2018.07.16

「コミック乱ツインズ」2018年8月号

 今月の「コミック乱ツインズ」誌は、連載10周年記念で『そば屋幻庵』がスペシャルゲストを迎えて表紙&巻頭カラー。また、ラズウェル細木の『文明開化めし』が新連載となります。それでは、特に印象に残った作品を今回も一作ずつ紹介していきましょう。

『勘定吟味役異聞』(かどたひろし&上田秀人)
 今月は『そば屋幻庵』と二作掲載の作者ですが、こちらはいつもながらがらりと作風を変えたアクションと政治劇が満載です。

 前回自分たちを(前田家の人間と間違えて)襲撃した刺客たちの正体が、尾張徳川家の人間だったことを知った聡四郎。しかし何故尾張が前田家を襲うのか――その謎が今回明かされることになります。その背後には聡四郎に表舞台を追われたはずのあの男が……
 一方、江戸城内では間部詮房と新井白石が相変わらず対立とも協調ともつかぬ微妙な関係。鍋松(徳川家継)の服喪の儀に関して、詮房に知恵を貸して恩を売る白石ですが――ここで聡四郎の前で白石がほとんど初めて人間臭さを見せるのが印象に残ります。

 そしてラスト、玄馬と離れて一人となった聡四郎を襲う刺客の群れ。逃れんと橋の上を走る聡四郎の前に現れた黒覆面黒装束の謎の剣士は、初対面と名乗りつつも何故か一放流のことを知っているのでした。「お主を倒すのは拙者だ」とツンデレっぽいことを言いながら助太刀してくれるその正体は……
 ツンデレといえば紅さんは名前のみの登場で残念ですが、名前のみの登場といえば、ついに今回、徳川吉宗の名が登場。顔は陰になっていて見えないのですが、果たしてどのような姿なのか――猛烈に気になります。


『カムヤライド』(久正人)
 出雲編中編の今回、中心となるのは謎の男・イズモタケル。出雲国主ホムツワケの叛乱の尖兵となった土蜘蛛たちを倒す力を持つ彼の正体は――ヤマトタケルの大ファンでした(本当)。
 ヤマトタケルに憧れ、偶然手に入れた土蜘蛛を倒す力を持つ剣を手に、捕らえられた人々を助けたいと熱っぽく語るイズモタケル。そんな彼を前に、ヤマト王家の者としてその名に鬱屈を抱えるヤマトタケルはその名を名乗ることができず……

 モンコが完成された人格に見えのに対し、人間味のある、成長代のあるキャラクターとして描かれるヤマトタケル。自分の実像を知らず、理想の人物として目標にするイズモタケルを前に揺れる彼の心の動きを、ホムツワケの高殿に急ぐ三人のシルエットに重ねて描く場面は、実に作者らしく格好良い名シーンであります。
 そしてカムヤライドしたモンコの前に現れた国津神の意外な正体は、そして彼らの戦いを見守る久々に登場した謎の旅人の動きは――次回出雲編完結です。


『政宗さまと景綱くん』(重野なおき)
 伊達家包囲網に苦しむ伊達家に襲いかかる佐竹・芦名連合軍。この危機に、政宗の母・義姫が――という前回の引きを受けての今回、母が自分のために動いてくれたと浮かれる政宗の姿が微笑ましくも痛ましいのですが、如何にドシスコンであっても最上義光が譲るはずもありません。かえって(シスコンをこじらせた)義光が動き出し、思わぬことで景綱と義光の陰険……いや知将対決が勃発することになります。

 が、そこに義姫が割って入り――と、史実の時点でメチャクチャ漫画っぽいエピソードをこの作品は如何に料理するのか。ある意味これまでで一番の山場かもしれません。


『用心棒稼業』(やまさき拓味)
 東海道は川崎宿にやってきた三人組が今回巻き込まれるのは、大店の娘の連続誘拐殺人事件。宿の米問屋の娘の警護に雇われた三人ですが、はたして娘は何者かに攫われ、百五十両の身代金の要求が届けられることに……

 凶悪な拐かしと、米問屋の父娘の軋轢を絡めて展開する職人芸的面白さの今回、ここのところ重めの話が続いていただけにホッとさせられる内容が嬉しいところです。
 そして基本的にカッコイイ担当だった坐望は、今回夏風邪を押して賭場に出かけてスッテンテンになった挙句風邪をこじらせるという実に微妙な役どころなのですが、それを吹き飛ばすようにクライマックスの乱闘でもんのすごくヒドい啖呵とともに登場(つられて夏海もスゴいことを)。静かな殺陣が多い本作には珍しく、豪快な「音」入りの剣戟を見せてくれました。


 そして『そば屋幻庵』のスペシャルゲストは――この人が良さそうで腰が低くてものわかりがいい人は誰!? という印象。今の読者はわかるのかしら、というのは野暮な心配ですね。


「コミック乱ツインズ」2018年8月号(リイド社) Amazon


関連記事
 「コミック乱ツインズ」2018年1月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2018年1月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年2月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2018年2月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年3月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2018年3月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年4月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2018年4月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年5月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」2018年5月号(その二)
 「コミック乱ツインズ」2018年6月号
 「コミック乱ツインズ」7月号(その一)
 「コミック乱ツインズ」7月号(その二)

| | トラックバック (0)

2018.07.15

TAGRO『別式』第3巻 強く正しく美しい彼女の残酷さ、無神経さ


 江戸時代初期を舞台に、剣術自慢の娘――別式たちの姿を描く本作もいよいよ佳境。無類の強さを誇る剣士にして面食いの主人公・類の存在を、一人の男と一人の女が問い直すことになります。そしてその先に描かれるものは……

 自分より強いイケメンを求めて次々と男たちと立ち会う類、そんな彼女にコンプレックスを抱きつつ秘めた恋に悩む魁、表では伝法に振る舞いつつも仇である狐目の男を密かに追う切鵺、日本橋の母と異名を持つ占い師にして二刀流の達人の刀萌――今日も江戸でそれぞれに暮らす別式たち。
 そんな中でも今日も類は絶好調、亡父の主である土井大炊守が差し向ける婿候補(その他街角でエンカウントするモブ侍)をバッタバッタと薙ぎ倒す毎日であります。

