2019.01.16

張六郎『千年狐 干宝「捜神記」より』第1巻 怪異とギャグと絆が甦らせる新しい古典の姿


 4世紀に東晋の学者・干宝が著した怪談・奇談集である『捜神記』。その名を副題に関する本作は、その『捜神記』をモチーフに、一人の妖狐とその周囲の妖怪・神仙と人々の姿を、時にコミカルに、時にシリアスに、時に感動的に描く、風変わりな連作集であります。

 中国は晋の時代(3世紀頃)、役人の張華を訪ねてきた美しい書生・廣天。博学で知られる張華も到底及ばぬ知識を持つ廣天を、張華の友人・孔章は妖怪ではないかと疑うのですが――果たして廣天の正体は、千年を生きた狐でありました。
 犬をけしかけても正体を現さない廣天に対し、千年生きた木を燃やせば妖怪が正体を現すと知った孔章は、燕昭王の墓地に立つ華表(柱)が千年を経た木を用いたものだと知り、切りに行くのですが……

 この冒頭のエピソードは、第18回MFコミック大賞を受賞し、本書には第0話「張茂先、狐と会う事」として収録されているもの。そしてこのあらすじ自体は『捜神記』の「張華擒狐魅」とほぼ同じ内容でありますが――しかし実際の作品を読んでみれば、その印象は大きく異なります。
 ……というのもこのエピソードに限らず、本作の基本的なトーンは実にコミカル。大いに真面目な話をしているはずが、ちょっとしたところにギャグが入り、それがまたテンポよく実におかしいのです。
(冒頭、狐姿の廣天が禹歩だか反閇を踏むシーンだけで爆笑であります)

 しかし本作は古典を忠実に漫画化しただけのものでなければ、それをギャグにしただけのものでもありません。そんな本作の独自性は、この第0話によく現れています。

 これは物語の内容を明かしてしまって恐縮ですが、原典の結末では、華表を燃やした火に照らされて正体を現した狐はそのまま殺されてしまいます。
 しかし本作は原典とはある意味全く逆の結末を迎えることになります。そこにあるのは人間と妖怪の対立ではなく、むしろ人間と妖怪の間に生まれた絆の姿をなのですから……
(まあ、とんでもないギャグも描いているのですが)


 そしてこれ以降、張華が往古の物語から怪異を――なかんずく狐の怪異を集めたという態で描かれる物語も、原典を踏まえつつも、ギャグと、そして人と妖怪の絆を陰に陽に描いていくこととなります。
(それにしても、中国の怪異譚のどこかすっとぼけた味わいは、ギャグとの相性が実にいいと今更ながら感心)

 三国時代の琅邪王・孫休に召された道士の物語、漢の時代に冥府の使いと出会った漁師の物語、宿屋に現れ人を殺す妖怪と対峙した豪傑の物語、奇怪な獣を産んだ皇帝の男妾の物語、漢の時代に狐に魅せられて軍を脱走した青年の物語……
 もちろんギャグによってうまく中和されている部分はあるものの、ここで描かれるのは、人と妖怪の関係性が決してネガティブなものに留まらないということであり――そしてそれは人と人との関係性と変わるものではないことすら、本作は描き出すのであります。

 そして最後の物語――もう一度張華の時代に戻って語られる物語においては、さらにその先が描かれることとなります。
 その物語とは、廣天自身の物語。そこに浮かび上がるのは、これまで狂言回し的に多くの物語に顔を出していた廣天の想いであり、そして何よりも、何が人と妖怪を分かつのか――その答えの一端であります。

 正直に申し上げれば、軽みのある絵柄と物語展開から、ここまで描かれるとは思ってもみなかった――というのはこちらの不明を恥じるばかりですが、いやはや嬉しい驚きであります。


 そしてこの第1巻のラストでは、ほとんどオールスターキャストで物語が展開し、一応の大団円を見るのですが――しかしこの先も物語はまだまだ、それも思わぬ方向に続いていく様子。
 怪異とギャグと絆と――古典を踏まえながらも、この先もまだまだ新しく刺激的な物語を見せてもらえそうであります。


『千年狐 干宝「捜神記」より』第1巻(張六郎 KADOKAWA MFコミックスフラッパーシリーズ) Amazon
千年狐 一 ~干宝「捜神記」より~ (MFコミックス フラッパーシリーズ)

| | トラックバック (0)

2019.01.15

「コミック乱ツインズ」2019年2月号


 今年初の「コミック乱ツインズ」誌、2019年2月号であります。表紙は『用心棒稼業』、巻頭カラーは『そば屋幻庵』――今回も印象に残った作品を一つずつ紹介いたします。

『そば屋幻庵』(かどたひろし&梶研吾)
 というわけで、『勘定吟味役異聞』がお休みの間、三号連続で掲載の本作。ある晩、幻庵の屋台の隣にやってきた天ぷら屋兄弟の屋台。旨いそば屋の横で商いすると天ぷら屋も繁盛すると商売を始めた二人ですが、やって来た客たちは天ぷら蕎麦にして食べ始め、幻庵の蕎麦の味つけが天ぷらに合わないと文句を付け始めて……

 もちろんこの騒動には黒幕が、というわけなのですが、それに対する幻庵の親爺こと玄太郎の切り返しが実にいい。「もう食べる前から旨いに決まっている!!」という登場人物の台詞に、心から共感であります。


『宗桂 飛翔の譜』(星野泰視&渡辺明)
 今回から新展開、本家から失われた初代・大橋宗桂の棋譜集を求めて、長崎に向かった宗桂。追いかけてきた平賀源内の口利きで、その棋譜集の今の持ち主であるオランダ商館長・イサークと対面した宗桂ですが、イサークは将棋勝負で勝てば返してやると……

 というわけで、ゲーム漫画ではある意味お馴染みの展開の今回。表紙で薔薇の花を手にしているイサークを見て感じた悪い予感通り、彼がオネエで宗桂の体を狙ってくる――という展開は本当にどうかと思いましたが、イサークの意外な強豪っぷりは、漫画的な設定でなかなか楽しい。
 何よりも、将棋に慣れていないというイサークが要求した八方桂(桂馬が前だけでなく八方向に桂馬飛びできる)という特殊なルールを活かしたバトルは、本作ならではの新鮮な面白さがあり、これなら源内も満足(?)。


『仕掛人藤枝梅安』(武村勇治&池波正太郎)
 「梅安迷い箸」の後編。料理茶屋での梅安の仕掛けを目撃しながらも、偽りの証言で結果的に梅安を救った女中・おとき。彼女の口を封じるか迷った梅安は、医者の方の仕事で、彼女の弟を治療することになるのですが……
 と、完璧に針のムシロの状況のおとき。すでに梅安の方は彼女を見逃すことに決めていたわけですが、そうとは知らぬ彼女にはもう同情するほかありません。(自分と)梅安のことを邪魔する奴は殺すマンとなった彦さんも久々に裏の住人っぽい顔をしているし。

 結末は梅安の私的制裁ではないか――という気もしますが、梅安・おとき・彦さんの微妙な(?)すれ違いがなかなか面白くもほろ苦いエピソードでした。


『カムヤライド』(久正人)
 連載1周年の今回も、主人公はヤマトタケル状態、謎の男・ウズメとの死闘の最中に彼が思い出すのは、熊襲平定軍の副官となった武人・ウナテのことであります。自分以外の皇子はほとんど皆敵の状態で、仲の悪い兄に仕えるウナテのことを疑っていたタケルですが……

