2019.07.21

夢枕獏『陰陽師 女蛇ノ巻』 定番に留まらない怪異と霊異の世界


 実に3年ぶりの『陰陽師』シリーズ新刊であります。本書に収録されているのは全12編――いつもと変わらぬ、そして同時にそれぞれ極めてユニークな物語が収められた、楽しい一冊です。

 平安の大陰陽師・安倍晴明と、彼の親友で笛の名手・源博雅――このコンビが様々な怪異や霊異に出会う連作も、本書でもう16作目であります。
 本シリーズといえば、のんびりと風景を眺めながら酒を楽しんでいた二人のもとに依頼が持ち込まれ、「ゆくか」「ゆこう」そういうことになったのであった――というのが定番ではありますが、本書ではそれを踏まえた作品ももちろん多いものの、それだけに留まらない作品も少なくないのが、一つの特徴と言えるでしょう。

 晴明とは敵とも友人ともつかぬ、何ともユニークな立ち位置の蘆屋道満が主人公を務める『狗』『にぎにぎ少納言』や、そのタイトルどおり、むしめずる姫君が主人公となる掌編『露子姫』など、シリーズのサブレギュラーたちが中心となる物語。
 あるいは、観相の名手として「今昔物語集」に登場する登照の背負ったものを、少々捻った構成で博雅と晴明が解き明かす『相人』など――このように本書は先に述べた定番に収まらない物語も、様々に含まれているのです。

 あるいはその理由の一つは、冒頭に述べた全12編という作品数にあるかもしれません。シリーズのファンであれば気付かれるかと思いますが、この数は、一冊に収められるにはずいぶん多い数字(これまでは9編前後を収録)であり――言い換えれば一作辺りの分量は比較的抑えめということになります。
 そのため、定番に依らない(定番を描かない)作品が多いのでは――いや、そんなことを云々するのは、無粋というものでしょう。

 大事なのは、こうして描かれた作品の一つ一つが、それぞれ独自の味わいを持って、この『陰陽師』の世界を広げ、そして我々を楽しませてくれるということなのですから。


 もちろん、その一方で、本書にはシリーズの定番をきっちり踏まえ、晴明と博雅が恐ろしくも奇怪な怪異に挑む物語も、当然ながら収められております。

 その代表格は、『土狼』と『墓穴』の二作でしょうか。前者は、京の夜の闇の中で突如人の片足を食いちぎる謎の獣の正体と、突如人が変じたように凶暴となった貴族を結ぶ因縁を描く物語。そして後者は、近江の野中の墓穴で恐怖の一夜を明かした男が奇怪な症状で倒れたことをきっかけに、この地に潜む魔物の姿が明らかになる物語――と、どちらも定番でありつつも、本シリーズらしいひねりを効かせた内容となっています。

 特に『墓穴』は、結末に至り大いに伝奇的な――そしてシリーズファンであればニヤリとさせられる真実が明かされる点も面白く、怪異との対決という点では、本書随一の内容ではないでしょうか。

 また、本シリーズの魅力の一つである、どこかすっとぼけた霊異の物語という点では『月を呑む仏』が面白いところであります。
 神泉苑に夜毎現れる薬師如来が、水面に映る月を呑み込んで消してしまうという奇怪極まりない怪異もさることながら、その背後のある霊異と「真犯人」の意図が何とも楽しい。
 そしてクライマックスに描かれるある光景の突き抜けたスケール感にはただ驚き呆れるほかなく――これもまた、本シリーズの面白さをよく表した物語かと思います。

 ちなみに本書は、巻末の一編を除いて全て「オール讀物」に掲載されたものですが、その一編『蝉丸』は、CD+書籍というユニークな形式で発売された『蝉丸 陰陽師の音』に掲載された作品。
 内容的にはこれまでシリーズで何度か言及された、蝉丸にまつわるある出来事を描いたものなのですが――これまた『陰陽師』シリーズに欠かせない魅力である「自然」「音」「美」といったものの描写がたっぷり詰まった作品で、何ともたまらないものがあります。


 シリーズ開始から実に30年以上を経過した『陰陽師』ですが、まだまだこれほど豊饒な世界を見せてくれるとは――と嬉しくなってしまうような一冊であります。


『陰陽師 女蛇ノ巻』(夢枕獏 文藝春秋) Amazon
陰陽師 女蛇ノ巻


関連記事
 全ては一つの命 「陰陽師 瘤取り晴明」
 「陰陽師 瀧夜叉姫」 晴明が晴明で、博雅が博雅である限り
 「陰陽師 首」 本当は恐ろしい…のに魅力的なおとぎ話
 「陰陽師 鉄輪」 絵物語で甦る代表作
 「陰陽師 夜光杯ノ巻」 変わらぬ二人の世界
 「陰陽師 天鼓ノ巻」 変わらぬからこその興趣
 「陰陽師 醍醐ノ巻」 居心地の良い怪異譚
 「陰陽師 酔月ノ巻」 変わらないようでいて変わり続けるということ
 「陰陽師 蒼猴ノ巻」 ルーチンワークと変化球と
 『陰陽師 螢火ノ巻』 なおも新しい魅力とともに
 夢枕獏『陰陽師 玉兎ノ巻』 30年目の物語、月の物語

|

2019.06.15

山本巧次『開化鐵道探偵 第一〇二列車の謎』 徳川埋蔵金が映し出す時代の境目の想い


 デビュー作『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう』もドラマ化された作者が、明治時代の鉄道を舞台に描くミステリシリーズの第2弾です。元八丁堀同心と鉄道技手のコンビが、今回挑むのは、何者かによって脱線させられた新型車両から発見された千両箱を巡る数々の謎であります。

 逢坂山トンネルの怪事件から6年後の明治18年――開業間もない大宮駅で、新型車両を連結した貨車の脱線が発生。それが何者かがポイント切り替えを行ったことによるものだった上に、脱線した車両から、記録にない小判のつまった千両箱が発見されたことから、大事件に発展することになります。
 その積み荷を乗せたのは群馬の高崎――高崎といえば、末期の幕府を支えた勘定奉行・小栗上野介が隠棲し、官軍に処刑された地。すなわちこの千両箱は、密かに囁かれてきた徳川家の埋蔵金ではないのか!? と……

