« 『鬼滅の刃』第十二話 「猪は牙を剥き 善逸は眠る」 | トップページ | 石川ローズ『あをによし、それもよし』第2巻 ミニマリスト山上、「山上憶良」になる!? »

2019.06.24

黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第16巻 最後の時まで屈することない男たちを描いて


 もはや一人一冊/一殺という状態で(史実がそうだといえばそうなのですが)、ファンとしては悲鳴と涙しか出ない本作。前々巻では近藤が、前巻では原田が散り、この巻では沖田の最期の姿が描かれることとなります。一方、続く悲劇と絶望に壊れた土方は……

 一度は脱出しながらも、宇都宮城での戦いで土方を救うために首の座に就いた近藤。一度は袂を分かちながらも、誠の旗を背負い、薩摩最強の伊地知と戦って散った原田。
 それまでに命を落とした者たちも含め、誠の旗の下に集った若者たちが次々と散っていくのには、それが史実(原田は置いておくとしても)とはいえ、こちらも土方の如くがっくりと沈み込みたくなるばかりであります。

 しかし歴史はさらに非情です。ここで待ち受けるのは更なる悲しみ――そう、沖田総司の最期の刻なのですから。


 結核を病み、もはや土方たちと行動するのも不可能となった沖田。彼に残されたのは、サイゾー(懐かしい!)を友に、江戸での療養と称した、自分が徐々に衰えていくのを見つめる日々のみであります。

 そんな中、ひたすら新選組隊士たちを追いつめ、苦しめることを快とする鈴が送り込んだのは、人の声色を忠実に再現する力を持つ黒猫めいた幼い双子・腦(なづき)と頭(つむり)。
 彼らを沖田の家に忍ばせ、夜な夜な土方や隊士らの声を聞かせることで、沖田を精神面からも追い込もうという、頭のどこを使えばこれほど鬼畜なことを思いつくのか――と言いたくなるほどの企みであります。

 しかし――ここで我々は、沖田の無垢なる心と、それが生んだ奇跡を目撃することになります。
 彼を苦しめるために再生される、彼を置いて旅立ったかつての仲間たちの声。しかしそれは決して沖田ににとっては絶望の響きなどではなく――そしてそれをもたらした者たちすら歓迎すべきものとして、沖田は受け止めてみせるのであります。

 それが何をもたらすのか――これ以上を語るのは野暮というものですが、しかしその無垢な心が起こした一つの、いやたくさんの奇跡には、こちらはただただ涙するしかなかった、というのが正直なところであります。
 死の床にあった沖田が黒猫を斬ろうとしたというのは有名な逸話ですが、それをこのような全く正反対の、こうであって欲しかったという形で描いてみせるとは!

 そしてここに至り気付くのであります。近藤も、原田も、沖田も、他の者たちも――本作で描かれる新選組隊士たちは、運命の悪意(鈴の存在はその象徴というべきでしょう)に翻弄され、地獄のような境遇で喘ぎ苦しみながらも、決して負けなかった、と。
 決して最後の時まで屈することなく、そして最後の時にはいまだ戦い続ける仲間たちを信じ、自分の生を生ききる――新選組の男たちは、そんな見事な最期を遂げたのだと。


 だとすれば――彼らに置いて行かれたと、残された者たちが沈み続けているわけにはいかないことは言うまでもありません。
 近藤の死に深い衝撃を受け、ほとんど廃人のような有様となった土方。この先伝説になるであろう、モブおじさんたちに路地裏に引っ張り込まれるほど壊れた土方も、ついに沖田の最期を知り、動くことになります。

 もっともそれが素直に前向きになるわけではないのは困ったものですが――いや、それも復活のための前奏曲というべきでしょう。
 生き残った隊士たちが、いやそれだけではなく「彼ら」までもが集まり、背中を押す中で立ち上がる土方。その姿は、お約束といえばそうかもしれませんが、しかしやはりこの上なく胸を打つのであります。

 いささか失礼なことを申し上げれば、このまま最終回でも満足してしまいそうになるほど……


 しかしもちろん、ここで物語が終わってよいはずがありません。先に述べたとおり、本作が、最後の最後まで生ききる新選組隊士たちの姿を描く物語であるとすれば、描かれるべきものはまだ数多くあるのですから。

 それでも――巻末に掲載された、連載ペースを落とすという作者の宣言には、むしろ心から共感し、納得してしまうのもまた事実。それは一番辛いのは、確かに作者ご自身でしょう、と。
 この先もまだまだ地獄は続くことでしょう。それでもその先に光があることを祈って――気長に待つことといたします。


『PEACE MAKER鐵』第16巻(黒乃奈々絵 マッグガーデンビーツコミックス) Amazon
PEACE MAKER 鐵 16 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)


関連記事
 「PEACE MAKER鐵」第6巻 歴史への絶望と希望
 「PEACE MAKER鐵」第7巻 北上編開始 絶望の中に残るものは
 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第8巻 史実の悲劇と虚構の悲劇と
 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第9巻 数々の新事実、そして去りゆくあの男
 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第10巻 なおも戦い続ける「新撰組」の男たち
 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第11巻 残酷な史実とその影の「真実」
 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第12巻 逃げる近藤 斬る土方 そして駆けつけた男
 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第13巻 無双、宇都宮城 そして束の間の……
 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第14巻 さらば英雄 そして続出する病んだ人
 黒乃奈々絵『PEACE MAKER鐵』第15巻 闘いの獣、死闘の果てに

|

« 『鬼滅の刃』第十二話 「猪は牙を剥き 善逸は眠る」 | トップページ | 石川ローズ『あをによし、それもよし』第2巻 ミニマリスト山上、「山上憶良」になる!? »