 第1話で土蜘蛛と化したクマソタケルに惨殺された兵たちにこんなドラマが!? という印象ですが、しかしウズメの奥の手の前にはそんな感傷も効果なし。ひとまず水入りとなった戦いですが、タケルにはまだ秘められた力が――?
 ウズメの求めるものも仄めかされましたが、これはもしかして巨大ヒーローものにもなるのでは、と妄想を逞しくしてしまうのでした。


『用心棒稼業』(やまさき拓味)
 今回の主人公は、本誌の表紙を飾った仇討浪人の海坂坐望。兄の仇を討ち、その遺児・みかんを連れて故郷に帰ってきた坐望ですが、そこはみかんにとっても故郷であります。
 彼女と別れ、実家に帰った坐望を待っていたのは、彼とは絵のタッチまで違うぼんやりした顔立ちの妹婿。既に居場所はなくなった実家に背を向けて旅に出ようとする坐望ですが、義弟の思わぬ噂を聞きつけて……

 片田舎が舞台となることが多い印象の本作ですが、久々に賑やかな町の風情が描かれる(坐望の若き日の放蕩ぶりがうかがわれるのが愉快。張り合おうとする雷音も)今回。しかしそこでも待ち受けるのは憂き世のしがらみと悪党であります。降りしきる雪の中、無音で繰り広げられる大殺陣の最中、終始憂い顔の坐望の姿が印象に残るエピソードでした。

 物語的にはあまり生かされているとは思えなかったみかんも今回で退場か、と思われましたが――しかし彼女の存在は、全てをなくした坐望にとっては一つの希望と考えるべきなのでしょう。


「コミック乱ツインズ」2019年2月号(リイド社) Amazon
コミック乱ツインズ 2019年2月号 [雑誌]


関連記事
 「コミック乱ツインズ」2019年1月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2019年1月号(その二)

| | トラックバック (0)

2019.01.03

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第13話「鮮血の恋歌」

 逃亡中の嘯狂狷を利用して、殤不患に挑戦状を叩きつける婁震戒。それに応えて魔脊山に向かった殤不患は、凜雪鴉と二人で婁震戒に立ち向かうが、七殺天凌の力を得た婁震戒の前に苦戦を強いられる。追い詰められた殤不患に残された起死回生の秘策とは……

 最終回らしくオープニングなしでスタートした今回。冒頭に登場するのは、前回ボッコボコにされて逃走途中の嘯狂狷、そして彼がすれ違ったのは、七殺天凌を背負った婁震戒であります。婁震戒が殤不患を探していることを知った嘯狂狷は、それを利用して復讐しようと彼をけしかけるのですが――嗚呼。
 嘯狂狷を追ってきた殤不患・凜雪鴉・浪巫謠の三人組が見たのは、樹にぶら下げられた上、胸元に挑戦状を留められた嘯狂狷の姿。ここまで生き延びたのにこんな最期を遂げるとは、自業自得とはいえ、あまりに無惨と言うほかありません。それはともかく挑戦状に指定された決戦の地、かつて玄鬼宗が根城にしていた魔脊山に向かう殤不患たちですが――七殺天凌を封印するための筆はあるものの、それを使うためには遣い手に手放させる必要があるわけで、それが難しい。

 その難事のために婁震戒と対峙する殤不患。不思議な因縁の二人ですが、今は(特に勝手に嫉妬に燃える婁震戒にとって)不倶戴天の敵同士、待ったなしで始まる両者の対決ですが――七殺天凌の魅了の力は健在の状況では、殤不患は眼を逸らして戦うほかありません。もちろん殤不患ほどの達人ともなれば、相手の気から動きを察知することは可能ではありますが、それは畢竟受けの剣でしかありません。さらに小技も交えて揺さぶりをかけてくる婁震戒に対し、凜雪鴉もついに参戦しますが、しかしそれでも七殺天凌を手にした婁震戒はあまりに強い。追い詰められた二人ですが――そこで凜雪鴉が取り出したのは、あの魔剣・喪月之夜!?

 そして凜雪鴉の振るう喪月之夜の一撃を受け、半ば異形と化した顔の下から、鋭い瞳を輝かせる殤不患。自分の意志を失った殤不患ですが、既に喪月之夜に操られる彼にとっては七殺天凌の魅了も効果なく――そしてその彼を操るのは、剣を取っては実は天下無双の凜雪鴉であります。無双の達人二人が力を合わせ、何の遠慮もなく戦うのですから、強いのなんの!(そして自在に殤不患を操る凜雪鴉は超ご満悦で、これはこれでまあよかったよかった)。
 さすがに追い詰められた婁震戒は、しかし魔力の源である喪月之夜さえなければ、と凜雪鴉に襲いかかります。激しくぶつかる七殺天凌と喪月之夜――と思いきや、喪月之夜に見えたのは凜雪鴉の煙管! 凜雪鴉得意の幻術にさすがの婁震戒も驚いた隙に、飛び込んできた浪巫謠は本物の魔剣を手にすると、殤不患の心臓を貫いて元に戻すのでした。

 そして凜雪鴉に動きを封じられている婁震戒に、拙劍無式・鬼神辟易を放つ殤不患。しかし敵もさるもの、婁震戒は以前空飛ぶ魔剣をへし折った蹴り足ハサミ殺しを再び放つ! ……が、相手の気を暴発させるのが鬼神辟易、その太刀を受けてしまったことが婁震戒の命取り――さすがの剣鬼もついに七殺天凌を手放して吹き飛ばされるのでした。
 そしてあの筆で中空に記される封印。そこに吸い込まれていく七殺天凌に飛びつく婁震戒――しかし一瞬遅く封印は閉じ、弾かれた婁震戒は深い谷に落ちていくのでした。

 そして無事魔剣目録を守りきった捲殘雲も(勝手に危ない任を引き受けたとおかんむりの丹翡ともども)合流し、封印の筆で魔剣目録に七殺天凌を戻す殤不患ですが――そこに描かれたのは婁震戒の片腕。封印の瞬間、婁震戒が片腕を犠牲にして七殺天凌を取り戻し、共に地の底に消えたのであります。
 しかしさすがにもはや再び人界に現れることはないだろうと(崖落ちは武侠ものでは生存フラグですが……)考えた一同、これで魔剣が2本減ったはずが、ようやく誤解を解いた伯陽候から3本の神誨魔械を託されて数が増えたりもしましたが、まずはめでたしめでたしであります。

 ……が、西幽の闇の中では、今回ほとんど出番のなかった禍世螟蝗たちが、蠍瓔珞など所詮一番の小物、などと悪役らしい言葉と共に敵意を燃やします。そしてそんな彼らに助力を申し出る魔界の者の影。殤不患と凜雪鴉に恨みを持つというその声の主は、かつて彼らと行動をともにした女、刑亥……


 というわけで、まずは大団円の本作。振り返ってみれば、ほとんど通りすがりのキャラがラスボスになったり、舞台の大半が狭いエリアの中だったり、凜雪鴉にいいところがほとんどなかったりしましたが、しかし普段は仲が良くない二人が息のあったところを見せたり、小技のトリックで一発逆転したりと、ラストバトルには十分満足させられました。

 そして第三期決定とのことですが――さてここから何を見せてくれるのか? 何のかんの言って参りましたが、もちろん大いに期待しているのであります。


『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』第4巻(アニプレックス) Amazon
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 4(完全生産限定版) [Blu-ray]