 そんな中、長州五傑の一人にして、今は日本の鉄道網整備に邁進する井上勝に呼び出された元八丁堀同心・草壁賢吾と、なりゆきから彼の助手を務めてきた鉄道技手・小野寺乙松は、この事件の調査のために高崎に向かうことになります。
 高崎で二人を待ち受けるのは、千両箱=徳川埋蔵金を巡って火花を散らす没落士族、自由党の過激派、そして警察。そんな一触即発の状況下で、ついには高崎駅で自由党員が殺害される事件までが発生するのでした。

 小野寺の新妻で高崎出身の綾子まで捜査に加わり、三つ巴、四つ巴の構図の中で、草壁が明かす事件の真相とは……


 鉄道が日本中に普及する前、先人たちが文字通り道を切り開こうとしていた時代を舞台に描かれる時代鉄道ミステリとも言うべき本シリーズ。
 前作は逢坂山トンネルに対する妨害工作に挑む草壁&小野寺コンビの姿が描かれましたが、今回は鉄道脱線を巡る事件だけでなく、何と徳川埋蔵金を巡る謎解きまでが加わり、大いにそそられるところであります。

 誰が鉄道を脱線させたのか、何故その貨車に千両箱が乗せられていたのか。高崎駅で何故殺人は起きたのか。そして何よりも、本当に埋蔵金は存在するのか……
 上で述べたように、埋蔵金を巡って各勢力が入り乱れる中、事件の様相も前作に比べてグッと派手になり、クライマックスでは大乱戦も勃発するサービスぶりですが――主人公サイドも、新たに綾子が加わって賑やかになったのが楽しいところであります。

 美しく聡明で非の打ち所のない女性――のようでいて、いささか好奇心が強すぎて、隙あらば事件に首を突っ込んでくるという彼女の存在は、ある意味お約束ではあります。しかし前作同様、時に端正すぎる部分がある本作をいい感じにかき回してのが楽しいところです。(彼女の存在を含めて、様々な点で前作での不満点を解消しに来ているのは好感が持てます)


 しかし本作で最も強く印象に残るのは、やはり小栗上野介の、徳川幕府の埋蔵金の存在でしょう。
 もちろん本作のオリジナルではなく、現代に至るまで、幾度も存在が囁かれてきた小栗上野介の埋蔵金。フィクションの題材となることもしばしばですが――本作は上で述べてきたように、この埋蔵金の存在がそもそもの発端であり、事件に関わる者たちを動かす原動力であり、そして全ての謎の淵源とも言える存在なのであります。

 そして埋蔵金はそれだけでなく、一種の鏡としての役割をも果たします。埋蔵金を巡る人々の――明治18年という、江戸時代の残滓がどんどん消えていく一方で、まだ完全に新たな時代が来たわけではない、そんな狭間の時代に生きる人々の心を映す鏡として。

 本シリーズの舞台そして題材は、鉄道という新たな時代の象徴ともいうべき存在であります。しかしそんな新たな時代に乗り切れない人々もいます。古い時代の傷に苦しむ人々もいます。
 そんな時代の境目で人々が抱えるやりきれない想いは、埋蔵金に対する態度にも表れます。そしてそんな想いが引き起こす事件を、やはり元八丁堀同心という過去を持ちつつ、それに囚われない草壁が解決していく――そんな構図は、何とも象徴的に感じられるのです。

 もっとも本作のような物語においては、草壁のその囚われなさが少々ずるいな、と感じさせられるのも事実なのですが……


 何はともあれ、前作以上に時代ミステリとして楽しめた本作。続編があるならば、舞台はやはりラストに登場したあの地ではないかという気もしますが――さて。


『開化鐵道探偵 第一〇二列車の謎』(山本巧次 東京創元社ミステリ・フロンティア) Amazon
開化鐵道探偵 第一〇二列車の謎 (ミステリ・フロンティア)


関連記事
 山本巧次 『開化鐵道探偵』 端正な明治ものにしてミステリ、しかし

|

2019.06.06

『妖ファンタスティカ』(その三) 日野草・誉田龍一・谷津矢車


 操觚の会の「書き下ろし伝奇ルネサンス・アンソロジー」『妖ファンタスティカ』の紹介の第三弾であります。

『遠夜』(日野草)
 養子に出された後に職を転々とし、今は手習い指南所の師匠として静かに暮らす青年・京悟。ある晩、「首(おびと)」とだけ名乗る傷だらけの男を助け、匿った京悟ですが、男は謎めいた言葉を残して姿を消すのでした。
 その翌日、遺恨から不良武士たちと果たし合いをすることとなった京悟。相手の刃が彼に迫ったまさにその瞬間、首が現れ……

 結成以来、驚くほどの勢いでメンバーを増やしてきた操觚の会ですが、作者は最も新しいメンバーの一人であり――そしてミステリをホームグラウンドとしている作家です。

 その物語で主役を務めるのは、いかにも時代小説らしい手習い所の師匠の好青年。しかし彼の前に謎めいた人物が現れそして消え、そして剣戟の場に彼が立たされた時――隠された数々の真実が明かされ、そして物語は思わぬ方向に向かっていくこととなります。
 青年が抱えていた屈託と、罪の記憶。しかしそれよりも遙かに深い闇と対峙した時、彼は何を思うのか……

 ミステリの手法を用いて揺れる青年の心の揺らぎを描き、そしてホラーとしてそれをちっぽけな感傷とあざ笑うような怪異を叩きつける――作者の実力のほどをうかがわせる作品です。


『血抜き地蔵』(誉田龍一)
 大学時代の友人から久々に呼び出された語り手。そこで彼を待っていたのは、二人が学生時代に出会った、とある寺院に伝わる血抜き地蔵の伝承の証拠とも言うべきものでした。
 それに関わった者は、悉く体内から赤い血を失い、苦しみ抜いて息絶えたといわれる血抜き地蔵。彼らが知ったその正体とは……

 現代人が語り手という思わぬスタイルの本作は、しかし彼の目を通じて、江戸時代の山村を襲った土俗的怪異の存在を語るという、変格の時代伝奇というべき物語。
 もちろん語り手が血抜き地蔵の奇怪な伝承を知るのは、古文書を通じてなのですが――過去という遠くに存在し、彼らに関わるはずもなかった怪異が、気付けば目の前にあるという、一種の遠近法的怪異描写は、なかなかにスリリングであります。