 ということはすなわち、相変わらず類は男に縁なしということですが――そこに新たな挑戦者が現れます。その名は菘十郎――かつての類の父の門下生であり、そして類の視界から自動的に抹消されるほどの微妙なルックスの持ち主であります。
 その風貌により、幼い頃から周囲にいじめ抜かれ、理不尽な嘲りを受けてきた十郎ですが、しかしその実、彼は類の父直伝の剣の達人。試合の場で類の父と瓜二つの剣技を見せる十郎は、ついに類を圧倒するのですが……

 そしてそのエピソードに次いで描かれるのは、刀萌の過去編であります。占い師と二刀流の剣士――いや、金で人を死末する凄腕の殺し屋という二つの顔を持つ刀萌。その優しげな姿には似合わぬ裏の顔を彼女が持つに至ったのは何故か、その二刀流はどこで身につけたものか、そして彼女は何のために人を斬るのか――すなわち、金を稼ぐのか。
 それはあまりにも重く無惨な物語。青春残酷物語どころではない、純粋に残酷時代劇であります。

 そして次の死末のターゲットとして彼女が挑むことになったのは、狐目の男・岩渕源内……


 これまで物語の中では圧倒的に「強く」「正しく」「美しい」存在として描かれてきた類。イケメン以外や自分より弱い者に徹底的に冷たいという欠点などはあるものの、それは主人公としての一種の特権の前には塗りつぶされるものであります。

 そんな類に対して、この巻で描かれる十郎と刀萌の姿は、正反対とすら感じられます。
 (かつては)理不尽な暴力の前に萎縮するしかないほど「弱く」、人として正道ではない道を歩むという「誤り」を犯し、そしてその姿あるいは生き様はあまりにも「醜い」――容赦のない言い方をしてしまえば、それが二人の在り方なのです。
(そしてそのあまりの無残さを、本作ならではの可愛らしい絵柄が巧みに中和し、そして同時に増幅しているのには唸るほかありません)

 しかしそんな二人は、類というキャラクターの根本的にある、どうしようもないほどの残酷さ、無神経さを容赦なく剔抉する存在として機能します。
 他のキャラクターが大なり小なりの悩みを、陰を抱える中で、彼女のみは――もちろん皆無ではないものの――あまりにも軽い。いやむしろ、その悩みを無神経に周囲にぶつけ、あまりにも自分本位に生きていると言うほかありません。

 そしてその根底にあるもの、それを許しているものが彼女自身の「強さ」「正しさ」「美しさ」にあるとすれば――それはなんと残酷なことでしょうか。彼女が彼女である限り、彼女はそれに気付くことはないのですから。
 源内との決闘に向かう直前、刀萌が彼女に対して予言したように……


 もちろんそれは、彼女に「情」がないということではありません。いやむしろ、彼女は様々な形で「情」が濃すぎると言うべきかもしれませんが――だとすれば、その彼女を変えることがあるとすれば、それは彼女の「情」を揺るがせるほど、周囲から失われるものがあった時かもしれません。
 かつて早和が去った時のように。そしてこの巻のラストのように。

 果たしてその先に彼女を待つものが何なのか。それを経験してなお、彼女は「強く」「正しく」「美しく」存ることができるのか。
 そしてそれは本作の第1巻の冒頭で描かれたあの昏い未来図に繋がっていくのかもしれませんが――そこに至るまでの道の辛さから目を背けたいのにもう目が逸らせない、そんな強烈な力を持つ作品であります。


『別式』第3巻(TAGRO 講談社モーニングコミックス) Amazon
別式(3) (モーニング KC)


関連記事
 TAGRO『別式』第1巻 彼女たちのなんでもありの日常と、史実という残酷な現実と
 TAGRO『別式』第2巻 新たな別式が抱える陽と陰

| | トラックバック (0)

2018.07.14

宇野比呂士『天空の覇者Z』第12巻 富士に甦る剣、帰ってきた天空の覇者

 激闘の末に首尾よくT鉱を奪還した一行は、華奈の言葉から、流星の剣を打った刀鍛冶に出会うため富士に向かう。そこで剣が打ち上がるのを待つ中、来襲した日本軍を迎え撃つ天馬たち。華奈の犠牲で剣は復活したものの、日本軍の秘密兵器Yが出現して窮地に陥ったその時、新たなZが降臨する……

 いよいよ日本編もクライマックス、天馬&Jとヴァルキュリア隊の二人との再戦から始まり、流星の剣の復活、日本軍の驚天動地の秘密兵器の登場にZとの対決と盛りだくさんの巻であります。

 西郷に奪われたT鉱のインゴットを追って、相次いで横須賀の海軍秘密工場に潜入/突入した天馬たち。真っ先に捕らえられたキリアンがあわやというところに天馬が真っ正面から突っ込み、さらに先を越されたJとアンジェリーナが……と全員勢揃いしたところで天馬とJが残り、二人を逃がすことになります。
 そして始まるJ対マルセイユ、天馬対リップフェルトの戦い――共に異能の持ち主ですが、こちらは最強メンバー。Jは兵器工場に誘い込んだマルセイユを翻弄、予測偏差射撃を完封した上に命を助けるという完封を見せます。そして天馬はリップフェルトの超加速能力を上回る剣技を見せてこちらも圧勝!

 そしてサイドカーに乗ったアンジェリーナとキリアンは山本五十六にタイヤアタックを食らわしてT鉱を奪還に成功します。行く手に立ち塞がる西郷がサイドカーの結合部を日本刀ですれ違いざまに叩き斬るという無茶を見せるものの、キリアンはT鉱の特徴――強い衝撃を与えると臨界反応を起こし、反重力場を発生させるという性質を利用したブラフで西郷を翻弄し、見事逃げおおせるのでした。
 一方華奈は家に残されていた記録から、流星の剣を打った刀匠の一族が富士に住んでいることを知り天馬たちに合流。その刀匠――石堂透徹のもとを訪れます。実は石堂家の血を引いていた華奈は透徹の相方として手伝うことになりますが――前述の如く衝撃を与えれば臨界に達するT鉱で刀を打つとは、考えてみれば恐ろしい話。それを可能にするのが達人の技ですが、それが三日間不眠不休で打ち続けるというのは流石に無茶としか言いようがありません。

 その間待つしかない天馬ですが――しかし三日目の夕方にT鉱を追って日本軍が襲来。山本五十六が指揮を執り、戦車まで繰り出してくる無茶苦茶ぶりですが、しかし戦車のキャタピラを叩き斬ったり、上から岩を落としたりする天馬たちの方がさらに無茶であります。それでも多勢に無勢、仲間たちに後を任せて華奈たちの元に急いだ天馬が見たものは、力尽きた透徹と、それでも必死に刀を研ぐ華奈の姿。刀は形となったものの、未だに流星の剣の証である透き通った刀身とならない――そう涙ながらに研ぎ続ける華奈も力尽きたか突然喀血! その血を浴びた刀身は……
 そして完全包囲された中、華奈を抱いて現れる天馬。夕日を浴びる中、彼が掲げた刀身は、その血を吸うように透き通った姿に――!