関連サイト
 公式サイト


関連記事
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第1話「仙鎮城」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第2話「奪われた魔剣」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第3話「蝕心毒姫」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第4話「親近敵人」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第5話「業火の谷」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第6話「毒手の誇り」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第7話「妖姫の囁き」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第8話「弦歌斷邪」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第9話「強者の道」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第10話「魔剣/聖剣」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第11話「悪の矜恃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第12話「追命靈狐」


 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第1話「雨傘の義理」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第2話「襲来! 玄鬼宗」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第3話「夜魔の森の女」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第4話「迴靈笛のゆくえ」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第5話「剣鬼、殺無生」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第6話「七人同舟」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第7話「魔脊山」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第8話「掠風竊塵」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第9話「剣の神髄」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第10話「盗賊の矜恃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第11話「誇り高き命」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第12話「切れざる刃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第13話「新たなる使命」(その一)
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第13話「新たなる使命」(その二) と全編を通じて
 『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』 剣鬼と好漢を描く前日譚と後日譚

| | トラックバック (0)

2018.12.31

このブログが選ぶ2018年ベストランキング(単行本編)

 今年の締めくくり、一人で選んで一人で発表する2018年のベストランキング、大晦日の今日は単行本編であります。2017年10月から2018年12月末発刊までの作品について6作品挙げます。

1.『童の神』(今村翔吾 角川春樹事務所)
2.『敗れども負けず』(武内涼 新潮社)
3.『大友の聖将』(赤神諒 角川春樹事務所)
4.『虎の牙』(武川佑 講談社)
5.『さよ 十二歳の刺客』(森川成美 くもん出版)
6.『恋の川、春の町』(風野真知雄 KADOKAWA


 第1位は角川春樹小説賞受賞に輝き、そして直木賞候補ともなった作品。平安時代を舞台に、鬼や土蜘蛛と呼ばれたまつろわぬ者たち「童」の戦いを描く大作であります。
 本作で繰り広げられる安倍晴明や頼光四天王、袴垂といった平安オールスター戦の楽しさはもちろんですが、何より胸を打つのは、自由を――自分たちが人間として認められることを求めて戦う童たちの姿であります。痛快なエンターテイメントであると同時に、胸を打つ「反逆」と「希望」の物語で。

 第2位は、昨年辺りから伝奇ものと並行して優れた歴史小説を描いてきた作者の収穫。上杉憲政、板額、貞暁――戦いには敗れたものの、人生において決して負けなかった者たちの姿を描く短編集であります。
 各話それぞれに趣向を凝らした物語が展開するのはもちろんのこと、そこに通底する、人間として望ましい生き様とは何かを希求する視点が実に作者らしい、内容豊かな名品です。

 そして第3位は、大友ものを中心とした戦国ものを引っさげて彗星のように現れた作者の快作。悪鬼のような前半生を送りながらも、周囲の人々の叱咤と愛によって改心し、聖人として落日の大友家を支えた「豊後のヘラクレス」の戦いを描く、戦国レ・ミゼラブルとも言うべき作品です。
 まさしく孤軍奮闘を繰り広げる主人公が、運命の理不尽に屈しかけた周囲の人々の魂を救うクライマックスには、ただ感涙であります。

 そして第4位は、これまた昨年から歴史小説シーン活躍を始めた新鋭のデビュー作。武田信虎という、これまで悪役として描かれがちだった人物の前半生を描く物語は、戦国時代の「武士」というものの姿を浮き彫りにして目が離せません。
 そして何よりも、その物語の主人公になるのが、信虎の異母弟である山の民――それも山の神の呪いを受けた青年――という伝奇味が横溢しているのも嬉しいところです。

 第5位は児童文学から。義経に一門を滅ぼされ、奇跡的に生き延びて奥州に暮らす平家の姫君が、落ち延びてきた義経を狙う姿を描くスリリングな物語であります。
 平家を単なる奢れる敗者として描かない視点も新鮮ですが、陰影に富んだ義経の姿を知って揺れる少女の心を通じて、人間性への一つの希望を描き出すのが嬉しい。大人にも読んでいただきたい佳品です。

 そして第6位は、文庫書き下ろしで大活躍してきた作者が、恋川春町の最後の日々を描いた連作。戯作者としての、そして男としてのエゴとプライドに溺れ、のたうち回る主人公の姿は、一種私小説的な凄みさえ感じさせますが――しかし何よりも注目すべきは、権力に対する戯作者の意地と矜持を描いてみせたことでしょう。
 デビュー以来常に弱者の側に立って笑いとペーソスに満ちた物語を描いてきた作者の、一つの到達点というべき作品です。


 さて、そのほかに強く印象に残った一冊として、操觚の会によるアンソロジー『幕末 暗殺!』を挙げておきます。書き下ろしのテーマアンソロジー自体は珍しくありませんが、本書はタイトル通り、幕末史を彩った暗殺を題材としているのが面白い。
 奇想天外な幕末裏面史として、そして本年も大活躍した歴史時代小説家たちの豪華な作品集として大いに楽しめる一冊です。


 というわけで、駆け足となりましたが、今年の一年をベストの形で振り返りました。もちろんあくまでもこれは私のベスト――決して同じ内容の人はいないであろうベストですが、これをきっかけに、この二日間採り上げた作品に興味を持っていただければ幸いです。

 それでは、来年も様々な、素晴らしい作品に出会えることを祈りつつ……


童の神

今村翔吾 角川春樹事務所 2018-09-28
売り上げランキング : 7281
by ヨメレバ
敗れども負けず

武内 涼 新潮社 2018-03-22
売り上げランキング : 60452
by ヨメレバ
大友の聖将

赤神諒 角川春樹事務所 2018-07-12
売り上げランキング : 101634
by ヨメレバ
虎の牙

武川 佑 講談社 2017-10-18
売り上げランキング : 337198
by ヨメレバ
さよ 十二歳の刺客 (くもんの児童文学)

槙 えびし,森川 成美 くもん出版 2018-11-03
売り上げランキング : 453951
by ヨメレバ
恋の川、春の町

風野 真知雄 KADOKAWA 2018-06-01
売り上げランキング : 322379
by ヨメレバ

関連記事
 今村翔吾『童の神』(その一) 平安を舞台に描く日本版水滸伝
 今村翔吾『童の神』(その二) 反逆と希望の物語の果てに
 武内涼『敗れども負けず』(その一) 様々な敗者の姿、そして残ったものの姿
 武内涼『敗れども負けず』(その二) 彼らは何故、何に負けなかったのか?
 赤神諒『大友の聖将』(その一) 悪鬼から聖将へ――戦国レ・ミゼラブル!
 赤神諒『大友の聖将』(その二) ただ大友家を救うためだけでなく
 武川佑『虎の牙』(その一) 伝奇要素濃厚に描く武田信虎・信友伝
 武川佑『虎の牙』(その二) 伝奇の視点が映し出す戦国武士の姿と一つの希望
 森川成美『さよ 十二歳の刺客』 人として少女が掴んだ一つの希望
 風野真知雄『恋の川、春の町』 現代の戯作者が描く、江戸の戯作者の矜持と怒り

 このブログが選ぶ2017年ベストランキング(単行本編)

| | トラックバック (0)

2018.12.30

このブログが選ぶ2018年ベストランキング(文庫書き下ろし編)

 今年も一年の締めくくり、一人で選んで一人で発表する、2018年のベストランキングであります。今回は2017年10月から2018年12月末発刊までの作品について、まずは文庫書き下ろし6作品を挙げたいと思います。