 あ実に豪快な怪異の正体や、(語り手にとっては)理不尽極まりない結末といい、どこか懐かしい伝奇ホラーの味わいを漂わせる佳品です。


『生き過ぎたりや』(谷津矢車)
 「生き過ぎたりや廿五 逸兵衛」と鞘に大書された太刀を手に、江戸のかぶき者たちを束ねてきた大鳥逸兵衛の耳に入ってきた奇怪な噂。それは江戸に彼と瓜二つの男が出没して、派手に暴れ回っているというものでした。
 もちろん彼にとっては覚えのない話――噂の主を捕らえるべく江戸を奔走し、ついに出会った逸兵衛は、まさに自分と瓜二つの相手が奇怪な存在であると知るのですが……

 本書のトリを務めるのは、『伝奇無双』では巻頭を飾った作者の作品。そしてこれが実に作者らしさに溢れた作品であります。

 開府直後の江戸で、主に中間や小者たちを束ね、武士たちの向こうを張って暴れ回った実在のかぶき者・大鳥逸兵衛(逸平)。
 タイトルにもなっている刀の文字に表れているように、明日を考えぬ勢いで生き、そしてその通りに死んでいった人物ですが――しかし本作はその彼が巻き込まれたドッペルゲンガー騒動を通じて、彼の隠された心中を描き出すのです。

 デビュー以来、能力を持ちながらも社会という壁にぶつかり、あがきながら生きる(あるいは死ぬ)若者の姿を多くの作品で描いてきた作者。
 そんな彼らの姿は作者自身に通じるものを感じる――というのはさておき、本作もまた、怪異という鏡を通じて、彼らの姿を、痛烈に浮かび上がらせているといえます。

 ……と、実はこの辺りは作者自身の言葉にもはっきりと表れているのですが、いずれにせよ、短編ながら実に作者らしい作品と申し上げた所以であります。


 次回(最終回)に続きます。


『妖ファンタスティカ 書き下ろし伝奇ルネサンス・アンソロジー』(書苑新社ナイトランドクォータリー別冊) Amazon
妖(あやかし)ファンタスティカ?書下し伝奇ルネサンス・アンソロジー (ナイトランド・クォータリー (別冊))


関連記事
 操觚の会書き下ろしアンソロジー『伝奇無双 「秘宝」』(その一) 谷津矢車・神家正成
 操觚の会書き下ろしアンソロジー『伝奇無双 「秘宝」』(その二) 早見俊・秋山香乃・新美健
 操觚の会書き下ろしアンソロジー『伝奇無双 「秘宝」』(その三) 誉田龍一・鈴木英治・芦辺拓
 操觚の会書き下ろしアンソロジー『伝奇無双 「秘宝」』(その四) 朝松健

|

2019.05.21

「コミック乱ツインズ」2019年6月号


 元号が改まって最初の「コミック乱ツインズ」誌は、表紙と巻頭カラーが橋本孤蔵『鬼役』。その他、叶精作『はんなり半次郎』が連載再開、原秀則『桜桃小町』が最終回であります。今回も印象に残った作品を一つずつ紹介いたします。


『勘定吟味役異聞』(かどたひろし&上田秀人)
 新年早々、宿敵・紀伊国屋文左衛門の訪問を受けた聡四郎。後ろ盾の新井白石と袂を分かった不安、自分の振るった剣で多くの者が主家から放逐されたことなどを突かれた上、自分と組んで天下を取ろうなどと突拍子もない揺さぶりを受けるのですが――そんな紀文の精神攻撃の前に、彼が帰った後も悩みっぱなし。ジト目の紅さんのツッコミを受けるほどでありますす(このコマが妙におかしい)。

 その一方で紀文は、その聡四郎に敗れたおかげで尾張藩を追われた当のリストラ武士団の皆さんに資金投下して煽りを入れたり暗躍に余念がありません。聡四郎が悩みあぐねている間に、主役級の活躍ですが――その上田作品名物・使い捨て武士団に下された命というのは、次期将軍の暗殺であります。これはどうにも藪蛇感が漂う展開ですが――さて。


『宗桂 飛翔の譜』(星野泰視&渡辺明)
 大橋家から失われた七冊の初代宗桂の棋譜を求めてはるばる長崎まで向かった宗桂と仲間たち。ようやく二冊まで手に入れた一行は更なる手掛かりを求めて長崎の古道具屋に辿り着くのですが――そこで待ち受けるは、インスマス面の店主による心理試験で……

 と、将棋要素は、心理試験に使われるのが異国の将棋の駒というくらいの今回。むしろ今回は長崎編のエピローグといったところで、旅の仲間たちが、楽しかった旅を終えてそれぞれ家に帰ってみれば、その家に縛られ、自分の行くべき道を自分で選ぶこともできない姿が印象に残ります。
 そんな中、ある意味一番家に縛られている宗桂が見つけたものは――というところで、次回から新展開の模様です。


『カムヤライド』(久正人)
 難波の湊に出現した国津神の前に立ちふさがり、相手の攻撃を受けて受けて受けまくるという心意気の末に国津神を粉砕した新ヒーロー、オトタチバナ・メタル。しかし戦いを終えた彼女に対し、不満げにモンコは突っかかっていって……
 と、早くも二大ヒーロー揃い踏みの今回、オトタチバナ・メタルとすれ違いざまにカムヤライドに変身するモンコの姿が非常に格好良いのですが、傍若無人なまでのオトタチバナのパワーの前に、文字通り彼も悶絶することになります。

 ヒーロー同士が誤解や立場の違いから衝突する、というのは特撮ヒーローものの一つの定番ですが、しかし気のせいか最近のモンコはいいとこなしの印象。そしてガチムチ女性がタイプだったらしいヤマトタケルは、その彼女に後ろから抱きつかれて――いや、この展開はさすがにない、という目に遭わされることになります。
 そして緊縛要員の彼のみならず、モンコまで縛られ、二人の運命は――というピンチなんだけど何だかコメントに困る展開で次回に続くのでした。


『用心棒稼業』(やまさき拓味)
 今回は「かまいたち愛」編の後編――江戸でとある大店に用心棒として雇われた三人ですが、夏海が心惹かれた店の女中・おりんは、実は極悪非道な盗賊・かまいたちの首領の女で……。と、夏海にとってはショッキングな展開で終わった前回を受けて、今回はさらに重くハードな物語が展開します。

