« 「コミック乱ツインズ」2019年6月号 | トップページ | 『邪馬台戦記 Ⅰ 闇の牛王』 確かな考証と豊かな発想で描く未知の世界 »

2019.05.22

『どろろ』 第十九話「天邪鬼の巻」

 折られた刀を打ち直してもらうため、刀鍛治・宗綱のもとを訪れた百鬼丸とどろろ。そこで宗綱の娘・おこわに気に入られ、熱烈な求愛を受ける百鬼丸だが、彼はそれを受け入れると言いだし、驚くどろろの口から出るのも二人を祝福する言葉だった。果たしておかしな現象の背後にあるものは……

 前回、多宝丸に刀を折られ、刀鍛冶を訪ねて旅をしてきた百鬼丸とどろろ。前回いきなりのおでこコツンムーブに驚かされましたが、百鬼丸的にはマイブームらしく、道ばたの馬にまでコツンし始める有様ですが――そんなこんなで旅を続けて、ようやく宗綱という腕利きの鍛冶がいる村を訪れた二人。村の若い男に宗綱のことを訪ねてみれば、宗綱の研いだ刃物は切れないし、娘はひねくれ者で器量も悪いというのですが――どろろが試してみればその刃物はスゴい切れ味なのですからおかしな話であります。

 それはともかく、宗綱の元を訪ねた二人の前に現れたのは、その娘・おこわ。器量云々などとんでもない、本作に登場するには違和感の方が大きい美少女なのですが――ここでよせばいいのにまた百鬼丸がおでこコツンをしたことで、後々大問題となります。
 さて、そこに現れた娘とは大違いの激シブな壮漢・宗綱は、何を見たのか、百鬼丸の刀を見るなり、まず供養をすると言い出します。そして四人で毘沙門天を祀る(伏線)村の寺を訪れるのですが――寺の屋根に潜んでいた奇怪な男が、何やら怪しい手振りをすると、同様の光で縁取られる百鬼丸の体。しかし彼を含めて、誰もそれに気づかず……

 さて、刀が打ちあがるまで村の宿屋に逗留することになった百鬼丸とどろろですが、そこに現れたのは、おでこコツンに完全に勘違いして、「百さま」とデレて食べ物まで持っておこわであります。何ともチョロいおこわですが――しかしハードボイルドの極みのはずの百鬼丸は、おこわと一緒になる、刀も体も要らない、と言い出すではありませんか。
 当然、あまりのことに動転し、激怒するどろろですが、百鬼丸は淡々と同じことを繰り返すばかり。それだけならまだしも、今度はどろろまでも、本心とは正反対に、百鬼丸がおこわと一緒になるのが嬉しい、お似合いだと言い出すようになってしまうのでした。

 そして話はとんとん拍子に進み、祝言を上げることになった二人。そんな二人に、村人たちは祝福――にはほど遠い暴言の連発をぶつけるのですが、それを誰も気にする様子もありません。再び二人の前に殴り込んだどろろも、口を開けば出てくるのはお祝いの言葉ばかり。ただ一人、冒頭登場した若者だけは、素直に祝福の言葉をかけるのですが……
 そしてその晩、百鬼丸がこんな調子だったら、おいらが刀を盗んでやると宗綱の元に忍び込んだどろろ。あっさり見つかってしまったどろろは、宗綱と刀のこと、百鬼丸のことを語るうちに、力の使い道を間違えさせないためにも、やはり百鬼丸の傍にいたいと語るのですが――あれ、言葉が元に戻ってる!?

 そこで自分たちの行動を振り返ってみて、おかしくなったのがあの寺参りからだと気付き、寺に向かうどろろ。そこで屋根の上の奇怪な小男を見つけ、石をぶつけてたたき落とすのですが――折悪しくそこに現れたのは、挙式のためにおこわに引きずられる形で寺に連れてこられた百鬼丸。小男に操られるまま、百鬼丸はどろろにのしかかると首を絞め始めるのでした。が――そこで小男の後ろから現れた宗綱が、小男を殴り倒してジエンド。術が解けて抱きしめてくる百鬼丸にどろろも別の意味で大弱りであります。

 さて、騒動のタネとなった小男の正体こそは、寺の仏像に踏みつけられていた天邪鬼(の像)。仏像の位置を直せば天邪鬼も消え、皆も術が解けて一件落着。かわいそうなのはおこわですが、明るく村人たちに頭を下げていると、そこにあの若者が現れて彼女に求婚、彼女もあっさり受け入れて……
 何はともあれ、刀も復活して嬉しそうな百鬼丸は村を旅立ちます。もちろんどろろと一緒に……


 非常にハードだった前回(というかいつも)が何だったのか、というギャグ回の今回。自分の思いとは正反対の言動を取らされて――というのは一種の定番ネタではありますが、その状態になるのが鉄面皮の(それでいて最近少しずつ喜怒哀楽が芽生えてきた)百鬼丸というのは愉快ではあります。
 しかし、百鬼丸とどろろは自分たちの言動に違和感を感じているのに村人はそうでもなさそうだったり、おこわには術の効果が全くない上に周囲の言動に疑問を持ってなかったり――と、妙に感じられる部分も多く、今一つノレなかった、というのが正直なところであります。

 もちろん色々考えれば理屈はつくのですが、しかし妙にわかりにくいのがかなり損をしていると感じます。結局、どろろならずとも「なんだこれ」という印象の今回でした。


『どろろ』下巻(バップ Blu-ray BOX) Amazon
【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「どろろ」Blu-ray BOX 下巻 (全巻購入特典 描き下ろし四曲屏風(364mm×257mm)・古橋一浩監督絵コンテ メイキングBD・完全版1話・24話絵コンテデータディスク・上下巻収納BOX 引換シリアルコード付)


関連記事
 『どろろ』 第一話「醍醐の巻」
 『どろろ』 第二話「万代の巻」
 『どろろ』 第三話「寿海の巻」
 『どろろ』 第四話「妖刀の巻」
 『どろろ』 第五話「守り子唄の巻・上」
 『どろろ』 第六話「守り子唄の巻・下」
 『どろろ』 第七話「絡新婦の巻」
 『どろろ』 第八話「さるの巻」
 『どろろ』 第九話「無残帳の巻」
 『どろろ』 第十話「多宝丸の巻」
 『どろろ』 第十一話「ばんもんの巻・上」
 『どろろ』 第十二話「ばんもんの巻・下」
 『どろろ』 第十三話「白面不動の巻」
 『どろろ』 第十四話「鯖目の巻」
 『どろろ』 第十五話「地獄変の巻」
 『どろろ』 第十六話「しらぬいの巻」
 『どろろ』 第十七話「問答の巻」
 『どろろ』 第十八話「無常岬の巻」

関連サイト
 公式サイト

|

« 「コミック乱ツインズ」2019年6月号 | トップページ | 『邪馬台戦記 Ⅰ 闇の牛王』 確かな考証と豊かな発想で描く未知の世界 »