1.『おもいで影法師 九十九字ふしぎ屋商い中』(霜島けい 光文社文庫)
2.『百鬼一歌 都大路の首なし武者』(瀬川貴次 講談社タイガ)
3.『義経暗殺』(平谷美樹 双葉文庫)
4.『室町繚乱 義満と世阿弥と吉野の姫君』(阿部暁子 集英社文庫)
5.『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』(鳴神響一 幻冬舎文庫)
6.『勾玉の巫女と乱世の覇王』(高代亞樹 角川春樹事務所時代小説文庫)


 第1位は、これは個人的には文庫書き下ろしにおける妖怪時代小説の一つの完成型ではないか、とすら思う作品。死んでぬりかべになった父を持つヒロインが奮闘する『九十九字ふしぎ屋商い中』シリーズの第3弾ですが、とにかく表題作が素晴らしい。
 妻を亡くしたばかりの隠居同心宅に現れる不思議な影法師。はじめは同心の妻の幽霊かと思われたその影は、しかしやがて様々な姿を見せ始めて――と、ちょっといい話と思いきやゾッとさせられて、そして意外な結末へ、と二転三転する物語には感心させられたり泣かされたり。作者は期間中、幻となっていた『あやかし同心捕物控』シリーズも再開し、いま脂が乗りきっているといえるでしょう。

 第2位は、平安ものを得意とする作者が鎌倉時代初期の京を舞台に、和歌マニアの青年と武芸の達人の少女を主人公に繰り広げるコミカルな時代奇譚の第2弾。今回はタイトル通りに奇怪な首なし武者事件に巻き込まれる二人ですが、その背後には哀しい真実が……
 と、個性的過ぎるキャラクターのドタバタ騒動で魅せるのはいつもながらの作者の得意技ですが、本作はそれに史実――この時代、この人々ならではの要素が加わり、新たな魅力を生み出しているのに感心です。

 そして第3位は、今年もバラエティ豊かな作品で八面六臂の活躍を見せた作者の作品の中でも、久々の義経ものである本作を。兄に疎まれ、奥州に逃げた源義経が、妻子とともに何者かに殺害された姿で発見されるというショッキングかつ何とも魅力的な導入部に始まり、その謎が奥州藤原氏の滅亡、そしてその先のある希望に繋がっていく物語は、『義経になった男』で時代小説デビューした作者の一つの到達点とも感じられます。
 ちなみに作者は今年(も)実にバラエティ豊かな作品を次々と発表。どの作品を採り上げるか非常に悩んだことを申し上げます。

 第4位は南北朝時代を背景に、副題通り吉野――南朝の姫君が、お忍びで向かった京で出会った義満と世阿弥とともに繰り広げる騒動を描く作品。今年も何かと話題だった室町時代ですが、本作はライト文芸的な人物配置や展開を見せつつも、混沌としたこの時代の姿、そしてその中でも希望を見いだそうとする若者たちの姿が爽快な作品です。
 個人的には作者の以前の作品を思わせるキャラクター造形が嬉しい――というのはさておき、作品のテーマを強く感じさせる表紙も印象に残ります。

 続く第5位は、期間中、ほとんど毎月、それもかなりバラエティに富んだ新作を刊行しつつ、水準以上の内容をキープするという活躍を見せた作者の、新たな代表作となるであろう作品。孤島に居合わせた六人の男女が次々と奇怪な手段で殺される――という、クローズドサークルものど真ん中のミステリである(本作が時代小説レーベルではないことに注目)と同時に、時代ものとしてもきっちりと成立させてみせた快作です。

 そして最後に、本作がデビューした作者のフレッシュな伝奇活劇を。いまだ混沌とした戦国時代を舞台に、長き眠りから目覚めた「神」と、その巫女に選ばれた少女を巡り、一人の少年が冒険を繰り広げる様は、時代伝奇小説の王道を行く魅力があります。
 その一方で、神の意外な正体や目的、そして張り巡らされた伏線の扱いなど、これがデビュー作とは思えぬ堂々たる作品で、今後の活躍が楽しみであります。


 ちなみにもう一つ、本年印象に残ったのは、本格ミステリ作家たちが忍者(の戦い)をテーマに描いたアンソロジー『忍者大戦』。『黒ノ巻』『赤ノ巻』と二冊刊行された内容は、正直なところ玉石混淆の部分もあるのですが、しかし時代小説初挑戦の作家も多い中で描かれる物語は、それだけに魅力的で、ユニークな企画として印象に残りました。

 と、振り返ってみれば、図らずも平安・鎌倉・室町・戦国・江戸と散らばったラインナップになりました。保守的なイメージの強い文庫書き下ろし時代小説ですが、その実、多様性に溢れていることの一つの証――と申し上げては牽強付会に過ぎるでしょうか?


おもいで影法師: 九十九字ふしぎ屋 商い中 (光文社時代小説文庫)

霜島 けい 光文社 2017-10-11
売り上げランキング : 38694
by ヨメレバ
百鬼一歌 都大路の首なし武者 (講談社タイガ)

瀬川 貴次 講談社 2018-07-20
売り上げランキング : 102866
by ヨメレバ
義経暗殺 (双葉文庫)

平谷 美樹 双葉社 2018-02-15
売り上げランキング : 350944
by ヨメレバ
室町繚乱 義満と世阿弥と吉野の姫君 (集英社文庫)

阿部 暁子 集英社 2018-01-19
売り上げランキング : 60988
by ヨメレバ
猿島六人殺し 多田文治郎推理帖 (幻冬舎文庫)

鳴神 響一 幻冬舎 2017-12-06
売り上げランキング : 84204
by ヨメレバ
勾玉の巫女と乱世の覇王 (時代小説文庫)

高代 亞樹 角川春樹事務所 2018-03-13
売り上げランキング : 774499
by ヨメレバ

関連記事
 霜島けい『おもいで影法師 九十九字ふしぎ屋 商い中』 これぞ妖怪時代小説の完成形!?
 瀬川貴次『百鬼一歌 都大路の首なし武者』 怪異が浮き彫りにする史実の爪痕
 平谷美樹『義経暗殺』(その一) 英雄の死の陰に潜むホワイダニット
 平谷美樹『義経暗殺』(その二) 天才探偵が見た奥州藤原氏の最期と希望
 阿部暁子『室町繚乱 義満と世阿弥と吉野の姫君』 現実を受け止めた先の未来
 鳴神響一『猿島六人殺し 多田文治郎推理帖』 本格ミステリにして時代小説、の快作
 高代亞樹『勾玉の巫女と乱世の覇王』 復活した神の望みと少年の求めたもの

 このブログが選ぶ2017年ベストランキング(文庫書き下ろし編)

| | トラックバック (0)

2018.12.23

「コミック乱ツインズ」2019年1月号(その二)


 2019年最初の「コミック乱ツインズ」誌の掲載作品の紹介、その二であります。

『宗桂 飛翔の譜』(星野泰視&渡辺明)
 宗桂の従姉妹であり、自身も名うての棋士であるお香が縁日で出会ったおかしな男。天才浄瑠璃作家・鬼外を名乗るこの男に口説かれ、南蛮渡来の櫛を渡されたお香ですが、その話を聞いた宗桂は、突然鬼外に会いたいと言い出します。
 鬼外にあることを尋ねる宗桂と、それに対してお香を賭けた将棋を挑む鬼外。しかし意外なことに、素人に見えた鬼外の早指しは宗桂を圧倒して……