 おりんの口から、そのあまりに過酷な半生を聞かされた夏海。かまいたちにしばられた彼女を救うため、店を狙うかまいたちを倒し、おりんが愛する男と結ばれるのを助けようとする夏海ですが――しかし物語はここから二転三転していくことになります。
 薄幸の女・おりんを巡る幾人もの男。その中で彼女を真に愛していたのは誰か、そして彼女の選択は……

 本作名物の剣戟シーンは抑えめですが、クライマックスである人物が見せる「目」の表情が圧巻の今回。無常しかない結末ですが、これを見せられれば、これ以外のものはない――そう思わされるのであります。


 その他、今回最終回の『桜桃小町』(原秀則&三冬恋)は、江戸を騒がす火付けの濡れ衣を着せられた友人の許婚を救うため、桃香が活躍するお話。絵は良いけれども何か物足りない――という作品の印象は変わらず、やはり「公儀隠密」という桃香の立ち位置が最後まですっきりしなかった印象は否めません。


「コミック乱ツインズ」2019年6月号(リイド社) Amazon
コミック乱ツインズ 2019年6月号[雑誌]


関連記事
 「コミック乱ツインズ」2019年1月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2019年1月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2019年2月号
 「コミック乱ツインズ」2019年4月号
 「コミック乱ツインズ」2019年5月号

|

2019.05.18

山口貴由『衛府の七忍』第7巻 好青年・総司と、舌なき者らの声を聴く鬼と


 タイムスリップまで飛び出して、いよいよノってきた印象の『衛府の七忍』、第7巻をほとんど丸々使って描かれるのは、「魔剣豪鬼譚」沖田総司編――タイムスリップで元和の世に現れた総司の姿であります。新たな生き方を模索する総司の前に現れる柳生宗矩、そして新たな鬼との戦いの行方は……

 壬生狼として幕末の京で恐れられながらも、今は病を得て江戸で療養中の沖田総司。しかし突如愛刀・菊一文字とともに元和元年の江戸にタイムスリップした彼は、来て早々に旗本狩りを行う鬼と遭遇することになります。
 鬼の口から「今」が幕末ではないことを知り、行く当てもなく放浪する総司。今度は柳生宗矩と遭遇してしまった彼は、売り言葉に買い言葉で宗矩と刃を交えることとなります。

 宗矩の勝手な納得でその場はなんとか収まり、町道場に転がり込むこととなった総司。町道場といえば総司にとっては馴染みの場、そこで師範代となった彼は、道場の一人娘と結ばれ、新たな生を生きることを決めるのですが……


 前巻の後半から登場した沖田総司。江戸時代初期の物語に幕末の総司が!? という違和感がほとんどゼロなのは、変身ヒーローから巨大ロボットまで何でもありの世界観ゆえ――というのは確かですが、しかしそれ以上にその人物造形による点が大きいと感じます。

 そんな本作の総司を一言で表せば「イマドキの好青年」。敵とみれば全く容赦せずに冷徹に叩きのめすその姿は鬼より怖い壬生の狼そのものですが、しかしその性格は純粋で物怖じせず、そして良い意味で武士らしさを持たない実に気持ち良い青年であります。
 その物腰は柔らかく明るく(軽く)、女性に対しては紳士的。そして何かといえばモノローグで「土方さん、総司○○です」と語りかける姿は何とも微笑ましいものがあります。

 特にこの巻の冒頭、行き場をなくした総司が、河原で暮らす夜鷹たちの中に紛れ込んで彼女たちと仲良く言葉を交わす姿は、夜鷹を人間扱いしないこの時代の武士たちとは全く対照的な、彼の人物像を示す名場面でしょう。
 個人的には一つのエピソードがあまり長いのは苦手なのですが、この総司であればもっと長く見ていたい――という気分になるのであります。


 しかし、本作は総司の青春、いや凄春記ではなく、あくまでも「鬼」を巡る物語であります。
 このエピソードで登場する鬼は旗本狩りの鬼・霓鬼――その正体は刀剣御試役・谷衛成。あらゆる体勢から、あらゆる太刀で相手を斬る丹波流試刀術の達人である彼もまた、夜鷹たちから慕われる武士らしくない武士ですが――しかし皿を割っただけで無惨な仕置きを受けた少女・雀を御試の名目で斬らされた際に、鬼に変じた彼女とともに怨身し、「舌なき者らの声」を聴く鬼と化したのであります。

 あるいは人間として出会えば、肝胆相照らす仲になったかもしれない総司と衛成ですが、しかし夜鷹たちに対する幕府のあまりの非道に対して雀が行った報復が、今度は総司の――と、怨念が怨念を呼び、総司と衛成いや霓鬼はついに激突することに……(そして巻き込まれる宗矩)

 幕府の非道に対するのが衛府の鬼たちであるとすれば、彼らと敵対する者たちは、すなわち非道の手先――というのがこの『衛府の七忍』の基本フォーマットであります。
 しかし作品中作品ともいうべき「魔剣豪鬼譚」で描かれるのは、その衛府の鬼たちに対して、己の信念と戦う理由を持って戦う剣豪の姿。どちらが単純な悪というわけではなく、むしろどちらも正しい――その姿は、弱者の復讐譚というべき『衛府の七忍』の、ある種のバランス感覚、内側からの強烈なアンチテーゼとして感じられます。


 何はともあれ、どちらも負けて欲しくない戦いがここに始まったのですが――しかし少々気になるのは、総司の徳川家康とその元和偃武への、あまりに無邪気な信頼感であります。
 それは新選組隊士としてはある意味当然のものなのかもしれませんが、しかしそれこそが鬼を生み出していると知った時、総司はそこに「誠」を見出すことができるのか――霓鬼との決着以上に、その点が大いに気になるところなのです。


『衛府の七忍』第7巻(山口貴由 秋田書店チャンピオンREDコミックス) Amazon
衛府の七忍 7 (チャンピオンREDコミックス)


