« 平谷美樹『唐金の兵団 鉄の王』 出雲に甦る怨念の系譜 | トップページ | 野田サトル『ゴールデンカムイ』第16巻 人斬りとハラキリとテロリストと »

2019.01.03

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第13話「鮮血の恋歌」

 逃亡中の嘯狂狷を利用して、殤不患に挑戦状を叩きつける婁震戒。それに応えて魔脊山に向かった殤不患は、凜雪鴉と二人で婁震戒に立ち向かうが、七殺天凌の力を得た婁震戒の前に苦戦を強いられる。追い詰められた殤不患に残された起死回生の秘策とは……

 最終回らしくオープニングなしでスタートした今回。冒頭に登場するのは、前回ボッコボコにされて逃走途中の嘯狂狷、そして彼がすれ違ったのは、七殺天凌を背負った婁震戒であります。婁震戒が殤不患を探していることを知った嘯狂狷は、それを利用して復讐しようと彼をけしかけるのですが――嗚呼。
 嘯狂狷を追ってきた殤不患・凜雪鴉・浪巫謠の三人組が見たのは、樹にぶら下げられた上、胸元に挑戦状を留められた嘯狂狷の姿。ここまで生き延びたのにこんな最期を遂げるとは、自業自得とはいえ、あまりに無惨と言うほかありません。それはともかく挑戦状に指定された決戦の地、かつて玄鬼宗が根城にしていた魔脊山に向かう殤不患たちですが――七殺天凌を封印するための筆はあるものの、それを使うためには遣い手に手放させる必要があるわけで、それが難しい。

 その難事のために婁震戒と対峙する殤不患。不思議な因縁の二人ですが、今は(特に勝手に嫉妬に燃える婁震戒にとって)不倶戴天の敵同士、待ったなしで始まる両者の対決ですが――七殺天凌の魅了の力は健在の状況では、殤不患は眼を逸らして戦うほかありません。もちろん殤不患ほどの達人ともなれば、相手の気から動きを察知することは可能ではありますが、それは畢竟受けの剣でしかありません。さらに小技も交えて揺さぶりをかけてくる婁震戒に対し、凜雪鴉もついに参戦しますが、しかしそれでも七殺天凌を手にした婁震戒はあまりに強い。追い詰められた二人ですが――そこで凜雪鴉が取り出したのは、あの魔剣・喪月之夜!?

 そして凜雪鴉の振るう喪月之夜の一撃を受け、半ば異形と化した顔の下から、鋭い瞳を輝かせる殤不患。自分の意志を失った殤不患ですが、既に喪月之夜に操られる彼にとっては七殺天凌の魅了も効果なく――そしてその彼を操るのは、剣を取っては実は天下無双の凜雪鴉であります。無双の達人二人が力を合わせ、何の遠慮もなく戦うのですから、強いのなんの!(そして自在に殤不患を操る凜雪鴉は超ご満悦で、これはこれでまあよかったよかった)。
 さすがに追い詰められた婁震戒は、しかし魔力の源である喪月之夜さえなければ、と凜雪鴉に襲いかかります。激しくぶつかる七殺天凌と喪月之夜――と思いきや、喪月之夜に見えたのは凜雪鴉の煙管! 凜雪鴉得意の幻術にさすがの婁震戒も驚いた隙に、飛び込んできた浪巫謠は本物の魔剣を手にすると、殤不患の心臓を貫いて元に戻すのでした。

 そして凜雪鴉に動きを封じられている婁震戒に、拙劍無式・鬼神辟易を放つ殤不患。しかし敵もさるもの、婁震戒は以前空飛ぶ魔剣をへし折った蹴り足ハサミ殺しを再び放つ! ……が、相手の気を暴発させるのが鬼神辟易、その太刀を受けてしまったことが婁震戒の命取り――さすがの剣鬼もついに七殺天凌を手放して吹き飛ばされるのでした。
 そしてあの筆で中空に記される封印。そこに吸い込まれていく七殺天凌に飛びつく婁震戒――しかし一瞬遅く封印は閉じ、弾かれた婁震戒は深い谷に落ちていくのでした。

 そして無事魔剣目録を守りきった捲殘雲も(勝手に危ない任を引き受けたとおかんむりの丹翡ともども)合流し、封印の筆で魔剣目録に七殺天凌を戻す殤不患ですが――そこに描かれたのは婁震戒の片腕。封印の瞬間、婁震戒が片腕を犠牲にして七殺天凌を取り戻し、共に地の底に消えたのであります。
 しかしさすがにもはや再び人界に現れることはないだろうと(崖落ちは武侠ものでは生存フラグですが……)考えた一同、これで魔剣が2本減ったはずが、ようやく誤解を解いた伯陽候から3本の神誨魔械を託されて数が増えたりもしましたが、まずはめでたしめでたしであります。

 ……が、西幽の闇の中では、今回ほとんど出番のなかった禍世螟蝗たちが、蠍瓔珞など所詮一番の小物、などと悪役らしい言葉と共に敵意を燃やします。そしてそんな彼らに助力を申し出る魔界の者の影。殤不患と凜雪鴉に恨みを持つというその声の主は、かつて彼らと行動をともにした女、刑亥……


 というわけで、まずは大団円の本作。振り返ってみれば、ほとんど通りすがりのキャラがラスボスになったり、舞台の大半が狭いエリアの中だったり、凜雪鴉にいいところがほとんどなかったりしましたが、しかし普段は仲が良くない二人が息のあったところを見せたり、小技のトリックで一発逆転したりと、ラストバトルには十分満足させられました。

 そして第三期決定とのことですが――さてここから何を見せてくれるのか? 何のかんの言って参りましたが、もちろん大いに期待しているのであります。


『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』第4巻(アニプレックス) Amazon
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 4(完全生産限定版) [Blu-ray]


関連サイト
 公式サイト


関連記事
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第1話「仙鎮城」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第2話「奪われた魔剣」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第3話「蝕心毒姫」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第4話「親近敵人」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第5話「業火の谷」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第6話「毒手の誇り」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第7話「妖姫の囁き」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第8話「弦歌斷邪」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第9話「強者の道」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第10話「魔剣/聖剣」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第11話「悪の矜恃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第12話「追命靈狐」


 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第1話「雨傘の義理」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第2話「襲来! 玄鬼宗」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第3話「夜魔の森の女」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第4話「迴靈笛のゆくえ」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第5話「剣鬼、殺無生」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第6話「七人同舟」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第7話「魔脊山」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第8話「掠風竊塵」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第9話「剣の神髄」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第10話「盗賊の矜恃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第11話「誇り高き命」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第12話「切れざる刃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第13話「新たなる使命」(その一)
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第13話「新たなる使命」(その二) と全編を通じて
 『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』 剣鬼と好漢を描く前日譚と後日譚

|

« 平谷美樹『唐金の兵団 鉄の王』 出雲に甦る怨念の系譜 | トップページ | 野田サトル『ゴールデンカムイ』第16巻 人斬りとハラキリとテロリストと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/67553209

この記事へのトラックバック一覧です: 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第13話「鮮血の恋歌」:

« 平谷美樹『唐金の兵団 鉄の王』 出雲に甦る怨念の系譜 | トップページ | 野田サトル『ゴールデンカムイ』第16巻 人斬りとハラキリとテロリストと »