 これまで単発エピソードが続いていたものが、今回一気に物語が動き出した印象の本作。自称天才で面長で新しいもの好きの浄瑠璃作家でもある鬼外さんとくれば、これはもうあの人しかいないわけですが、なるほど考えてみれば宗桂たちとは同時代人であります。その彼が宗桂を追い詰めるのも(そしてそのカラクリも)実にらしく楽しいところであります。
 しかし今回のクライマックスは、将棋指しがルールなどに変化のない将棋のない世界にしがみついていると嘲笑う鬼外に対して、宗桂が己が将棋に拘り続ける理由を語る場面でしょう。普段は飄々とした、穏やかな宗桂が将棋において見せる異様な迫力――その理由の一端が語られるこの場面は、物語において大きな意味を持つといえるでしょう。

 そしてラストにはちょっと伝奇的な趣向も待ち受けていて、どうやら物語はこの謎を追って広がっていく様子。物語はここまでがプロローグといったところでしょうか、これからの展開が楽しみであります。


『カムヤライド』(久正人)
 出雲に出現した強敵を倒し、イズモタケルを救ったモンコとヤマトタケル。ようやくこれで一息か、と思いきや、その前には皆殺しにされた大和の軍勢と、手を下したと思しき謎の旅人が……
 というわけで第1話以来、久々に顔を合わせた3人。この謎の旅人ことウズメこそは、各地で国津神を覚醒させている「敵」――異形の腕を武器とするウズメにヤマトタケルは一蹴され、カムヤライドに変身したモンコも追い詰められることになります。そして今回のかなりの部分で、この二人の息詰まる死闘が描かれるのですが――しかしこの戦いは、もはやモンコ一人のものではありません。

 いまやモンコの頼もしい相棒、いやもう一人の主人公となった彼の活躍が今回も小気味よく描かれた末に、一気に形勢逆転か、というところで次回に続きますが――さてどうなることか。
 敵の目的の一端も明かされた中、いよいよ佳境に入った印象であります。


『用心棒稼業』(やまさき拓味)
 元鬼輪番・夏海と彼の同鬼の友・流一道の戦いを描く物語の後編――鬼となるために人を捨てざるを得なかった男の悲しい宿命が描かれます。

 旅の途中に訪れた林田藩で、かつての親友であり、今は鬼輪番の草として潜入している一道と遭遇してしまった夏海。一騎打ちの末に敗れた夏海を見逃して去る一道ですが、しかしそのために鬼輪番の制裁を受け、何も知らない妻と子、義父を殺されてしまうのでした。
 一方、林田藩を脱出するために、夏海の用心棒を買って出た終活と坐望。裏道を行く一行ですが、決意を固めた一道率いる鬼輪番の群れに追いつめられることに……

 抜け忍キャラには定番中の定番である、追っ手となったかつての親友との対決。しかし今回は、互いがあまりに壮絶かつ悲惨な過去を背負っており(いやもう過去のエピソードには絶句)、そしてその中で培われた友情が全く薄れていないのが、悲壮感をより際だたせます。
 しかしそんな辛い戦いの中でも決して夏海を見捨てないのが今の友。本作の見所であるクライマックスの大殺陣で描かれる、暗闇を舞台にした三人対多数の戦いは見応え十分ですが……

 一度鬼となった人はどうすれば人に戻ることができるのか。これしか道はなかったのか。予想通りの結末ではありますが、やはり胸に刺さるものがあります。


 その他、『仕掛人藤枝梅安』(武村勇治&池波正太郎)は、仕掛けの瞬間を目撃されてしまった梅安を巡るエピソードの前編。自分の裏の顔を目撃されたとて、全く無関係の女性を殺すことを躊躇う梅安に対し、梅安さんのためなら――と相手を付け狙う彦さんには、こう、なんだかヤンデレめいた香りが……

「コミック乱ツインズ」2019年1月号(リイド社) Amazon
コミック乱ツインズ 2019年1月号[雑誌]


関連記事
 「コミック乱ツインズ」2018年1月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2018年1月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年2月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2018年2月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年3月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2018年3月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年4月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2018年4月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年5月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2018年5月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年6月号
 「コミック乱ツインズ」7月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」7月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年8月号
 「コミック乱ツインズ」2018年9月号
 「コミック乱ツインズ」2018年10月号
 「コミック乱ツインズ」2018年11月号
 「コミック乱ツインズ」2018年12月号

| | トラックバック (0)

2018.12.21

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第12話「追命靈狐」

 魑翼によって鬼歿の地に運ばれたものの、自分以外に七殺天凌を触れさせることがなくなったと歓喜に震える婁震戒。しかしその前に敵意に燃える歿王が現れる。一方、喪月之夜の力で衙門の人々を下僕に変えた嘯狂狷に単身挑む浪巫謠は、相手の奇策の前に苦戦を強いられる。そこに駆けつけた殤不患は……

 前回、凜雪鴉の罠(?)にはまり、魑翼によって飛ばされてしまった婁震戒と七殺天凌。たどり着いたのは鬼歿の地、こんな人気のないところ、エサもないし早く帰りたーい、とむくれる七殺天凌ですが、婁震戒はむしろこれでやっと二人きりになれましたねと、うっとりねっとり囁きます。自分にもいつか老いや病が訪れるだろう、その後に別の男の手に姫が渡るなど耐えられない、それならばこの地で二人ひっそりと永遠に手を携えて眠りましょう――と、谷底ダイブ寸前のヤンデレ全開であります。
 さすがの七殺天凌もこれは真剣にヤバいと焦りながら、己の魔力で彼を引き戻そうとしますが、しかし効かない。それもそのはず、婁震戒は魅了の魔力のためではなく、ガチで七殺天凌にぞっこんだったのであります! 想像を絶する基地外によって、よくわからないうちにラスボス退場か、と思われたその時出現したのは、殤不患に片翼を落とされ、浪巫謠と凜雪鴉に角を折られと人間に対して恨み骨髄の竜・歿王。人間殺すドラゴンと化した彼ですが、しかし修羅場に首を突っ込んだのは、あまりに空気を読まない所行というほかありません……(そもそも、竹光持った奴にナメプで重傷を負わされたのを忘れたのか)

 一方、惨劇の連続に、さすがに人っ子一人いなくなったいつもの街。そこを往く浪巫謠の前に現れたのは、小悪党モードの嘯狂狷であります。衙門の人々を喪月之夜でゾンビに変え、勝ち誇る相手に、傷を押して単身立ち向かう浪巫謠ですが――戦いの最中、突然嘯狂狷が喪月之夜を投げて寄越した!? 自らの最大の武器を手放してきた行動に戸惑う浪巫謠ですが、これぞ恐るべき罠であります。
 自分は喪ブの皆さんがどうなろうとも知ったことではない、むしろ積極的に叩きのめし、吹き飛ばして高笑いの嘯狂狷。しかし浪巫謠にとって彼らを見捨てることができるはずもなく、さりとてコントロールに慣れぬ身では喪ブたちを制御不能、自分も気を取られて棒立ち――そんな彼の状況をあざ笑いながら、嘯狂狷は遠距離からガンガン落ちてる剣やら槍やら投げつけ、浪巫謠はズタズタに。そしてついにトドメの槍が浪巫謠に迫る……!

