令官ら重臣たちに語る信長。しかし信長は、その先を――ケン以外にはほとんど理解できない目的を語ることになります。
(ちなみにここで登場する荒木村重、なかなかのポンコツ感が)

 さらに光秀を、その片腕とも言うべき役目に抜擢し、光秀もそれを受けて感激に震えるのですが――さて、こんな理想的な主従が、何故道を違えることになるのか。
 それはまだわかりませんが、光秀をも敬愛するケンは、彼も救う道を探すことになります。そしてそのためのか細い糸が望月の存在なのであります。

 そんなわけで本能寺の変を止めるために、まずは三好家に渡りをつけようとするケン。折りよく堺に行く用事を見つけた彼は、河内に所領を持つ三好康永を訪ねようとするのですが……

 と、ここからこの巻の後半で描かれるのは、何とか康永に会おうとするケンと、ケンのことを信長のスパイと勘違いした康永以下三好家との攻防戦(?)。
 自分がそんなとんでもない勘違い――まあ、信長のエージェントではあるような気がしますが――をされてるとは思いもよらぬケンと、様々な手段でケンを追い返そうとする三好家と、ボタンの掛け違いが妙に可笑しいのですが、もちろんそこで待ち受ける難局をくぐり抜けるのは料理の力であります。

 そしてもう一人の料理人との出会いもあって、誤解も解けたケンに対して康永が語るのは何か――正直に申し上げて今回、展開的には地味ではあり、史実ともほとんどリンクしないお話ではありますが、あまり緊迫感を感じずに読めるエピソードというのは、これはこれで貴重と言うべきでしょうか。
(そしてこのエピソードのオチというべきか、ジャガイモを巡る主従の問答がほとんど漫才で異常におかしい)


 この巻のラストでは謙信が逝き、一つの時代の終わりを感じさせるのですが――さて、本能寺の変まであと四年、長いようで短い時間の中で、ケンに何が為せるのか、何を為すのか?
 以前に信長を大敗させた村上水軍との戦い(?)が始まる予感もあり、引き続き次の巻も楽しみになります。


『信長のシェフ』第23巻(梶川卓郎 芳文社コミックス) Amazon
信長のシェフ 23 (芳文社コミックス)


関連記事
 「信長のシェフ」第1巻
 「信長のシェフ」第2巻 料理を通した信長伝!?
 「信長のシェフ」第3巻 戦国の食に人間を見る
 「信長のシェフ」第4巻 姉川の合戦を動かす料理
 「信長のシェフ」第5巻 未来人ケンにライバル登場!?
 「信長のシェフ」第6巻 一つの別れと一つの出会い
 「信長のシェフ」第7巻 料理が語る焼き討ちの真相
 「信長のシェフ」第8巻 転職、信玄のシェフ?
 「信長のシェフ」第9巻 三方ヶ原に出す料理は
 「信長のシェフ」第10巻 交渉という戦に臨む料理人
 『信長のシェフ』第11巻 ケン、料理で家族を引き裂く!?
 『信長のシェフ』第12巻 急展開、新たなる男の名は
 梶川卓郎『信長のシェフ』第13巻 突かれたケンの弱点!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第14巻 長篠への前哨戦
 梶川卓郎『信長のシェフ』第15巻 決戦、長篠の戦い!
 梶川卓郎『信長のシェフ』第16巻 後継披露 信忠のシェフ!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第17巻 天王寺の戦いに交錯する現代人たちの想い
 梶川卓郎『信長のシェフ』第18巻 歴史になかった危機に挑め!
 梶川卓郎『信長のシェフ』第19巻 二人の「未来人」との別れ、そして
 梶川卓郎『信長のシェフ』第20巻 ケン、「安心」できない歴史の世界へ!?
 梶川卓郎『信長のシェフ』第21巻 極秘ミッション!? 織田から武田、上杉の遠い道のり
 梶川卓郎『信長のシェフ』第22巻 ケンの決意と二つの目的と

|

« 『どろろ』 第三話「寿海の巻」 | トップページ | 廣嶋玲子『妖怪の子預かります 7 妖怪奉行所の多忙な毎日』 少年たちが見た(妖怪の)大人の世界? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梶川卓郎『信長のシェフ』第23巻 思わぬ攻防戦、ケンvs三好!?:

« 『どろろ』 第三話「寿海の巻」 | トップページ | 廣嶋玲子『妖怪の子預かります 7 妖怪奉行所の多忙な毎日』 少年たちが見た(妖怪の)大人の世界? »