関連記事
 山口貴由『衛府の七忍』第1巻 新たなる残酷時代劇見参!
 山口貴由『衛府の七忍』第2巻 第四の怨身忍者、その名は……
 山口貴由『衛府の七忍』第3巻 新章突入、南海の守護者と隻腕の武士と
 山口貴由『衛府の七忍』第4巻 怨身忍者も魔剣豪も食らうもの
 山口貴由『衛府の七忍』第5巻 武蔵、二人の「父」との対峙の果てに
 山口貴由『衛府の七忍』第6巻 あの惨劇を描く作者の矜持

|

2019.04.16

「コミック乱ツインズ」2019年5月号


 「コミック乱ツインズ」2019年5月号の表紙は山本康人『軍鶏侍』。そして巻頭カラーは、今号から連載再開、新章突入のかどたひろし『勘定吟味役異聞』であります。今回も、印象に残った作品を一つずつ紹介しましょう。

『勘定吟味役異聞』(かどたひろし&上田秀人)
 というわけで今回から第四部『相剋の渦』に突入することとなった本作。第三部のラストで、間部越前守の密約の証を独断で焼き捨てたことで新井白石の怒りを買った水城聡四郎ですが、まあそれでもとりあえず身分は保障されているのは公務員のありがたいところであります。
 しかしそんな中で発生した、間部越前守襲撃事件。それにヒントを得た尾張藩主・徳川吉通は、実力で越前守を排除して自分が七代将軍の座に就こうと考え、そのために紀伊国屋文左衛門を動かすことになります。そしてそれが聡四郎に思わぬ影響を……

 と、第一回は間部越前守を襲う刺客たちと護衛の忍びの戦いは描かれたものの、主人公の殺陣はなし。しかし銃弾のような勢いで繰り出される棒手裏剣の描写などは、素晴らしい迫力であります。
 そして権力亡者たちが陰険な(あるいは浅はかな)企みを巡らせる一方で、聡四郎は着飾った紅さんと新年を祝ってめでたいムードですが――しかしそこでとんでもない年始回り(?)現れて、早くも波乱の雰囲気で続きます。


『いちげき』(松本次郎&永井義男)
 永井義男の『幕末一撃必殺隊』の漫画化である本作は、相楽総三率いる薩摩の御用盗に対して、勝海舟が秘密裏に集めた百姓たち「一撃必殺隊」が繰り広げるゲリラ戦を描く物語。
 これまで「コミック乱」誌の方で連載されていたものが今回から移籍、それも内容の方は、一撃必殺隊乾坤一擲の相良暗殺作戦という佳境からのスタートであります。

 人でごった返した金杉橋の上で、白昼堂々相良たちを襲撃する一撃必殺隊。降りしきる雨の中、柄袋をつけたままだったり、手がかじかんでそれを外せなかったりと、相手が混乱する中で襲いかかるという超実戦派のバトルが面白いのですが――その一方で、無数の庶民が巻き添えを食らって無惨に死んでいく描写がきっちりと描かれるのが凄まじい。
 テロvsカウンターテロの泥沼の戦いの行方は――いきなりクライマックスであります。


『軍鶏侍』(山本康人&野口卓)
 妻と子二人とともに平和に暮らしていた「軍鶏侍」こと岩倉源太夫の前に現れたおかしな浪人・武尾福太郎。源太夫の秘剣「蹴殺し」を見たいという武尾は、源太夫の長子・市蔵を拐かしてまで立ち会いを望んで……

 というわけで、今回は秘剣に取り憑かれた男の物語の後編。作品冒頭からその存在が語られながらも、ついぞ使われず仕舞いだった「蹴殺し」については、武尾ならずとも気になるところでしたが――今回ついにその一端が明かされることになります。
 その剣理たるや、なるほど! と感心させられるものでありましたし、養子である市蔵を巡る源太夫の老僕の怖い思惑なども面白いのですが、しかしいかにも温厚篤実な人格者然とした源太夫に対して、あまりにも武尾のビジュアルが――というのが前回から気になったところ。

 ちょっと残酷すぎるのではないかなあ、と見当違いなところが気になってしまった次第です。


『カムヤライド』(久正人)
 百済からの交易船に化けて難波に現れた新たな国津神に立ち向かうヤマトの黒盾隊。さしもの黒盾隊も「神」を前にしては分が悪い――という時に隊長のオトタチバナ(!)が切り札として鋼の鎧に魂を遷し、新たな戦士が……

 という衝撃の展開となった今回、何が衝撃ってどう見てもメタルヒーローなその外見(と名前)もさることながら、ファイティングスタイルが回避を一切拒否、全て受けて受けて受けまくるという、板垣恵介のキャラみたいなのには、驚くというより困惑であります。
 もっとも、結局は定番通り(?)目が光って光線剣でシルエットになってフィニッシュなのですが――それはともかく、旧き土の力で国津神を封じるカムヤライドに対して、黒金で国津神に抗するというのは、これはこれで平仄のあった考え方になっているのが、これはさすがと言うべきでしょう。

 今回はほとんど驚き(というかツッコミ)役だったモンコですが、果たして新たな戦士の登場に、彼は何を想うのか――いよいよ盛り上がってきました。


「コミック乱ツインズ」2019年5月号(リイド社) Amazon
コミック乱ツインズ 2019年5月号 [雑誌]


関連記事
 「コミック乱ツインズ」2019年1月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2019年1月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2019年2月号
 「コミック乱ツインズ」2019年4月号

|

2019.04.12

ゆうきまさみ『新九郎、奔る!』第1巻 ややこしい時代と世界を描く「漫画」の力


 発売と同時に第1巻を読み、紹介しようと思いつつも機会を逃し、ついに第2巻発売の日が来た『新九郎、奔る!』、今更ながらで大変恐縮ですが第1巻の紹介であります。伊勢新九郎――後の北条早雲の姿を、その少年時代、応仁の乱の直前から描こうという意欲作であります。

 元祖戦国大名とも言うべき存在である北条早雲。かつては一介の素浪人から身を起こしたと言われていましたが、今は室町幕府の政所(財政担当)執事・伊勢氏の支流の出身とされており――と言っても、正直なところ前半生はだいぶ馴染みのない人物であります。
 その北条早雲=伊勢新九郎を、1493年に彼が鎌倉公方の御所に討ちいることにより下克上の狼煙を上げた場面から描く本作は、すぐに時代を遡り、1466年の未だ元服前の新九郎(千代丸)の姿から描くことになります。

