2017.04.23

斉藤洋『くのいち小桜忍法帖 3 風さそう弥生の夜桜』 公儀隠密の任と彼女の小さな反抗と

 公儀隠密の総帥の娘である少女・小桜を主人公とした『くのいち小桜忍法帖』……つい先日、完結巻の第4巻が刊行されたシリーズの第3巻であります。江戸の町で起きる小さな事件を追うことになった小桜。しかしその果てに彼女は、自分の家も関わった、思いも寄らぬからくりの存在を知ることになるのです。

 あと数ヶ月で桜が咲こうという中、その次の季節の花をあしらった着物を求めて江戸の町を行く小桜。その途中に出会った顔なじみの岡っ引き・雷蔵親分から彼女が聞かされたのは、またもや怪事件の噂であります。

 江戸の町から姿を消した幾人もの職人。周囲に気付かれないように巧妙に消え、そしていつの間にか戻っている彼らに共通するのは、いずれも金座で小判づくりに携わる職人であることでした。
 なるほど、周囲から隔離された金座であれば、一時期職人が消えていたとしてもすぐに気付かれることはありません。しかしそうだとしても、誰が、何のために……

 探索を始めた小桜たちが掴んだのは、事件の背後にとある外様藩の存在があること。だとすればこれはまさに彼女の、いや彼女の家である外様大名の探索担当の公儀隠密・橘北家の役目であります。
 遠国に出ていた彼女の二番目の兄も加わり、事件の背後で密かに進行していた陰謀を押さえるべく動く橘北家の面々なのですが――


 江戸で次々と起きる怪事件に、小桜が挑むというスタイルで展開してきた本シリーズ。本作も基本的にはそのフォーマットを踏まえたものですが、しかしそこからいささか踏み出した形を見せることになります。

 実は本作においては、事件の謎は比較的早い段階で判明し、その後はその陰謀を明るみに出さんとする橘北家の作戦が描かれることとなります。
 しかし物語の中心となるのは、むしろその作戦が終わってから。中心となるのは、作戦の(小桜にとっては)思いもよらぬ結末であり、そしてそれを目の当たりにした彼女の心の動きなのです。

 思えば、開幕当初より、事件とそれに対する小桜の活躍と同じかそれ以上に、彼女の内面を描いてきた本シリーズ。
 それはまだ未熟ながらも公儀隠密の一員としての彼女の姿を描くと同時に、一人の年頃の少女としての彼女の内面を描くものでもありました。

 これまで彼女の持つこの二つの側面は、矛盾することなく存在してきました。自分は公儀隠密の家に生まれ、当然公儀隠密になる。そしてその任は常に正しい(と言わないまでも道理に叶ったものである)という思いの下に。

 しかし本作の事件の結末において、そしてそれと同時に進行していたある任務の結果(それが史上に残るあの大事件に繋がることに……!)を知ることによって、彼女の中に一つの疑問が生じることになります。
 自分たちのしていることは本当に正しいのか。公儀隠密の任とは何なのか、というような。

 それは大人の目から見れば――そして一般の時代小説は基本的にそのスタンスなのですが――青臭い感傷に過ぎないと断じられるものなのでしょう。
 しかし、そんな感傷を抱くことができるのも、大人の世の中の「当然」に対して異議申し立てするのも、子供の特権でしょう。そしてそんな子供たちが読む物語においてそれが描かれることも、また必要なことであります。

 もちろん、そんな異議申し立ては容易いことではありません。公儀隠密のような立場であればなおさら。
 そんな小桜の小さな反抗が、本作の、いや本シリーズの冒頭から描かれてきた彼女のキャラクターの一端を通じて描かれるのは、これはもうベテランの技だと、大いに感嘆させられた次第です。


 果たして小桜が抱いた想いはどこに向かうのか。本作で描かれた大きな大きな事件に、彼女は今後どのように関わっていくことになるのか。シリーズ最終巻も近日中に紹介いたします。

 ちなみにこの最終巻では、驚くべき(予想はしていましたが……)クロスオーバーの存在が明らかになるのですが、よく読んでみればその痕跡はこの巻から既に存在していたことに驚かされます。
 知っていて読まなければわからない部分ではありますが――