 が、そこに最高のタイミングで駆けつけたのはもちろん殤不患。浪巫謠を救うや喪月之夜を手にした殤不患に対し、同じ手段で苦しめようとする嘯狂狷ですが――殤不患は滅茶苦茶巧みに喪ブをコントロールして攻撃を躱す、そして逆に攻撃を仕掛けまくる! 喧嘩は手数が大事、というのは殤不患の言うとおりですが、まさかここまで見事に喪ブを操ろうとは、誰も想像できるはずがありません。かくて嘯狂狷は喪ブたちにタコ殴り、メガネは吹っ飛び青あざだらけのギャグみたいなビジュアルとなって、見ているこちらも大いに溜飲が下がりました(凜雪鴉も意地を張らなければこんな愉快な場面を見れたのに……)
 人々を自在に動かすほどの将器(っていうのかしらコレ)を持ち、それどころか35本の魔剣まで持っている。それだけの力を持ちながら、何故流浪の身に甘んじているのか、と愕然とする嘯狂狷に対し、それがそうしたいからだ、とある意味鬼のような言葉で返す殤不患。そんな規格外のトラブルメーカーとこれ以上つきあってはいられないと、嘯狂狷は、ダイナマイトみたいな煙幕を張ってその場から逃げ出すのでした。

 そして喪ブを解放し、衙門おじさんの感謝の声を背に立ち去る殤不患と浪巫謠。そこに、もう誰でもいいからひどい目に遭うところを見たい! と禁断症状が出た凜雪鴉も加わり、三人で嘯狂狷を追うことになります。
 そして鬼歿の地では、可哀想な歿王が婁震戒によって暴力の本当の意味を教えられて惨死。さあ邪魔者もなくなりましたし死にましょう、と言い出す婁震戒に対し、焦った七殺天凌が、最強の剣士である殤不患を倒さないと自分を手にするのにふさわしいとはいえないんじゃないかな、と口から出任せを抜かしたおかげで、嫉妬に燃える婁震戒は殤不患打倒を誓って――最終回に続きます。


 というわけで、前作同様、殤不患が反則級の能力を発揮して大活躍、二つ名がサブタイトルになりながらも嘯狂狷はボッコボコにされて、実に気分が良い展開となりました。

 その一方で今回もヤンデレ絶好調の婁震戒。皆にとって最もよい結末は、(殤不患に敗れた末に)彼が七殺天凌を手に谷底に落ちることではないかと思っていましたが、まさか自分からそれをしようとするとは、さすがに驚かされました。
 しかしまさかそのヤンデレの逆恨みで、ラストバトルが勃発することになるとは、そしてそこに悪人を馬鹿にしたくて仕方がない真の最強剣士が居合わせることになるとは――次回、大惨事の予感であります。


『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』第4巻(アニプレックス) Amazon
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 4(完全生産限定版) [Blu-ray]


関連サイト
 公式サイト


関連記事
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第1話「仙鎮城」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第2話「奪われた魔剣」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第3話「蝕心毒姫」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第4話「親近敵人」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第5話「業火の谷」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第6話「毒手の誇り」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第7話「妖姫の囁き」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第8話「弦歌斷邪」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第9話「強者の道」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第10話「魔剣/聖剣」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第11話「悪の矜恃」

 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第1話「雨傘の義理」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第2話「襲来! 玄鬼宗」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第3話「夜魔の森の女」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第4話「迴靈笛のゆくえ」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第5話「剣鬼、殺無生」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第6話「七人同舟」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第7話「魔脊山」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第8話「掠風竊塵」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第9話「剣の神髄」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第10話「盗賊の矜恃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第11話「誇り高き命」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第12話「切れざる刃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第13話「新たなる使命」(その一)
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第13話「新たなる使命」(その二) と全編を通じて
 『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』 剣鬼と好漢を描く前日譚と後日譚

| | トラックバック (0)

2018.12.17

渡辺仙州『三国志博奕伝』 三国志+死のギャンブル=!?


 児童書の中国もので活躍しながらも、マニアックなまでに丹念な原典への目配り等で、個人的に以前から注目していた渡辺仙州。その作者のおそらくは初の一般向け作品は、極め付きにユニークな作品――何しろ『三国志』を題材に、大の博奕嫌いの呉の文官が、死のギャンブルに挑むというのですから!

 既に劉備も孔明も、曹操も亡き後の三国時代の呉で皇太子の孫和に仕える文官の韋昭を目下悩ませているのは、巷での博奕の流行。自身でも『博奕論』なる博奕の批判書を著すくらいの博奕嫌いの韋昭ですが、呉の国民性によるものか、一向に博奕の流行は収まらないのであります。

 そんなある日、孫和の友人で無類の博奕好きの青年・蔡穎を諫めるため、街の博奕場・福福楼に足を踏み入れた韋昭。そこで彼は、借金のカタに売られた少女を助けるため、楼の老板(主人)・徐の言葉を受けてゲーム勝負をすることになるのですが――それが災難の始まりでした。
 実は全ては韋昭を勝負の場に引っ張り込むための策略。韋昭が持つという博奕の力・奕力(イーリー)を狙う徐は、呪術で奇怪な博奕場を作ると、韋昭の対戦相手として、ある英雄を呪術で復活させるのでした。その名は――呂布!

 かくて伝説の英雄を向こうに回した韋昭は、蔡穎、そして少女――実は徐によって蘇った董卓の孫娘・董白とともに、命懸けのゲーム勝負をする羽目に……


 いやはや、どこから驚くべきか、と言いたくなるほどの本作ですが、まず驚くべきは、その主人公のチョイスでしょう。

 何しろ本作の主人公は、韋昭――と言ってすぐにわかるのはよほどのマニアでしょう(かく言う私も調べるまでわからず)――『三国志』、それも演義ではなく歴史書の方のそれに登場する呉の文官。
 文官ながら、その最期に至るまで実直、剛直ぶりを以て知られた人物であった彼は、『三国志』の呉書の原型となった歴史書『呉書』を編纂した人物であります。

 そんな彼が主人公に選ばれたのは、それは先に述べたとおり、彼が博奕批判の書を著したためかと思いますが、いずれにしても意表を突く人選であることは間違いありません。(そして蔡穎も董白も、もちろん実在の人物であります)

 そして次に驚かされるのは、その彼が挑むことになるのが、死のゲーム、死のギャンブルであること。
 負けたら金ではなく自分の体の一部や、甚だしきは命を持って行かれるギャンブルというのは、これはもうギャンブル漫画では定番ですが、それをここで、このキャラクターがやるのか! と、仰天させられます。

 それも登場するゲームは全て本作のオリジナル。様々なイベントが待ち受けるゲーム盤の中に実際に入り込んで、相手とバトルを繰り広げる「侠客棋」。手にした五枚の札で(自分たちが頭に乗れるほどの)巨大な蟋蟀をカードで操りバトルする「闘蟋牌」。そして木火土金水の五行相克をルールにしたカードゲーム「五行牌」。
 創意を凝らしたゲーム内容と、そこで繰り広げられる駆け引きの面白さは、ゲームマニアでもある作者ならではと感じさせられます。

 そして最後の驚きは、そのゲームで韋昭と対決するのが、呂布、董卓、そして××と、いずれも死した三国志の登場人物――それも一筋縄ではいかない曲者ばかり。
 全くもって先が読めない内容はむしろ奇書と言いたくなるほどですが、それでいて古典の記述を踏まえつつ、丹念に世界観と人物像を構築して描かれる物語は、作者の面目躍如たるものがあると言うべきでしょう。