 政所執事・伊勢貞親の義弟を父に持ち、その父に呼ばれて京に上った新九郎。元服した兄・八郎や姉の伊都とともに暮らし始めた新九郎は、そこで幕府の政治の何たるかを目の当たりにすることになります。
 しかしそれに慣れる間もなく、足利義視排斥を狙った貞親が逆に排斥されるという文正の政変が勃発、新九郎の両親もそのあおりを受けて都落ちを余儀なくされるのでした。

 貞親の子・貞宗とともに京に残った新九郎は、細川勝元の近くに仕えることとなるのですが、今度は勝元と山名宗全の対立を目の当たりにすることになって……


 1467年に勃発した応仁の乱の、その前年から物語が展開していく本作。ここ数年、一種のブームとなった感のある応仁の乱、そして室町時代でありますが、しかしそれなり以上に興味を持つ人間でも、やはり非常にややこしい時代であることは間違いありません。

 その最大の理由は、言うまでもなく入り乱れまくった人間関係にあります。将軍の権威が失われつつあるこの時代、幕府を実質的に支える有力武家たちが林立そして対立するだけでなく、その諸家の中でも家督争いが頻発する状態であります。
 何しろその上の将軍からして、足利義視と義尚で争っていたわけですが――いずれにせよ、その争いが様々な形で入り乱れ、しかも時に敵味方が入れ替わるのですから、見ている方はたまったものではありません。

 ……が、たまったものではないのは、その時代を実際に生きた人間たちの方こそ。本作はそんなややこしい時代を、新九郎という少年の目を通じて、鮮やかにそして賑やかに、そして何よりも我々にとってもわかりやすく描いてみせるのです。


 もちろん、状況が状況だけに、説明の台詞などは非常に多かったりもするのですが、しかしその印象を和らげ、物語をスムーズに展開してみせる本作の武器は、その「漫画」らしさにあります。
 例えば物語の序盤、京に出てきたばかりの新九郎に、父が現在の状況を説明する場面で、いきなり画面上からスクリーン(?)が降りてきたり、登場人物同士の会話の中に「武家のリアル」「ウィンウィンの関係」といった言葉が普通に出てきたり……

 生真面目な方は顔をしかめるかもしれませんが、それが実際に目にしてみれば、するりと入ってくる、許容できてしまうのは、漫画家としての作者の力というほかありません。
 この融通無碍な「漫画らしさ」は、本作に始まったわけではなく、作者の作品であればお馴染みのものではありますが――それが実に鮮やかに、効果的に感じられるのは、先に述べたとおりのややこしい物語世界だからこそなのでしょう。

 そしてもう一つ魅力的なのが、人物描写の巧みさであります。この巻の後半、新九郎が近く接することになる細川勝元は、応仁の乱の中心人物の一人。謀略渦巻く幕府の中枢にいたこともあり、あまりよいイメージをもたれない人物であります。
 本作の勝元のビジュアルも、いかにも怜悧で、常に目が笑っていない人物として描かれるのですが――その勝元がフッと人間味を見せる場面が印象的なのです。

 そして彼のライバルともいうべき山名宗全も、いかにもというビジュアルながら、しかし人間味の感じられる描写で――決して怪物ではない、血の通った人間たちの描写が、より我々を物語に引き込んでくれるのす。


 正直なところ、作者と歴史漫画は今一つ結びつかなかったのですが(『ヤマトタケルの冒険』は、まあ……)、これほどまでに合うとは、と嬉しい驚きの『新九郎、奔る!』。
 この巻で描かれるのは応仁の乱の前夜まで、いよいよ始まる未曾有の乱を、本作が漫画として如何に描くか――期待するほかありません。


『新九郎、奔る!』第1巻(ゆうきまさみ 小学館ビッグコミックスペシャル) Amazon
新九郎、奔る! (1) (ビッグコミックススペシャル)

|

2019.04.03

吉川景都『鬼を飼う』第5巻 奇獣争奪戦の中の彼の血の意味


 昭和初期を舞台に、奇妙な姿と奇怪な能力を持つ奇獣たちを巡る物語『鬼を飼う』も巻を重ねて第5巻。奇獣を惹きつける血の持ち主である帝大生・鷹名をはじめとする人々を巻き込んで展開する事件は、いよいよ混沌とした様相を呈することになります。

 奇獣商の男・四王天と、彼が連れる少女姿の奇獣・アリスに出会ったことで、にわかに奇獣絡みの事件に巻き込まれるようになった鷹名。
 しかし身辺が騒然となってきたのは四王天も同じ――明らかに人間の手による奇獣騒動の続発に何者かの影を感じた彼は、自分をマークしてきた特高の特殊部隊と手を組むことになります。

 そして事態に対処するには手数が必要と考えた四王天は、密かに鷹名に奇獣商になるための試験を受けさせるのですが、それが思わぬ騒動に発展。その中で自分の血にまつわる宿命を知った鷹名は……


 はじめは奇獣にまつわる市井の人情ホラー連作的な味わいのあった本作。しかし物語が進むに連れて世界観は次々と広がり、前の巻辺りから、「奇獣の兵器利用」を巡る暗闘に、物語の中心が完全に移った印象があります。
 しかし物語がこれほどスケールアップすると、鷹名の出番はなくなってくる――ということはないのが本作の面白さであります。この巻においては、以前語られた鷹名の出生の秘密が、再びクローズアップされることになるのですから。

 かつて水の神(と信じられたモノ)を祀る一族に生まれ、神の贄として育てられてきた鷹名。ある事件から一族は鷹名を残して滅びましたが、代々神の贄となってきた一族の末裔である彼は、奇獣を惹きつける「鬼飼血統」と呼ばれる血を持っていたのであります。
 四王天により水の神は滅ぼされ、鷹名は宿命から解放されたかに見えましたが――しかし同じ水の奇獣・アリスと宿命的に引き寄せ合う彼は、アリスが傷を負わされた際に暴走。その結果起きた大騒動は前の巻で描かれましたが、それを受けてこの巻では、彼の鬼飼血統の真実が、さらに掘り下げられて描かれることになります。

 と、かなり深刻かつ重い展開の中でも、元々天然気味だった鷹名は相変わらずなのが実に愉快なのですが――この落差は本作全体を貫く、一種の魅力と言ってよいでしょう――そこで一端が描かれた彼の力は、物語の本筋ともいうべきある奇獣争奪戦に大きな意味を持つことがここで明らかになります。