 冷静に考えればよくわからない理屈ですが(そもそも華奈は何故吐血したのか――というのは肺炎だったようですが)、しかしこの場面は作中屈指の名シーン。しかしその直後に更なる迷シーン、いや迷メカが!
 そう、その場に飛来したのはかねてより日本軍が開発していた秘密兵器「Y」――YAMATO! 空中戦艦大和であります。そしてそのビジュアルは、大和を上下逆さにしたもの――艦橋や砲塔を下にした戦艦が空を飛んでいるのはとんでもないインパクトであります。
 しかしここで真打ち登場――折良く改修の終了したZ――ネオ・カイザーツェッペリン改が富士に飛来! 強敵GのG砲を左舷に取り付けた凶悪なデザインは、頼もしいことこの上なしであります。

 そして双方が乗り組んだ(華奈と西郷は成り行きでZに搭乗)上で始まるZ対Yの決戦。しかしYの世界最大口径46センチ砲の砲撃をエーテルガスで無力化したZは、ウェル発明の誘導ミサイル・Vロケット(VはVergeltungではなくVictoryのV!)でYに大打撃を与えます。そこで最後(早い)の力を振り絞ってZの上方に上昇したYは、艦首衝角で特攻を仕掛けるのですが――そこでZ左舷のGユニットが動き、上方を向く! そしてそこから放たれるのはZ砲――ではなく拡散Z砲。スプレー状に反重力ガスを噴射することによってYを分解し、そして山本五十六をはじめとする乗組員たちも、反重力場に包まれて無事地上に軟着陸するのでした。


 と、Yの攻撃を完封した上に乗組員の生命を気遣いつつ撃破という完璧な横綱相撲を見せたZ。「最強だねZ!!!」と、天馬たちが大喜びするのもむべなるかな、であります。

 流星の剣、そしてZが復活し、体勢は万全。いよいよ次巻から最終章に突入であります。


『天空の覇者Z』第12巻(宇野比呂士 講談社少年マガジンコミックス) Amazon
天空の覇者Z 12 (少年マガジンコミックス)


関連記事
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第1巻 幻の名作の始まり――快男児、天空に舞う!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第2巻 天馬vs死神、天馬vs獣人!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第3巻 激突、巨大空中兵器の死闘!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第4巻 流星の剣の目覚めるとき
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第5巻 激突! 新生Zvs第三の超兵器
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第6巻 Z最大の危機!? 変幻自在の怪物たちの襲撃
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第7巻 決戦開始!? 明かされゆく数々の秘密
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第8巻 激闘カラクーム砂漠 そして理解不能の事態へ
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第9巻 世界変容再び! 運命を超えるための死闘
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第10巻 決着、Z対G! そして天馬新たなる旅立ち
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第11巻 日本編開幕! 故郷で天馬を待つもの

| | トラックバック (0)

2018.07.13

もとなおこ『Dear ホームズ』 最も奇妙なシャーロック・ホームズの帰還!?


 シャーロック・ホームズがライヘンバッハの滝に消え、帰還するまでの数年間――いわゆる「大空白時代」は、これまで様々な作品で扱われてきました。そして本作はその中でも最も奇妙な作品の一つでしょう。何しろホームズは、小さな人形にその身をやつしてロンドンに帰還していたというのですから!

 『最後の事件』において、宿敵モリアーティ教授との対決の末、もろともにライヘンバッハの滝に消えたホームズ。それから『空家の冒険』でドラマチックな帰還を果たすまで、読者は、そして何よりもワトスンは、彼が死んだと思い、悲しみに暮れてきました。

 この間、ホームズはチベットをはじめとして世界を放浪したと言われるのですが、その詳細は謎のまま。それだけに大いにファンの心をそそる時期であります(日本で発表されたパスティーシュの中には、彼が日本を訪れるという趣向の作品も幾つかあります)。
 そんな時期、愛妻メアリを亡くしたワトスンが、懐かしいベーカー街221Bを久しぶりに訪れる場面から物語は始まります。

 あのハドスン夫人はホームズを喪った悲しみもあって引退、今はその姪で若く美しい寡婦のミセス・ハドスンが管理人を務める下宿。そこにある日届いたのは大きなドールズハウス――それもこの221Bをそっくり模したものだったのです。
 差出人不明のこの奇妙な荷物に驚いたミセス・ハドスンに招かれたワトスンですが、彼にとってもこの荷物は不可解。物思いに沈む彼の耳に聞こえてきたのはあの懐かしいバイオリンの音色――そしてそれを弾いていたのはホームズの人形!?

 思わず失神したワトスンが意識を取り戻した時、やはりそこにいたのはホームズの人形(人形のホームズ)。実は生きていたホームズは、かつてある事件で知り合った霊媒体質の少女の力を借り、小さな蝋人形に魂を宿して帰ってきたというではありませんか!
 さすがに驚きを隠せないワトスンですが、霊感少女の存在は彼も知るところであり、何よりも目の前に動かぬ証拠がいるのですから信じるほかありません。かくて、懐かしい221Bに帰ってきたワトスンは、ドールズハウスの221Bに暮らすホームズとともに、再び冒険の日々を送ることに……


 その晩年に心霊主義に傾倒したことで有名なコナン・ドイル。しかしそのドイルをしても、ホームズが人形に霊魂を宿すとは思わなかったでしょう。
 ドールズハウスのミニチュア世界に暮らし、事件現場に赴くときはワトスンの頭に乗り、帽子の中に隠れて移動するホームズ。その姿は何ともコミカルですが、もちろんその知性は以前と変わることはありません。