 と、作者のファンはもちろんのこと、初めて作品に触れる方にも楽しい本作なのですが、気になってしまったのは、作中のゲームがオリジナルであるために、そのルールに馴染むまでに時間がかかってしまうことと、展開がいささか――時に敵側に、時に見方側に――都合良く見えてしまうことであります。
 この辺りはギャンブルものとしては結構残念なところで、そのキャラクターがよく表れたプレイヤー同士の駆け引きは面白いだけに、勿体ない印象は否めません。(そして最終戦の展開もちょっと……)

 こうした点を踏まえてなお、マニアックな舞台・題材・人物を用意しつつ、それを物語や背景となる史実に巧みに絡めて、きっちりエンターテイメントを描いてみせた本作が、期待通りの内容であったことは間違いありません。
 本作を期に、この先も作者一流の中国奇譚、中国伝奇、中国エンターテイメントが描かれていくことを、期待する次第です。


『三国志博奕伝』(渡辺仙州 文春文庫)

三国志博奕伝 (文春文庫)

渡辺 仙州 文藝春秋 2018-12-04
売り上げランキング : 437431
by ヨメレバ

関連記事
 渡辺仙州『文学少年と運命の書』 物語の力を描く物語
 渡辺仙州『封魔鬼譚 1 尸解』 僕は誰だ!? 驚愕の中国伝奇ホラー!
 渡辺仙州『封魔鬼譚 2 太歳』 怪奇の事件と彼自身の存在の揺らぎと
 渡辺仙州『封魔鬼譚 3 渾沌』 もう一人の封魔の少年と閉ざされた村

| | トラックバック (0)

2018.12.15

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第11話「悪の矜恃」

 決戦に備え、魔剣目録を捲殘雲に預ける殤不患。その頃、悪事が露呈して追いつめられた嘯狂狷をさらに追い込もうとする凜雪鴉だが、思わぬ開き直りを見せた嘯狂狷に当てを外されてしまう。一方、仙鎮城を壊滅させた婁震戒の前に立ち塞がった浪巫謠は、視界を断って七殺天凌を追い詰めるのだが……

 冒頭、森の中で立ち合う二人の男。一人は殤不患、もう一人は短髪に眼帯の――捲殘雲! 槍を捨て、今は妻となった丹翡の家に伝わる丹輝劍訣を操る捲殘雲は、まだ慣れぬ技ということもあって殤不患にはまだまだ及びませんが、丹翡の気持ちもしっかりと慮るなど、殤不患をして親指を立たせしむるほどの好漢に成長した様子です。
 さて、その捲殘雲に殤不患が会いに来たのは、決戦を前に万が一にも敵に渡せない魔剣目録を彼に預かってもらうため。もちろん快諾した捲殘雲は、かつての兄貴分・狩雲霄と行動していた頃の隠れ家を転々として、一週間稼いでみせると請け合うのでした(人間何が役に立つかわからないものです)。

 一方、前回ついに凜雪鴉のトラップに引っかかり、東離では宝剣泥棒の濡れ衣を着せられ、西幽ではこれまで秘宝の数々を横領していたことが露見(予定)となってしまった嘯狂狷。(たぶん凜雪鴉が宝剣を隠していた)洞窟で荒れる嘯狂狷に、凜雪鴉は「そんなことで絶望しちゃだめだよ! まだきっと打つ手はあるよ!(でもやっぱりそんなものはなくて、ガッカリ屈辱顔を見せてね)」いう感じで、助言のふりをしつつトドメを刺しにかかるのですが……
 しかしここで嘯狂狷が態度を一変させます。これまでの慇懃無礼な態度をかなぐり捨てて、微妙に正体が露見した弁天小僧チックに開き直る嘯狂狷の姿に凜雪鴉は愕然。冷徹に悪事を重ねてきたのに、一気に破滅させられて絶望する姿にメシウマしようと思っていた相手が、豈図らんや、悪の矜持など欠片も持たない小物中の小物だったとは! 自分を陥れた奴の勝手な愉しみを粉砕したとも知らず、自分の明日からの身の振り方を算段する嘯狂狷に、凜雪鴉は怒り心頭で――しかしもちろん自分で手を下すなどはできず――去っていくのでした。

 さて、前回七殺天凌ラブが極まるあまり、彼女が嫌がる神誨魔械を滅ぼすべく、仙鎮城に殴り込んだ婁震戒は、城の護印師を皆殺しにし、城にあった神誨魔械を全て破壊。しかし最も強力な三本の宝刀は、先に逃れた伯陽候が持ち去っていた模様で、もうここには用はないと一人と一本は城を離れるのですが――その前に立ち塞がるはやはり一人と一本、言うまでもなく、浪巫謠と聆牙です。
 以前、蠍瓔珞が手にした七殺天凌をあと一歩まで追い詰め、そして諦空=婁震戒の危険性をただ一人見抜いて処断しようとした浪巫謠は、言うなれば七殺天凌にも婁震戒にも因縁の相手。といっても婁震戒が警戒などするはずなく、七殺天凌を手に襲いかかるのですが――もちろん浪巫謠は、再び自らの視覚を封じて立ち向かいます。

 視覚を封じてというのは、前回も祐清か碧樞のどっちだったかがやっていましたが、しかし浪巫謠の場合が決定的に異なるのは、彼には視覚に勝るとも劣らぬ聴覚があることと、何よりも滅茶苦茶に武術の腕が立つことであります。魅了は効かず、近づけば剣となった吟雷聆牙の斬撃が、離れれば琵琶に戻った聆牙の音撃が襲いかかる――遠近に隙なし、これは七殺天凌にとっては最悪の相手かもしれません。
 が、その七殺天凌を手にするのも達人の婁震戒。攻撃を躱しながら密かに石を拾い集めた彼は、宙に飛んで逃れた時にその石を放ち、足音と思わせておいて上から襲いかかるという(冷静に考えれば結構地味な)策で反撃! ああ、浪巫謠もこれで退場か――ということはなく、辛うじて肩を斬られただけですんだものの、しかし七殺天凌は小さな傷でも容赦なく体力を奪う魔力を持ち主。もはや浪巫謠の命運は極まったか……

 と、その時自分目掛けて飛んでくる物体を思わず婁震戒が手で受け止めてみれば、それは魑翼の骨笛――召喚された魑翼に捕まり、一人と一本は天空高くに追放されてしまうのでした(まあ、魑翼が力尽きたら戻ってきてしまうわけですが……)。さてその救いの主はやっぱり殤不患かと思えば、それは何と凜雪鴉。玩具であった嘯狂狷に裏切られて(?)機嫌は最悪のようですが、ナイスアシストではあります。
 そしてその原因である嘯狂狷は、大胆にも衙門に殴り込むや、己の手駒とするべく喪月の夜を振るって――と、ますます混沌とした状況ですが、残りはわずか2話であります。


 サブタイトルから、さぞかし立派な悪の矜持を見せて散るかと思いきや、そんなもの持ってないぜ! というスゴい切り返しを見せた嘯狂狷が全て持って行った気がする今回。玩具を失って暇になった凜雪鴉がようやく物語の本筋に絡むのかと思いますが、一筋縄では行かない物語でありキャラクターであるだけに、まだまだ油断できないところです。


『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』第4巻(アニプレックス) Amazon
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 4(完全生産限定版) [Blu-ray]