 四王天がその存在を知ると目され、一連の事件の背後で糸を引く怪軍人・宍戸が追い求める伝説の奇獣「ナンバー04」。奇獣を食らい、奇獣のあるところに現れ、そしてけた外れの殺傷力を持つというこの「ナンバー04」を御することができれば――それがどのような意味を持つかは明らかでしょう。

 本作で描かれてきた奇獣にまつわるルールの一つ、「奇獣を操る魔法はない」――その例外を巡り、この先の物語は展開していくのでしょう。


 その一方で、以前登場したイイ女を目指しながら徹しきれない人情家の(元)女給の竜江や、彼女に奇獣を与えた奇矯な(元)富豪など、一度限りかと思われたキャラクターが再登場し、物語を賑やかにしてくれるのが嬉しい。
 先に述べたとおり、市井を舞台とした連作という側面もある本作ですが、それが伝奇的な展開と結びつくことで、お互いの持ち味をより引き出しているように感じられます。
(というより、個人的には純粋に竜江さんのエピソードが好きだったので再登場は実に嬉しいのです)

 そしてその二つの流れのある意味接点であり、本作随一の(?)一般人である鷹名の友人・司を巡り、ちょっと気になる展開を描いて終わるこの第5巻。
 正直に申し上げれば、本作がこれほどまでにスケールアップし、独自の伝奇世界を作り上げていくとは、物語を読み始めた時には思っていなかったのですが――いまや、最も目が離せない伝奇漫画の一つになっていると感じられます。


『鬼を飼う』第5巻(吉川景都 少年画報社ヤングキングコミックス) Amazon
鬼を飼う 5 (5巻) (ヤングキングコミックス)


関連記事
 吉川景都『鬼を飼う』第1巻 薄暗い世界の温かい日常
 吉川景都『鬼を飼う』第2巻 異形の人情譚と骨太の伝奇物語と
 吉川景都『鬼を飼う』第3巻 大人サイドと青年サイドで描く二つの奇獣譚
 吉川景都『鬼を飼う』第4巻 鷹名を待つ試練と彼を見守る者

|

2019.03.30

『決戦! 賤ヶ岳』(その一) 賤ヶ岳の戦の、その先の屈託


 おなじみ『決戦!』シリーズの第7弾は『決戦! 賤ヶ岳』。ある合戦に参陣した武将たちを、各作家が一人ずつ描く本シリーズですが、今回は少々他とは異なる趣向があります。それは本書に収録されている全7作品が、敵味方それぞれの武将ではなく、賤ヶ岳七本槍たちを主人公としていることであります。

 信長の後継者を巡り、羽柴秀吉軍と柴田勝家軍が激突し、結果として秀吉の天下を招くこととなった賤ヶ岳の戦。ある意味これも天下分け目の戦いではありますが、しかし秀吉と勝家が直接対決したわけではなく、規模も(シリーズの他の戦に比べれば)大きくない一戦であります。
 はっきり言えばスターが少ない賤ヶ岳の戦を、このシリーズでいかに描くかと思えば、それが冒頭に述べたとおり、いわゆる賤ヶ岳の七本槍――この戦で奮闘した秀吉麾下の加藤清正・糟屋武則・脇坂安治・片桐且元・福島正則・平野長泰・加藤嘉明の七人をそれぞれ主人公にして描くというのは、これは実に面白い趣向でしょう。

 といっても七本槍のうち、(武将として)後世によく知られるのは清正・正則・嘉明くらい。その辺りをどう描くのか――と思えば、これもまた、それぞれに趣向を凝らした内容となっているのが実に面白い。以下、本書の中で特に印象に残った作品を紹介しましょう。


『糟屋助右衛門の武功』(簑輪諒):糟屋武則
 別所家の家臣であった兄と袂を分かつ形で織田家に仕えたものの、周囲からは外様で寝返りものと陰口を叩かれてきた助右衛門(武則)。そんな彼にとって武功を挙げるまたとない機会が、賤ヶ岳の戦でありました。
 しかし七本槍に数えられたものの、逆に正則や清正に比べれて自分の限界が見えてしまった助右衛門は、武将としての立身をあきらめてしまうのですが……

 上に述べたとおり、同じ七本槍といっても、その内実は、そしてその後の境遇も大きく異なる彼ら七人。本書では、賤ヶ岳の戦そのものだけでなく、その後の彼らの姿を――その抱えた屈託を描く作品が少なくないのですが、本作はその中でも最も心に残った作品であります。

 成果さえ挙げれば未来が開けると思い詰めていたものが、いざ挙げてみればその行き着く先が見えてしまった――戦国武将ならずとも何とも身につまされるシチュエーションですが、本作はそこで終わりません。
 本作はそんないわば等身大の悩みを抱えた武則の姿を描きつつも、しかしそこでは終わりません。再び魂を燃やし、再起してみせる姿を力強く描いてみせることで――たとえその結果がどうであろうとも――大きな感動を呼ぶのであります。


『しつこい男』(吉川永青):脇坂安治
 その空気を読まないしつこさと、それと裏腹の微妙な実力のために、かねてより朋輩から、いや時には主君の秀吉からも嘲られてきた安治。
 賤ヶ岳七本槍と呼ばれたものの、その後の致命的な失策で秀吉に勘気を被り、いてもいなくてもいい男とまで秀吉に言われてしまった安治は、腹を括って伊賀上野城を寡兵で攻めるのですが……

 関ヶ原で西軍につきながらも、戦場で小早川ともども寝返って友軍を攻めたことで歴史に名を残る安治。そんな何ともしまらない彼を、さらにしまらない姿で描いてしまうのですから、本作は容赦がありません。
 こういう○○人衆の中ではありがちな「数合わせ」呼ばわりによって、ついに堪忍袋の緒を切らした安治。その行き着く先は――いやはや、これはこれで一個の武士と言うべきでしょうか、結末が妙なカタルシスを呼ぶ一編であります。
(そして、先に紹介した『糟屋助右衛門の武功』の結末とも奇妙な対応を見せるのが何とも……)