 そしてこの姿でも彼の好奇心と事件に挑む情熱もそのまま。今なお届く事件の依頼状を受け、以前にも増してワトスンの力を借りることになるもののこの名コンビは、ロンドンを騒がす事件の数々に挑んでいくのです。

 そう、名コンビ――本作に描かれるのは、いささか(どころではなく)変則的ではありますが、我々が長きにわたって愛してきたあの名コンビの姿。本来ではあり得ない時期であり、あり得ない姿であるからこそ――より一層二人の友情は理想化されて、本作で描かれているように感じます。

 絵的に見ると、ワトスンが聖典のイメージとはかけ離れた細面の美青年に描かれていることに(そして別人とはいえハドスンさんがうら若き美女となっていることに)違和感を感じる向きもあるかとは思いますが、これは作者も承知の上でのものでしょう。
 何しろ作中の一エピソードにおいては、熱狂的なホームズ譚――いやワトスンファンの少女が登場、聖典の中の彼にまつわる細かい矛盾点の一つ一つにツッコミを入れていくのですから、これはもうわかってやっていると見做してよいかと思います。

 また、物語の終盤においては、彼らとは同時代人であるブラム・ストーカーが登場。何と彼自身が吸血の魔物の影につきまとわれていて――という二重のパスティーシュ展開も楽しい。そしてラストで、きちんと聖典に帰着してみせるのも心憎いところです。


 しかし本作において一点(それもかなり大きく)残念なのは、物語におけるミステリ、というより推理の比重がかなり小さいことであります。

 描かれる事件にオカルト要素が強いのは、これはもうホームズの設定からしてやむを得ないのですが、しかし事件の謎が「オカルトでした」で済まされるのはいただけない。
 日常と超常が共存する世界だからこそ、その区切りを明確にし、そして超常の世界においても、その論理を貫くホームズの推理が見たかった――と強く感じた次第です。


『Dear ホームズ』(もとなおこ 秋田書店ボニータコミックス全2巻) 第1巻 Amazon/ 第2巻 Amazon
Dearホームズ 1Dearホームズ 2

| | トラックバック (0)

2018.07.12

長池とも子『旅の唄うたい』シリーズ 時空を超えて描かれる人々の美しい「情」


 代表作『崑崙の珠』をはじめ、中国ものを得意とする作者が、古代中国を舞台に描くオムニバス形式の連作集――「旅の唄うたい」を名乗る謎めいた美青年・夜烏が、様々な時代と場所で、歴史に名を残す人々の生き様を見つめる物語であります。

 殷王朝末期から唐の玄宗皇帝の時代まで――約二千年にも及ぶ時の流れの中で変わらぬ姿を保ち、様々な場所に現れる旅の唄うたい・夜烏。
 時にはその性別すら変えて現れる彼は、歴史を大きく動かす運命にある人物の前に現れては、時にその行動を助け、時にその行動を止めんとして、歴史の裏側から関わっていくことになります。

 実は彼の正体は、天界の寧安宮に住まう狐祖師の弟子。
 野狐として修行を積む彼は師の命を受け、地上から戦乱をなくし平和をもたらすため、戦乱の原因を作る者たち、あるいはそれを止められる者たちに接触するのであります。
(ちなみに何故戦乱をなくそうとするかと言えば、野に住まう同族の狐たちが戦乱に巻き込まれるから、という理由が面白い)

 しかし人間の心は複雑怪奇、たとえ夜烏が「正しい」道を示したとしても、それに従う者は少なく、彼らは、彼女らはそれぞれの運命に殉じていく――そんな人間たちの姿を描く物語であります。

 さて、全4巻の本作は、それぞれ1話あるいは2話をかけて、その人物の物語を描いていくことになります。以下にその名と時代を挙げれば……
 則天武后(唐)
 王昭君(前漢)
 孫堅(後漢)
 妲己(殷)
 呂不韋(秦)
 始皇帝(秦)
 李斯と韓非(秦)
 司馬遷(前漢)
 呂后(前漢)
 卓文君と司馬相如(前漢)
 趙飛燕(前漢)
 徐庶(後漢)
 楊貴妃(唐)

 何とも豪華かつバラエティーに富んだ顔ぶれであります(その中でも女性が多いのは、これは少女漫画という媒体に依るところが大きいかもしれませんが)。

 そしてその中で描かれるのは、「史記」をはじめとする歴史書の記録、あるいはそれを題材とした「三国志演義」のような物語中の逸話を踏まえた物語。
 こうした表に現れた「史実」を忠実に踏まえつつも、本作は夜烏を狂言回しに、その裏側の表に見えないもの――言ってみれば人の「情」を浮き彫りにしていくのであります。

 その名前を見ただけでおわかりの方も多いかと思いますが、本作の主人公たちは、悲劇の運命を辿る者が少なくありません。
 その意味では決して明るい物語ではないのですが、その生き様に込められた想いは、彼らを絵空事の中の登場人物ではなく、どこか馴染み深く人間臭い存在として浮かび上がらせ、決してその読後感は悪くありません。

 また、歴史上では「悪人」とされている者たちにおいても、その悪を為すにやむを得ない理由、どうにもならない業、あるいは単純な悪人ではない「人」としての顔を描いてみせるのも、定番ではありますが実にいいのであります。(もっとも、この趣向のため、「悪女」を主人公とした物語は、似通った印象を受けてしまうきらいはあるのですが)

 また作者が三国志愛好家を自称するだけあって、三国志関連の二人を主人公とするエピソードはどちらも実に熱い。
 特に徐庶などは、侠客から軍師という彼の転身を曹操との因縁を理由に語りつつ、劉備(これがまた任侠の人的な描写が楽しい)との深く強い絆を感じさせる内容で、読んだ人間が皆徐庶ファンになるのでは――と言いたくなるほどの内容であります。


 しかし、そんな時空を超えた物語にも終わりは訪れます。時系列的には最も新しい、すなわちラストとなる楊貴妃の物語では、同時に夜烏の――そして幾度となく夜烏の前に現れて彼を妨害してきた謎の野狐精・吉祥の――秘められた過去が描かれることとなります。
 封印されていた夜烏の秘密自体は、そこまで意外性があるものではないかと感じますが、しかし特筆すべきは、そこで彼らが――人ならぬ狐たちが見せる「情」の姿でしょう。

