« 『鬼滅の刃』 第八話「幻惑の血の香り」 | トップページ | 楠桂『鬼切丸伝』第8巻 意外なコラボ!? そして少年の中に育つ情と想い »

2019.05.29

『どろろ』 第二十話「鵺の巻」

 妖怪を探して美しい秋の山を行くどろろと百鬼丸の前に現れた青年・賽の目の三郎太。妖怪・鵺を追っていると語る三郎太は、しかしその実、鵺の手先となっており、戦いの中で百鬼丸たちは崖から転落してしまう。崖下で腕を岩に挟まれたどろろと助けようとする百鬼丸だが、その腕では思うにまかせず……

 久々に通常モードで妖怪探して二人旅のどろろと百鬼丸。しかしこれまで様々な戦いをくぐり抜けた二人の間に生まれた絆が、この旅を和やかで、そして何よりも楽しいものと変えます。生まれて初めて秋の山の美しさを味わうどろろ、どろろを気遣い口元には笑みすら浮かべて見守る百鬼丸――特にあの百鬼丸がこんなに成長したとは、と感慨深くなりますが、しかしこういう微笑ましい展開の後には地獄が待ち受けるのが本作であります。

 そんな二人の前に現れたのは、賽の目の三郎太と名乗る青年。この山の妖怪に恨みがあり、狙っているという彼は、母を妖怪に食らわれたと語り、胸には巨大な爪痕を残しているのですが――どこか荒んだその雰囲気の青年であります。
 何はともあれ、三郎太の言葉通り待ち受けていた山の上に現れた妖怪・鵺。伝説どおり、狒々の顔に虎の体、鷲の後ろ足と蛇の尻尾を持つ妖怪ですが、特に蛇は丸太並みの太さという怪物であります。しかしその姿も怖れず、鬼神と見抜いた鵺に斬りかかる百鬼丸ですが――その彼の後ろから三郎太が斬りつける! 実は妖怪に与し、この山に来る者を喰わせていたという、しらぬいに続いてヤバげな男・三郎太。そんな三郎太と鵺を向こうに回して戦いを繰り広げるうちに崖が崩れ、どろろと百鬼丸は下に転落することに……

 と、運良くほとんど無傷で崖下で目覚めた二人ですが、どろろの片腕が岩の隙間に挟まり、身動きが取れない状態。折悪しく、そこで水が湧き出し、放っておけば小柄などろろは水の下に沈みかねない状況であります。何とか岩を動かそうと必死になる百鬼丸ですが、しかし義手では思うように力が出せず、かえって自分を傷つけてしまう有様。しかしそれでもどろろを救うため、百鬼丸は自分の義手が壊れるのもかまわず、岩に手を叩きつけ続けるのでした。
 それでも岩は動かず、どろろが水中に没したかと思われたその時、見ていたかのようなタイミングで現れてどろろを救ったのは琵琶丸。しかし安堵する間もなく、百鬼丸は自分に生身の腕があれば! とばかりに山をよじ登り、鵺に再戦を挑むのでした。

 さすがに百鬼丸が崖から落ちても無傷で、しかもすぐに逆襲してくるとは思っていなかった三郎太ですが、しかし鵺には敵うまいと余裕顔。しかし鵺の渾身の一撃を受け止めた百鬼丸は、恐るべき戦闘力でもって、瞬く間に鵺をズタズタに引き裂いていきます。
 その信じられぬ光景を目の当たりにして、自分の過去を思い出す三郎太。かつて自分の母を背に山越えをしようとしていた時に鵺に襲われた三郎太は、自負していた己の剣が全く通じず、深手を負わされた恐怖のあまり、一人逃げ出したのであります。大事にしていた母が自分に縋るその手を、あまりに無惨な形で振り払って……。そしてその後、村人とともに鵺討伐に出かけたものの、村人たちが恐怖の表情も露わに次々に喰われていく様に、ついに三郎太の中で何かが壊れたのでした。

 その鵺を瀕死となるまで追い詰めた百鬼丸の行動を羨みながら、しかし自分はそうはなれないと鵺に喰われることを選んだ三郎太。それが如何なる形で作用したのか、鵺は半ば失われた顔から三郎太の半身を生やし、背中に生まれた巨大な鳥の翼を羽ばたかせて空から百鬼丸に襲いかかる――!
 と、百鬼丸を追って山を登ったどろろと琵琶丸が見たものは、あちらこちらに残された鵺の残骸――そして地に墜ちた鵺にとどめを刺さんとする百鬼丸の姿。三郎太に、こいつは人間ではなかったと呟かせるような血まみれの姿で……

 が、鬼神を討ったにもかかわらず――どろろが引くほどに百鬼丸が鵺の死骸に斬りつけても――百鬼丸の体の一部は戻りません。そう、あのばんもんの九尾を討った時のように。
 そしてその頃、地獄堂の鬼神像を確かめに向かっていた多宝丸主従。彼らが目撃したのは、鬼神像の一つが、命を持つもののように不気味に輝く姿だったのであります。


 おそらく残すところあと五話となった本作。ここで原作でも以前のアニメ版でも最後の妖怪だった鵺が登場するのですが――物語は思わぬ方向に転がっていくこととなります。
 以前「おや?」と思いつつも何となく忘れていた、九尾を倒した後に戻ってこなかった百鬼丸の体の一部。これは果たして、以前縫の方が語った百鬼丸の体を食い損ねた鬼神が、百鬼丸の体を新たに奪ったということなのでしょうか。そして九尾の時と今回とで、共通するのは果たして……

 しかし三郎太といえば、今回ミドロ号は――?


『どろろ』下巻(バップ Blu-ray BOX) Amazon
【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「どろろ」Blu-ray BOX 下巻 (全巻購入特典 描き下ろし四曲屏風(364mm×257mm)・古橋一浩監督絵コンテ メイキングBD・完全版1話・24話絵コンテデータディスク・上下巻収納BOX 引換シリアルコード付)


関連記事
 『どろろ』 第一話「醍醐の巻」
 『どろろ』 第二話「万代の巻」
 『どろろ』 第三話「寿海の巻」
 『どろろ』 第四話「妖刀の巻」
 『どろろ』 第五話「守り子唄の巻・上」
 『どろろ』 第六話「守り子唄の巻・下」
 『どろろ』 第七話「絡新婦の巻」
 『どろろ』 第八話「さるの巻」
 『どろろ』 第九話「無残帳の巻」
 『どろろ』 第十話「多宝丸の巻」
 『どろろ』 第十一話「ばんもんの巻・上」
 『どろろ』 第十二話「ばんもんの巻・下」
 『どろろ』 第十三話「白面不動の巻」
 『どろろ』 第十四話「鯖目の巻」
 『どろろ』 第十五話「地獄変の巻」
 『どろろ』 第十六話「しらぬいの巻」
 『どろろ』 第十七話「問答の巻」
 『どろろ』 第十八話「無常岬の巻」
 『どろろ』 第十九話「天邪鬼の巻」

関連サイト
 公式サイト

|

« 『鬼滅の刃』 第八話「幻惑の血の香り」 | トップページ | 楠桂『鬼切丸伝』第8巻 意外なコラボ!? そして少年の中に育つ情と想い »