 思ったよりも長くなったため、次回に続きます。


『決戦! 賤ヶ岳』(天野純希ほか 講談社) Amazon
決戦!賤ヶ岳


関連記事
 『決戦! 関ヶ原』(その一) 豪華なるアンソロジー、開戦
 『決戦! 関ヶ原』(その二) 勝者と敗者の間に
 『決戦! 関ヶ原』(その三) 関ヶ原という多様性
 『決戦! 大坂城』(その一) 豪華競作アンソロジー再び
 『決戦! 大坂城』(その二) 「らしさ」横溢の名品たち
 『決戦! 大坂城』(その三) 中心の見えぬ戦いの果てに
 『決戦! 本能寺』(その一) 武田の心と織田の血を繋ぐ者
 『決戦! 本能寺』(その二) 死線に燃え尽きた者と復讐の情にのたうつ者
 『決戦! 本能寺』(その三) 平和と文化を愛する者と戦いと争乱を好む者
 『決戦! 川中島』(その一) 決戦の場で「戦う者」たち
 『決戦! 川中島』(その二) 奇想と戦いの果てに待つもの
 『決戦! 桶狭間』(その一)
 『決戦! 桶狭間』(その二)
 『決戦! 関ヶ原』(その一) 豪華なるアンソロジー、開戦
 『決戦! 関ヶ原』(その二) 勝者と敗者の間に
 『決戦! 関ヶ原』(その三) 関ヶ原という多様性
 『決戦! 設楽原 武田軍vs織田・徳川軍』(その一)
 『決戦! 設楽原 武田軍vs織田・徳川軍』(その二)
 『決戦! 設楽原 武田軍vs織田・徳川軍』(その三)

 『決戦! 忠臣蔵』(その一)
 『決戦! 忠臣蔵』(その二)
 『決戦! 新選組』(その一)
 『決戦! 新選組』(その二)

|

2019.03.24

「コミック乱ツインズ」2019年4月号


 一号間が開いてしまいましたが、「コミック乱ツインズ」4月号の紹介であります。今月の表紙はどどんと大きな海老天が目印の『そば屋幻庵』、巻頭カラーは『宗桂 飛翔の譜』。今回も、印象に残った作品を一つずつ紹介いたします。

『土忍記 砂塵と血風』(小島剛夕)
 小島剛夕の名作を再録する「名作復活特別企画」第八回は、前号にも掲載された『土忍記』シリーズの一編。刺客に追われながら諸国をさすらう抜け忍たちの姿を描く短編集であります。
 風と砂塵の中、とある村にやってきた旅の侍・平八。破落戸に襲われていた土地の豪農の娘・八重を助けた平八は、請われて彼女の屋敷に滞在することになります。
 父を亡くした後、隣の土地の郷士に嫌がらせを受け続けている八重と土地の者を助けるため、荒れ果てた地の開墾を始める平八。八重に慕われる平八に、彼女に仕える青年・助次郎は敵意を燃やすのですが……

 流れ者が苦しむ弱者を救い、また去って行くという定型に忠実な本作。タイトルのとおり、アクションシーンのバックに吹いている風の激しさ、厳しさが印象に残る物語であります。
 が、内容的にはちょっと驚くくらいストレートで、実はこちらの方が抜け忍なのでは――と思った方が本当にただの人間だったのはちょっと吃驚。いや、こちらが勝手に深読みしただけなのですが……


『カムヤライド』(久正人)
 今号から新章突入の本作、国津神を覚醒させる男・ウズメと対決したものの傷を負わされ、取り逃がしてしまったモンコとヤマトタケルは難波を訪れることになります。
 折しも湊には百済からの交易船が到着し、ヤマトの精鋭部隊・黒盾隊が警備を行っていたのですが――そこに出現したのは毒霧と強靱なハサミを操る国津神。さしもの黒盾隊も苦戦する中、現れた彼らのお頭の力とは……

 というわけで、いきなり登場したごっつい連中・黒盾隊。その名の通り、巨大な盾を用いたアクションがユニークなチームなのですが――しかしそんな彼らでも国津神には敵わない、という時に現れた彼らの隊長は、腹筋シックスパックの女傑、その名はオトタチバナ……!!!
 いつかは登場するだろうと思っていた人物ですが、あまりに意外なビジュアルに驚いていれば、ラストにはさらなる驚きが。「魂遷(ダウン)」なるかけ声の下に巨大な盾の中から現れたその姿は、メタルヒーロー……?(何となく女バトルコップを連想)

 ついに登場した第二の変身能力者。ヤマトに属する彼女は味方なのか、そして一体何者なのか――大いに気になるヒキであります。
(ただし、絵はちょっと荒れ気味だった印象が……)


『用心棒稼業』(やまさき拓味)
 前号から続くエピソード「雲助の楽」の後編である今回、とある宿場の雲助・楽と出会った用心棒三人組とみかんですが、楽は自分の息子とその嫁、お腹の子供を面白半分に殺した大名を殺すために雲助となった男だったのです。
 その楽の想いに共鳴し、命を捨てて大名行列を襲おうとする雲助たち、そして彼らに雇われた三人組――というわけで、この後編で描かれるのは、楽と雲助たちの復讐戦の有様であります。

 いかに雲助たちが多数とはいえ、相手は鉄砲隊も備えて完全武装した、いわば軍隊。三人組の助太刀があったとしても、普通であれば到底敵うはずもないのですが――しかし降りしきる雪の中、文字通り決死の覚悟で襲いかかる楽と雲助たちの姿は壮絶の一言、さしもの三人組も一歩譲った感があります。
 そしてその復讐戦の中心はいうまでもなく楽――普段は実に「いい」顔つきの中年男性である彼が、鎌一丁片手に大名行列に阿修羅の如く突っ込む様はただただ凄まじく、クライマックスの5ページ余りは、自分が何を見ているのかわからなくなるほどのドドドド迫力でありました。

 雷音のしみじみとした述懐もどこか空々しく聞こえる、ただただ凄まじい、怒濤の如き回でありました。


 さて、次号からは『勘定吟味役異聞』が再開。これは以前からの予定通りですが、「コミック乱」の方で連載されていた『いちげき』が移籍というのはちょっと吃驚であります。


「コミック乱ツインズ」2019年4月号(リイド社) Amazon
コミック乱ツインズ 2019年 04 月号 [雑誌]


関連記事
 「コミック乱ツインズ」2019年1月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2019年1月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2019年2月号

|

より以前の記事一覧