 そしてさらに、夜烏を使役してきた狐祖師もまた、強く深い「情」の持ち主であったことを示す結末は実に切なく――本作がいつの時代にもいつの場所にも、そして誰の中にもある美しい「情」を描く物語であったと、改めて感じさせてくれるのです。


『旅の唄うたい』シリーズ(長池とも子 秋田書店プリンセス・コミックス全4巻) 第1巻『打猫』 Amazon/ 第2巻『豺狼』 Amazon/ 第3巻『日食』 Amazon/ 第4巻『傾国』 Amazon
旅の唄うたいシリーズ 1 (プリンセス・コミックス)旅の唄うたいシリーズ 2 (プリンセス・コミックス)旅の唄うたいシリーズ 3 (プリンセス・コミックス)傾国ー唐の楊貴妃ー―旅の唄うたいシリーズ4 (プリンセスコミックス 旅の唄うたいシリーズ 4)

| | トラックバック (0)

2018.07.11

岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第5巻 八郎が見た剣の道の陽と陰


 伊庭の小天狗こと伊庭八郎の青春を描く本作も順調に巻を重ねてこれで第5巻であります。この巻の前半で描かれるのは、試衛館での出稽古で賑やかな毎日を過ごす八郎の姿。そして後半では一転、八郎が人生初めて経験する修羅場が描かれることになります。そしてそこでは意外な人物との出会いが……

 かつて縁のあった吉原の花魁の死をきっかけに、同じ講武所に通う旗本の子弟・富長が攘夷浪士と繋がっていたことを知った八郎。そして講武所の中にも彼らと繋がる者が潜むことに、八郎は大きな衝撃を受けることになります。
 さらには富長が何者かによって斬殺され、にわかにきな臭くなってきた八郎の周囲。まだまだ自分の剣技を磨く必要があると考えた八郎は、かねてより縁があった試衛館に出稽古に出ることになります。

 さて、言うまでもなく試衛館は近藤・土方・沖田をはじめとする、後の新選組の中核メンバーが集った道場。この時点はまだ浪士組結成前であり(近藤が講武所参加を断念した件はこの巻でも触れられますが)、今はまだ、青雲の志を抱いた青年たちが集う梁山泊のごとき様相を呈している状況です。
 以前試衛館では沖田と名勝負を繰り広げたこともあり、ほとんど同門扱いの八郎は、たちまちのうちに彼らと馴染むのですが……

 いやはや、ここで描かれる試衛館組の姿が実にいい。現時点から大人物ぶりを発揮する近藤、バラガキそのものの土方、傍若無人な剣術馬鹿の沖田、ほかにも山南、永倉、平助――その誰もが、ビジュアルといい言動といい、実に「らしい」。新選組好きとしては実にたまらないものがあります。
 もちろん本作は伊庭八郎の物語、彼らはいわば脇役にすぎないと言えばその通りではあります。それでも八郎と同年代の、同じ青春を過ごす彼らの姿が生き生きと描かれるということは、それだけ八郎の姿も鮮明に描かれるということにほかなりません。

 本作の魅力の一つは、八郎の青春時代の爽やかさ、眩しさにあると思いますが、このエピソードにはそれが非常に濃厚に現れていると感じます。


 しかしそんな彼らの切磋琢磨の姿が、剣の道の陽の面を示すものとすれば、その陰の面――すなわち真剣での殺し合いがこの巻の後半で描かれることになります。

 江戸から故郷に帰るという馴染みの女郎への餞に、二人で芝居を見に行くことになった八郎。しかし芝居茶屋で一服した帰り、八郎たちは三人の刺客に襲われることになります。(まさか前の巻でサラリと振られた芝居見物の話がこんな形で展開するとは……)
 富長の件で八郎を逆恨みした攘夷浪士たちの襲撃に、八郎は生まれて初めての真剣勝負を経験することになるのです。

 言うまでもなく八郎は心形刀流の麒麟児、亡き父から子供の頃から真剣で稽古をつけられていたほどの超一流の剣士であります。しかしそんな彼をしても真剣での、それも一対多数の勝負は勝手が違います。
 経験者である永倉(と、ここで彼がピックアップされるのがいい)から聞いていたことを活かす間もなく、窮地に陥る八郎ですが……

 そこに思わぬ助けが入って逆転、そして初めての人斬りを経験する八郎。その人斬りのインパクトもさることながら、ここで驚かされるのは、救い主というのがあの名優・三世沢村田之助であることです。
 実はその日に八郎が見た芝居に出ていたのが田之助――ただそれだけの縁のはずが、偶然彼が浪士たちの企みを知ったことで、救い主を買って出ることになったのです。

 こうした展開は定番といえば定番ですが、しかしそれが沢村田之助というのが面白い。確かに田之助は幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎役者、その壮絶な晩年については様々な作品の題材となっているところですが――この時期の物語に、それも八郎と絡めてというのはかなり珍しい(少なくとも後者は初めて?)のではないでしょうか。

 果たしてこの出会いが、物語においてこの先どのような意味を持つのか。あるいは一時のすれ違いに過ぎないのかもしれませんが――それはそれで面白い趣向であったことは間違いありません。


 さて、剣の道の陽と陰を経験することによって、更なる強さを求めることを決意した八郎。折しも世情はさらに不安定になる中、彼の剣は何のために使われることとなるのか――時はまだ1861年、彼が本格的に世に出るまではまだ間があります。
 それまでに、そしてその先に何が描かれるのか、この先も楽しみにしたいと思います。

(しかしこの巻のラストエピソードは少々文字と理屈が多すぎな印象が……)


『MUJIN 無尽』第5巻(岡田屋鉄蔵 少年画報社ヤングキングコミックス) Amazon
MUJIN~無尽~ 巻之5 (ヤングキングコミックス)


関連記事
 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第1巻 優しさから荒波に向かう時の中で
 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第2巻 少年の成長、大人の燦めき
 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第3巻 激突、伊庭の小天狗vs試衛館の鬼!
 岡田屋鉄蔵『MUJIN 無尽』第4巻 変と酒宴と悲劇の繋がり

| | トラックバック (0)

2018.07.07

宇野比呂士『天空の覇者Z』第11巻 日本編開幕! 故郷で天馬を待つもの

 流星の剣を復活させるため日本に向かった天馬。しかしその鍵を握る華奈は記憶を失っていた。彼女を回復させるために両国の川開きに連れ出した天馬だが、そこにヴァルキュリア戦隊の二人が襲撃。さらに乱戦の中で奪われたT鉱を取り戻そうとしたキリアンが、日本軍の秘密工場に捕らわれてしまう……