『くのいち小桜忍法帖 3 風さそう弥生の夜桜』(斉藤洋 あすなろ書房) Amazon
3風さそう弥生の夜桜 (くのいち小桜忍法帖)


関連記事
 斉藤洋『くのいち小桜忍法帖 1 月夜に見参!』 美少女忍者の活躍と生きる価値と
 斉藤洋『くのいち小桜忍法帖 2 火の降る夜に桜舞う』 二重生活と江戸の忍びのリアル

| | トラックバック (0)

2017.04.22

細谷正充『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド』 

 他のジャンルに比べると意外なほど少ない印象がありますが、それでもコンスタントに発売されている時代小説の紹介本。しかしその中でも本書ほど個性的な本はないでしょう。時代小説を中心に八面六臂の活躍を続ける著者による本書は、類書ではまずお目にかかれないような切り口の一冊なのですから――

 そのマニアックなまでの知識の深さと、リーダビリティの高い語り口で、文庫解説の点数が減少する中でも、一人気を吐いている著者。私も、面白そうだと思って手に取った文庫の解説が、かなりの確率で著者のものであったりするのですが……それはさておき。
 そんな著者が時代小説の解説本を書くとすれば、通り一遍のものにはなるまいと思いきや、その予感は的中。何しろそのチョイスが、実にユニークなものなのです。

 タイトルのとおり、歴史・時代小説を100作品紹介している本書。その中で本書は11のサブジャンルに分けて作品を取り上げるのですが……そのチョイスは以下の通りです。

 歴史・時代小説名作選
 剣豪・忍者時代小説
 伝奇
 捕物帖・ミステリー
 SF・ホラー
 エロ
 大陸
 海外
 ライトノベル
 短篇
 偏愛

 最初の4つはわかります。というより当然です。SF・ホラーも。しかしエロとは!? いや、あまり表立って取り上げられることはありませんが、確かに今でも時代小説の中で、隠然たる勢力を誇っている(?)サブジャンルではありますが……
 そして続くサブジャンルも、やはり解説本の類では、なかなか見かけないものばかり。あるとしても、ジャンルで数作品分まとめての記載で、作品が一つ一つ取り上げられることは滅多にない、という印象があります。

 そうした作品もきっちり一つ一つ取り上げていくのですから、それだけで本書のユニークさが、そして価値がわかろうというものではありませんか。


 さて、ここで恥を忍んで打ち上げれば、本書で紹介されている100作品中、私が存在すら知らなかった作品が20ありました(その約半数がエロでしたが)。
 そんな人間が言っても説得力がないかもしれませんが、本書において「こんな作品があったとは!?」と驚かされることがあっても、「こんな作品が載っているなんて……」と思わされるものはほぼなかった、というのが正直な印象であります。

 それは紛れもなく、著者の目の確かさと、それと同時に、カバーする範囲の広さによるものでしょう。
 ある意味その広さ故に、人によっては合わない作品があるかもしれませんが……しかしここで紹介されている作品は確実に面白い(のだろう)と感じます。

 まずは本書を助けに、存在を知らなかった作品を探しにいくとしましょう。


『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド』(細谷正充 河出書房新社) Amazon
歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド

| | トラックバック (0)

2017.04.21

久保田香里『緑瑠璃の鞠』 鬼と人を分かつもの、人が人として生きる意味

 児童向けの歴史小説で活躍している作者が、闇深い平安時代を舞台に描く、一風変わった物語であります。没落貴族の姫君のもとに現れた見目麗しき青年貴族。しかし彼にはある目的が……
(以下、物語の内容にかなり踏み込むことをご容赦下さい)

 前の大宰権帥の娘でありながら、父が亡くなって以来寄り付く者もなく、次々と仕える者も消え、今は女房と女童、下男の三人と荒れ果てた屋敷に暮らす夏姫。そんな中、母の代から姫に仕える女童のわかぎは、自分が屋敷を支えねばと奮闘の毎日であります。
 一方、都では神出鬼没の盗賊「闇の疾風」が跳梁。しかし取るものとてない屋敷とは無縁に思われたのですが……