関連サイト
 公式サイト


関連記事
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第1話「仙鎮城」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第2話「奪われた魔剣」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第3話「蝕心毒姫」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第4話「親近敵人」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第5話「業火の谷」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第6話「毒手の誇り」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第7話「妖姫の囁き」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第8話「弦歌斷邪」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第9話「強者の道」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第10話「魔剣/聖剣」

 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第1話「雨傘の義理」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第2話「襲来! 玄鬼宗」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第3話「夜魔の森の女」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第4話「迴靈笛のゆくえ」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第5話「剣鬼、殺無生」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第6話「七人同舟」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第7話「魔脊山」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第8話「掠風竊塵」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第9話「剣の神髄」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第10話「盗賊の矜恃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第11話「誇り高き命」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第12話「切れざる刃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第13話「新たなる使命」(その一)
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第13話「新たなる使命」(その二) と全編を通じて
 『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』 剣鬼と好漢を描く前日譚と後日譚

| | トラックバック (0)

2018.12.07

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第10話「魔剣/聖剣」

 七殺天凌を手にした諦空(婁震戒)によって蠍瓔珞が斬られたことを知る殤不患。一方、凜雪鴉と商談をまとめ、西幽の秘宝を売りさばこうとする嘯狂狷だが、意外な陥穽が待ち受けていた。そして七殺天凌を手に虐殺を繰り返す婁震戒は、彼女の天敵である神誨魔械を破壊するため、仙鎮城に迫る。

 前回、非業の死を遂げた蠍瓔珞を浪巫謠が弔っているところにやってきた殤不患。新たな道を行こうとしていた矢先の彼女を斬った諦空に怒りを燃やす殤不患ですが、浪巫謠はそれでも殤不患が可能であれば諦空を助けようとしていると見て、非情になれない奴は邪魔だと、戦場から一時離れるように促します。もちろん浪巫謠は、そんな甘さを捨てきれない殤不患をそのままの彼でいさせるために、あえて冷たい言葉を吐いたのですが……

 その頃七殺天凌と諦空改め婁震戒はといえばイチャイチャの真っ最中。七殺天凌が求めるままに人を斬り、その血を吸わせていく彼は、その前に現れた祐清だったか碧樞だったかのどちらかと遭遇、相手があまりの変わりように驚いて間に(というよりむしろよく同一人物だとわかったな!)バッサリと斬殺してしまいます。そんな婁震戒に対して、「ほかにもっと良い剣が現れたらそっちにさっさと乗り換えちゃうんじゃないの?」と軽くスネてみせる七殺天凌。いやいやそんなことはないですよと返す婁震戒ですが――一体君たちは何をやっているのだ。

 一方、そんな流れはお構いなしに悪巧みを進める嘯狂狷。彼が西幽から運んできた秘宝と、凜雪鴉が隠していた東離の名刀と――ともに売りさばけば後ろに手が回る品を交換して、遠く離れた地でそれぞれ売りさばこうという企みであります。そして互いの品を取り替えた嘯狂狷ですが――ここで凜雪鴉が、西幽のお宝の方が価値が高すぎる、これでは自分ばかりが得してしまうので、君がこれを売ってその中から分け前を渡してくれたまえよ、と言い出すのでした。
 凜雪鴉の言葉に疑いを抱きつつも、自分には破幻のメガネがあるのだから心配はない、と嘯狂狷はその提案を受け入れるのですが……

 そのおそらく翌日、釣りをしている凜雪鴉のところにやってきたのは殤不患(こいつら普通に友達だな?)。と、振り向いた凜雪鴉の顔には、あの嘯狂狷のメガネが!偽物とすり替えておいた、としれっと語る凜雪鴉は、物に頼り切っているからこんなことになると、もっともながらお前が言うな的なことを語るのですが――当の嘯狂狷の方は、そんなことになっているとはつゆ知らず、凜雪鴉に頼まれた通り、商人のもとに、西幽の秘宝の数々を持ち込みます。
 ……が、櫃を開けてみれば、そこに入っていたのは東離の名剣――それも墳墓や宮中にあるはずのものばかり。こんな恐ろしいものを一体、という疑いの目に耐えきれなくなった嘯狂狷は、店主たちを殴り倒して逃走、さらに途中で出会った東離の捕吏たちも殴って逃げるのでした。しかし東離の剣がこちらにあるということは、西幽に送った荷の中身は西幽の宝、すなわち彼の汚職の証拠。東にも西にも逃げ場はなくなり、地団太を踏むしかない嘯狂狷であります。

 さて、殺人バカップルに目を向ければ、スネられたのが悪かったか、婁震戒は姫以外の刀は許せんと、仙鎮城への殴り込みを決意。なるほど、護印師のもとであれば、神誨魔械をはじめ名刀宝剣の類は様々あるかと思いますが――しかし神誨魔械は魔物に近い七殺天凌にとっても苦手な相手。しかし婁震戒は大丈夫大丈夫と、珍しく弱気の七殺天凌にもかまわず乗り込んでいくのでした。
 もちろんたまったものではないのは仙鎮城側。あっさりと突破されていく守りを前に、祐清だったか碧樞だったかの生きていた方は、自分が時間を稼ぐうちにお逃げ下さいと伯陽候に促します。そして目隠ししたまま婁震戒と七殺天凌の前に立つ彼が持つのは――自在に宙を舞い、自動的に「魔」を察知して襲いかかる誅荒劍。なるほど、これであれば目が見えなくとも戦えます。

 婁震戒は体術で攻撃を躱しまくるものの、人間の身であれば限界はあります。そしてついに動きを止めた婁震戒に襲いかかる誅荒劍ですが――ここで婁震戒は身を捻るや、肘と膝で挟み込んで剣を止め、そのままへし折った! 真剣白刃取りどころか、まさかの蹴り足ハサミ殺しを白刃相手に敢行する婁震戒、やはり異常な遣い手であります。
 道具に頼りすぎだ、とどこかで聞いたような言葉とともに相手に止めを刺す婁震戒。一方、ただ一人逃れた伯陽候が向かう先は……?


 突然ものすごい格好になった(しかし一目で見抜く仙鎮城の皆さん)諦空改め婁震戒と七殺天凌のバカップルぶり、そしてついに転落を開始し小物っぷりを見せつける嘯狂狷と、クライマックス間近ながら愉快な展開が続いた今回。こんな楽しい人たちもこれからバタバタ退場していくのだろうなあ――と思っていたら、次回予告に見覚えのある眼帯青年が登場して、思わず真顔に……


『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』第4巻(アニプレックス) Amazon
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 4(完全生産限定版) [Blu-ray]


関連サイト
 公式サイト


関連記事
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第1話「仙鎮城」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第2話「奪われた魔剣」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第3話「蝕心毒姫」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第4話「親近敵人」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第5話「業火の谷」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第6話「毒手の誇り」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第7話「妖姫の囁き」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第8話「弦歌斷邪」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 第9話「強者の道」

 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第1話「雨傘の義理」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第2話「襲来! 玄鬼宗」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第3話「夜魔の森の女」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第4話「迴靈笛のゆくえ」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第5話「剣鬼、殺無生」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第6話「七人同舟」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第7話「魔脊山」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第8話「掠風竊塵」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第9話「剣の神髄」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第10話「盗賊の矜恃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第11話「誇り高き命」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第12話「切れざる刃」
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第13話「新たなる使命」(その一)
 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第13話「新たなる使命」(その二) と全編を通じて
 『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』 剣鬼と好漢を描く前日譚と後日譚

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