 この巻からスタートの日本編。既に天馬の過去自体はカラクーム・オッフェンバルクの最中に描かれていますが、その過去を乗り越えるための物語が始まることになります。

 実はT鉱から作られていた流星の剣を復活させるため、故郷である日本に向かう天馬と、アンジェリーナ・J・キリアンの一行。宇野漫画お得意のご当地グルメ描写の後、意気揚々と懐かしい北辰一刀流の道場を訪れる天馬ですが――しかし道場は無人の状態で、天馬の許嫁であった華奈も見当たりません。
 しかしこれはどう考えても天馬に無理があった話、一番の高弟が師匠を斬殺して逃走した流派が残っている――少なくとも自分を迎えてくれる方がおかしい。そのことを天馬に叩きつけたのはかつての同門――今は帝国海軍軍人の新キャラ・西郷志郎であります。師の仇である天馬に切りかかってきた(そして折れた流星の剣を見て激昂した)志郎ですが、アンジェリーナが割って入ったことで引き、その場には今更ながらにショックを受けた天馬が残されるのでした。

 そして悲しみの中、師の墓を詣でる天馬ですが――そこで出会ったのは何と探していた華奈。しかし様子がおかしい、と思いきや、彼女は恋人が父を斬殺した衝撃で、記憶喪失となっていたのであります。何としても彼女の記憶を取り戻すと誓う天馬ですが――その頃、宿敵ヴァルキュリア戦隊のリップフェルトとマルセイユも日本に到着。
 ナチスと手を組んでY計画なる秘密計画を進める山本五十六の出迎えをスルーする態度のデカい二人を案内するのは志郎――これはただですむはずがありません。

 さて、かつての最愛の人であり、流星の剣を打った刀鍛冶のことを知るらしい華奈の記憶を取り戻すべく、二人の思い出での両国の川開きに連れ出した天馬一行。屋形船でつかの間楽しい時間を過ごす一行ですが――そこにマルセイユとリップフェルトが襲来!
 人間の思考の動きを「青い影」として見ることができるマルセイユと、人間離れした超加速能力を持つリップフェルト。ヒトラー直々に獣性細胞を与えられた「純血種」である二人は、戦闘機を降りても凄まじい戦闘力で襲いかかります。

 リップフェルトはJが迎え撃ったものの、流星の剣が使えない天馬はマルセイユの予測偏差射撃に大苦戦。何故か「青い影」を見ることができるキリアンがフォローするものの、さらに志郎までが現れ、天馬は深手を負わされることになります。
 が――その時、満月の光を浴びてアンジェリーナの力が覚醒します。以前とは姿を大きく変えた――より人間離れした、しかし美しい姿と圧倒的な力で敵を一周する獣鬼アンジェリーナ。彼女の活躍で敵は撃退できたものの、そこに日本軍の潜水艦が出現、敵を回収して撤退する混乱の中で、流星の剣の材料として天馬たちが持ち込んだT鉱のインゴット入りの鞄が志郎に奪われてしまいます。そしてキリアンは、鞄を追って潜水艦もろとも消えることに……

 意識を失った天馬を手当しながら、アンジェリーナに対して恐怖と憤りをぶつける華奈。しかしアンジェリーナはその言葉を静かに受け止めると天馬を彼女に任せ、自分はJとともにキリアンを追って飛び出します。小型T鉱レーダーが指し示す目的地は横須賀――そこには海軍の秘密基地があったのであります。そこに一足先に忍び込んだキリアンですが――志郎から鞄を奪おうとして失敗、捕らえられてしまうのでした。
 そしてマルセイユに痛めつけられるキリアン。何故か自分と同じ能力を持つキリアンに苛立つマルセイユの銃弾がキリアンを貫いたかに思われた時――一瞬遅れて飛び込んだJとアンジェリーナが見たものは、復活して正面から殴り込んだ天馬の姿であります。果たしてインゴットを奪還して脱出なるか――というところで次巻に続きます。


 Zは大破、新・天翔馬号も置いてきたという状況のため、等身大戦のみの日本編。しかし戦闘機なしでも十分に強いヴ隊の二人、そして何よりもアンジェリーナの覚醒によって、この巻ではかなり盛り上がるバトルが展開されることになります。もっとも、天馬自身は愛刀を折られてほとんど戦力外で、二度もアンジェリーナに救われる有様ですが……
 しかしこれはむしろ、これまで同様、いやそれ以上にアンジェリーナのイイ女ぶりを素直に受け止めるべきなのでしょう。何しろ、あのJが認めるのですからかなりのものです。

 しかし読み返してみると、唐突感のあったキリアンの能力も伏線が張ってあったと感心。Jの恋人については――どうなのかなあ。


『天空の覇者Z』第11巻(宇野比呂士 講談社少年マガジンコミックス) Amazon
天空の覇者Z 11 (少年マガジンコミックス)


関連記事
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第1巻 幻の名作の始まり――快男児、天空に舞う!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第2巻 天馬vs死神、天馬vs獣人!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第3巻 激突、巨大空中兵器の死闘!
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第4巻 流星の剣の目覚めるとき
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第5巻 激突! 新生Zvs第三の超兵器
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第6巻 Z最大の危機!? 変幻自在の怪物たちの襲撃
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第7巻 決戦開始!? 明かされゆく数々の秘密
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第8巻 激闘カラクーム砂漠 そして理解不能の事態へ
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第9巻 世界変容再び! 運命を超えるための死闘
 宇野比呂士『天空の覇者Z』第10巻 決着、Z対G! そして天馬新たなる旅立ち

| | トラックバック (0)

2018.07.06

坂口よしを『地獄ヤ変』 不老不死の「水」と「地獄」を巡る者たちの戦い


 明治初期の東京を舞台に、一人の少女が、二人の男――「地獄」と呼ばれる男と、その男を追う男とともに、不老不死をもたらす「水」にまつわる事件に巻き込まれる伝奇活劇であります。

