« 『鬼滅の刃』 第十四話「藤の花の家紋の家」 | トップページ | 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第16巻 哀しき巨人・岩柱の過去 そして最終決戦の幕上がる! »

2019.07.08

8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 雨が降ったり暑くなったりと、ようやく暦通りの気候になってきました。いよいよ夏本番、学生の方はもう少し夏休みですが、出版の方まで休みに入ってしまったらイヤだなあ――と思っていたところですが、その点はご安心を、というわけで8月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 まず文庫新刊の方では、内容詳細は一切わからないものの、この作者であれば作者買いして大丈夫、の武内涼『不死鬼』に期待。
 そしてシリーズものの新刊としては、鎌倉時代初期の京を舞台とした瀬川貴次『百鬼一歌』第3巻が登場であります。

 一方、文庫化・復刊では、何といっても宮本昌孝の戦国ロマン『ドナ・ビボラの爪』上下巻に注目です。
 その他、今年に入ってからも快調なペースの谷津矢車『三人孫市』(中公文庫)、シリーズ第2弾も刊行の上田秀人『茜の茶碗』、久々に新装版で登場の海道龍一朗『惡忍』が目立ったところでしょうか。

 また、アンソロジーでは『決戦! 関ヶ原2』が文庫化、そして創元推理文庫での末國善己編集の時代ミステリ選集は、南條範夫『血染めの旅籠 月影兵庫ミステリ傑作選』が登場します(月影兵庫はあまりミステリというイメージがなかっただけに気になるところです。)


 そして漫画の方ですが、新登場は、忠見周『幕末イグニッション』第1巻。忠見周は同月に異色すぎる時代アクション『竜侍』第1巻も発売されます。
 その他、大石まさる『大江戸スモーキングマン』全1巻、第1巻・第2巻同時発売の和風ファンタジー、鶴淵けんじ『峠鬼』が気になります。

 そしてシリーズものの最新巻では、何と言っても和月伸宏『るろうに剣心 明治剣客浪漫譚・北海道編』第3巻が楽しみなほか、川原正敏の『修羅の刻』第18巻と『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』第13巻が刊行されます。
(『修羅の刻』は個人的にはちょっと意外な主人公とライバルで吃驚)
 また、『龍帥の翼』の他にも、張六郎『千年狐 干宝「捜神記」より』第2巻、許先哲『ヒョウ人 BLADES OF THE GUARDIANS』第3巻と、ユニークな中国ものが豊作です。

 その他、上田倫子『蘭と葵』第7巻、楠桂『鬼切丸伝』第9巻、さいとうちほ『輝夜伝』第3巻と注目作が並びますが、さいとうちほは、新釈ルパンものの『VSルパン』の新巻が久々に登場するのも嬉しいところであります。



|

« 『鬼滅の刃』 第十四話「藤の花の家紋の家」 | トップページ | 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第16巻 哀しき巨人・岩柱の過去 そして最終決戦の幕上がる! »