 仕えていた主を亡くし、ひとりぼっちとなった少女・お玉の前に現れた無愛想な青年・鉄戒(くろがね かい)。亡き主の友人だったという戒に引き取られる形となったお玉ですが、その前に戒の主だという美青年・紅月天星が現れます。
 人当たりの良い貿易商という表の顔を持ちながら、戒を「地獄」と呼び、呪を込めた弾丸でこの世ならざるものを滅する力を持つ天星。不老不死をもたらすという「水」なる存在を求める彼は、その手掛かりがお玉にあるに違いないと、彼女に近づいたのであります。

 果たして明らかになるお玉の意外な「正体」。自分でも知らぬうちに「水」の力で命を繋いでいたお玉は、戒と天星とともに「水」の在処を求めるうち、様々な怪異にまつわる事件に巻き込まれることに……


 本作の作者・坂口よしをは、宮部みゆきの『霊験お初捕物控』の漫画化を担当した漫画家。その時も良い意味で漫画的な明るい絵柄が印象に残りましたが、それはもちろん本作でも健在であります。
 本作で描かれるのは、決して明るいとは言い難い――むしろ不老不死という人間のある意味最も強く根源的な欲望にまつわる物語。その物語が決して陰湿になりすぎないのは、この絵の力に依るところが大きいのでしょう。

 しかしもちろん、物語自体も面白いことは言うまでもありません。本作はジャンル的には退魔ものであり、決して珍しいものではないのかもしれませんが――ベースとなる設定が、既存の伝説伝承を用いることはほとんどなく(あるいは独自の解釈が加わり)、本作独自のものとなっているのが目を引きます。

 特に強く印象に残るのは主人公の一人である戒の設定です。天星から「地獄」と呼ばれる戒は、実は「水」によるものとはまた別の形で不老不死の男。少しだけ内容を明かしてしまえば、彼は体内に魔物を封じる異空間「地獄」を持ち、魔物退治を生業とする紅月家に代々使役されてきた存在なのであります。
 そんな彼が、何故紅月家から離れてお玉を守ろうとするのか。そしてそもそも彼はいかなる過去を持ち、何故「地獄」となったのか――そんな彼の秘めた謎が、物語後半を引っ張る原動力の一つとなります。

 そしてもう一人、物語を引っ張るのは天星であります。普段はにこやかなイケメンである一方で、自分の目的に関してはひどく非情となり、お玉や戒を犠牲にして恥じない天星。
 彼は、本作では悪役に近い立ち位置を占めることになりますが――しかしもちろんそれだけではなく、彼もまた大きな秘密と重い過去を背負った存在であることが、終盤でクローズアップされることになるのであります。

 単行本でわずか2巻ということもあり、後半は少々駆け足の印象がないわけではありません(特に意味ありげに登場した天星の後ろ盾の人物にほとんど出番がないのが残念)。
 しかしそれでも決して不足は感じない、いやむしろ物語として描くべきはきちんと描いたと感じられるのは、この本作ならではの設定、本作ならではの登場人物を、作者が完全に消化した上で、物語を構成していることによるのでしょう。

 望まずして不老不死になってしまった者たちと、不老不死を強く望む者――その両者のすれ違いの中から生まれる、悲しみと戦いを描いた本作。
 しかし地獄の中で最後に残ったのは希望だった――そんな結末も気持ちよい、伝奇活劇の佳品です。


『地獄ヤ変』(坂口よしを 秋田書店プリンセスコミックス全2巻) 第1巻 Amazon/ 第2巻 Amazon
地獄ヤ変(1)地獄ヤ変(2)

| | トラックバック (0)

2018.07.05

瀬下猛『ハーン 草と鉄と羊』第1-2巻 英雄・義経の目を通して描かれる異郷の歴史


 ここ数年盛んに発表されている、世界史を題材とした漫画。本作もその一つ、モンゴル帝国を一代で作り上げたチンギス・ハーンことテムジンの若き日を描く作品ですが――しかしこのテムジンの正体はお馴染みの人物。そう、実は生きていた源義経が海を越えて大陸統一を目指す物語であります。

 兄・頼朝に追われた末、己に付き従う者たちを全て失い、蝦夷地に隠れ住んでいた源九郎義経。しかし追っ手はなおも彼に迫り、嵐の海にこぎ出した彼は、ただ一人大陸に漂着することになります。
 そこで金国人父娘とともに暮らすことになった義経=クロウですが、突如襲ってきたタタル人に街は滅ぼされ彼も捕らわれの身に。しかしそこで出会った奇妙な男・ジャムカと盟友(アンダ)になった彼は、ジャムカが手引きして現れた強国・ケレイトに身を寄せるのでした。

 メルキト、タタルとともにモンゴルを取り巻く3強の一つであるケレイトの王、オン・ハーンに取り立てられながらも、密かにその首を狙うクロウ=テムジン。しかし目論見はあっけなく露見し、テムジンはモンゴルに逃れてボオルチュという男に拾われることになります。
 ボオルチュの紹介で、亡き族長イェスゲイの未亡人であるホエルンのもとに身を寄せた二人。そこでホエルンの息子で大力のカサルとのブフ(モンゴル相撲)勝負に臨むことになったテムジンは……


 ある世代以上の日本人にとってはなじみ深い説である一方で、既に一種の奇説・妄説の類という扱いとなっている義経=チンギス・ハーン説。
 もちろん現在での扱いは作者も承知の上かと思いますが、しかし本作はそれを真っ正面から、丹念に描くことになります。

 本作の義経=クロウ=テムジンは、端正な容貌と天狗の如き身のこなし、並外れた弓馬の才を持つ男。そして何よりも、当時の日本人らしからぬ非情とすら見える合理精神の持ち主として描かれます。
 この辺りは我々の良く知る義経像を大きく外れることがない、というより忠実な印象ですが――しかしそんな英雄・義経をしても、大陸は広く、多士済々であります。

 この第2巻までで彼が出会うのは、上で述べたジャムカ、オン・ハーン、ボオルチュ、カサル、さらにはタイチウトの冷徹な戦士ジルグアダイと、一癖もふた癖もある人物。
 金が既に退潮し、数々の騎馬の民が入り乱れたモンゴル周辺はまさに群雄割拠であり――文字通り身一つで現れた義経にとっては、言葉も食べ物も異なる完全な異郷なのです。


 異郷――そう、それは我々にとっても異郷であります。確かにモンゴル帝国やチンギス・ハーンの名前くらいであれば我々も知っていますが、しかしその来歴などを詳しく知る方は少ないでしょう。
 先に名を挙げた登場人物たちは、実は全て実在の人物ですが、しかしその誰もがほとんど馴染みがない世界、ほとんどファンタジーの世界――と言っては失礼かもしれませんが、それくらい遠い世界なのです。

 しかし、そこに義経が加わればどうなるか? 日本人誰もが知る英雄であり、そして伝説とはいえチンギス・ハーンと同一人物説を有する人物が加われば――そこに12世紀末のモンゴルと、我々読者が暮らす現代の日本と、一つの繋がりができることになります。
 これは勝手な想像ではありますが、本作が敢えて義経=チンギス・ハーン説を持ち出してきたのは、この馴染みのない、しかし極めて魅力的な世界と人々を漫画として描くに、義経の存在を一つの取っかかりとするためではないでしょうか?


 そんな想像が当たっているにせよ外れているにせよ、肝心の作品自体が面白くなければ意味がありませんが――その点は心配なし。作者の筆は、馴染みのなさをそのまま新鮮さに転化していると感じられますし、何よりも非常にテンポよく進む物語は波瀾万丈で飽きさせることがありません。
 いや、波瀾万丈というよりも危機また危機という状況に、読んでいるこちらもハラハラさせられっぱなしなのですが――しかしもちろんそれがまた大きな魅力であることは言うまでもないのであります。

 英雄の目を通して描かれる異郷・モンゴルの歴史をこの先も見届けたい――そんな気持ちになる、胸躍る物語の幕開けであります。


『ハーン 草と鉄と羊』(瀬下猛 講談社モーニングコミックス) 第1巻 Amazon/ 第2巻 Amazon
ハーン ‐草と鉄と羊‐(1) (モーニングコミックス)ハーン ‐草と鉄と羊‐(2) (モーニングコミックス)

| | トラックバック (0)

2018.07.03

碧也ぴんく『星のとりで 箱館新戦記』第2巻 辿り着いた希望の砦に集う綺羅星


 箱館戦争で五稜郭に依って戦った、土方歳三をはじめとする旧幕府軍の男たちを描く『星のとりで』、待望の第2巻であります。蝦夷地に上陸し、五稜郭を目指す旧幕府軍。その中に加わった幼い新選組隊士たちが知ることとなる戦場の現実とは……

 鳥羽伏見の戦で大打撃を受け、将軍が恭順の意を示しても、なお闘志を失わなず、北へ北へとその戦場を移していった旧幕府軍の侍たち。
 その最中に新選組に加わった四人の隊士――市村鉄之助、田村銀之助、玉置良蔵、上田馬之丞は、元服をしたかしないかの年齢ながら、土方を信じて行動を共にすることになります。

 北上の最中、陸軍隊や額兵隊、さらには唐津藩の残存兵などを加えた一行は、仙台を経て、蝦夷地に上陸。鷲ノ木浜から箱館を目指す土方と大鳥圭介は、二手に分かれて進軍することになるのですが……


 ついに土方や少年たちが、物語の真の舞台である五稜郭にたどり着くこの第2巻。そこで彼らがいかなる戦いを繰り広げることになるか――実はそれはまだまだ先の話であります。
 この巻で描かれるのは、新天地に希望を抱く彼らの姿――自分たちを謀反人ではなく、対等の交戦国として胸を張ってこの北の地に立とうとする、希望に燃える彼らの姿なのです。

 そしてまさしく「星のとりで」である五稜郭に集った彼らの姿は、まさしく綺羅星というべき輝きを放ちます。
 第1巻でもその俊英ぶりを発揮した星殉太郎、胸に複雑なものを抱えつつも一心に戦う野村利三郎&相馬肇、さらに今回初登場(のはず)の古屋佐久左衛門など――見ているだけで胸躍るような豪傑・英傑ぶりであります。

 正直なところ、土方たちに比べれば知名度という点では劣る彼らではありますが、しかし史実でのその姿を見れば、一人一人が物語の主人公になれそうな人間ばかり。
 そんな面々の姿を見ることができるだけでも、本作を読む価値はあると――いささか大げさかもしれませんが、思ってしまうのです(特にこの巻では、古屋佐久左衛門と高松凌雲兄弟のキャラの濃さには感心いたします)。

 そしてそんな彼らを束ねるのが土方ですが――現時点ではまとめ役に徹しているというか、一歩引いた「大人」の立場で要所要所を締めているという印象。
 それはもちろん、物語が少年たちの視点から描かれていることによるところは大きいのだと思いますが――かつての「鬼」の副長が、五稜郭では「慈母」のように慕われていたという、この時期の土方の姿を巧みに浮き彫りにしていると感じられます。

 もっともこの巻のラストでは「蜥蜴」呼ばわりされてしまうのですが、それはさておき……


 しかし、あくまでも彼らが居るのは戦場であります。箱館に、五稜郭に入る直前の戦いで、少年たちは悲しい別れを経験。さらに一人が病で倒れることになります。
 そして、松前藩を説得すべく向かった松前でも戦闘が行われた末、少年たちは思わぬ危機に見舞われることになります。

 希望が一転危機に変わる戦場。そこで少年たちが何を見るのか、そしてそんな少年たちに、土方ら大人たちはどのように接するのか?
 そして、この先待ち受ける真の「戦争」において、彼らが如何に戦うのか――物語はこれからが本番というべきなのでしょう。


 ちなみにこの巻には、番外編として旧幕府軍に参陣する直前の星殉太郎と細谷十太夫の物語が収録されています。

 仙台藩において鴉組こと衝撃隊を率いて活躍しつつも、仙台藩降伏を目前に殉太郎とは道を違えた十太夫。なおも華々しい戦いを求めた殉太郎を支え、十太夫は闇に沈む道を選ぶのですが……
 しかしついに五稜郭に入ることはなかった彼もまた、綺羅星の一つであったことを浮き彫りにしてみせる本作は、まさしく『星のとりで』という物語の番外編に相応しい内容と感じます。

 「星」の陰の闇夜の「鴉」――男と男の熱い友情が胸に響く好編です。

『星のとりで 箱館新戦記』第2巻(碧也ぴんく 新書館ウィングス・コミックス) Amazon
星のとりで~箱館新戦記~(2) (ウィングス・コミックス)


関連記事
 碧也ぴんく『星のとりで 箱館新戦記』第1巻 少年たちの目に映る星々たちの戦い

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