 そんなある日、屋敷に現れた美しい青年貴族。右近の少将の大江高藤と名乗る彼は、かつて夏姫の父に世話になった恩を返したいと、様々な形で援助を申し出るのでした。
 高藤によって屋敷は美しい姿を取り戻し、何よりも夏姫が高藤に惹かれている様子なのを見たわかぎは、大いに喜ぶのですが……しかし、やがて彼女は高藤にもう一つの顔があることを知ることになるのです。


 正直な印象を申し上げれば、一本の物語としてはかなり大人しめで、平安時代の説話集の一挿話といった趣もなきにしもあらずの本作。
 冒頭で描かれる、夜の都で出会った「小鬼」と「少女」が、誰と誰なのかもすぐに予想がつくため、物語の展開もそのまま予想できるところではあります。

 しかしそれでも本作にはどこか得難い魅力が漂っていると感じられるのは、これは本作の中心となるアイテムであり、本作の題名でもある「緑瑠璃の鞠」によるものであることは間違いないでしょう。
 鬼の宝と言われ、闇の中でも朧な光を放つ鞠。上で述べた小鬼が、かつて少女に与えたこの鞠は、手にした者から恐れや悲しみといった感情を消し去る力を持つアイテムであります。

 夜の闇の恐ろしさや、大事な人間を失う悲しみも、この鞠があればもう感じることはないと小鬼は告げるのですが……しかしそれが真に正しいこと、幸せなことであるかを、本作は問いかけます。
 そしてこの鞠の輝きは、鬼と人を分かつものを、言い換えれば人を人たらしめるものを浮かび上がらせる存在でもあります。さらに言えば、人が人として生きる意味をも――

 恐れを感じないことが、悲しみを感じないことが、人として真に在るべき姿なのか。そこから得られるものも、人の生を豊かにするものもあるのではないか? 
 ストレートに描けばいささか気恥ずかしいこの問いかけを、本作は不思議な鞠の存在を通じて、ごく自然に浮かび上がらせるのです。
 そしてこの鞠にまつわる物語を、夏姫と高藤の姿を見届けるのが、しっかり者のようでまだまだ幼いわかぎというのが、またよくできていると感心させられます。

 紛れもなく夏姫と高藤がこの物語の中心にいるものの、二人の目からでは、本作の物語の景色は、どこか偏ったものとなってしまうでしょう。
 ある意味第三者であり、そしてまだ真っ直ぐにものを見つめることができるわかぎの視点こそが、本作に必要なのだと、本作を最後まで読めば理解できます。


 先に述べたように、本作の物語としての起伏はさほど大きなものではなく、意外極まりない展開が用意されているというわけもありません。
 しかしそれでも、本作で描かれているものは、静かに、そして深く心に染み入るものがあります。それはあるいは、人生のあれこれを経験してしまった大人の方が、より深く頷けるものではないか……そんな気がいたします。


『緑瑠璃の鞠』(久保田香里 岩崎書店) Amazon
緑瑠璃の鞠 (物語の王国 7 )

| | トラックバック (0)

2017.04.18

風野真知雄『密室 本能寺の変』 探偵光秀、信長の死の謎を追う

 戦国史最大の事件たる本能寺の変の謎に挑んだ作品は数多くありますが、本作はその中でもかなりユニークな部類に入るでしょう。何しろ探偵役となるのが、本来であれば犯人であるはずの明智光秀。そして彼が挑む謎とは、自分が攻め込んだ時、既に密室で殺されていた信長の死なのですから――

 天下統一を目前として、ごくごく僅かの手勢のみで、公家、僧侶、商人と、彼に恨みを持つ者たちばかりが集う本能寺に入った信長。愛する信長を守るために警備を固めようとする森蘭丸ですが、しかし信長に一笑に付されることになります。
 なるほど、防備は城塞並み、特に寝所は完全に密室となっている本能寺ですが、しかし刺客の影がちらつく中、危機感を募らせていく蘭丸。

 そしてこの状況に危機感を募らせていた男がもう一人。自分こそが信長に最も信頼されていると自負し、そして蘭丸の存在に嫉妬を燃やす明智光秀であります。
 信長の過信が現在の危険極まりない状況を招いたと憂える光秀は、煩悶の末、ほかの人間に殺されるくらいならばと信長弑逆を決断、本能寺に攻め入ることになります。

 そして始まった明智軍の猛攻の中、信長が寝所から姿を見せないことに不審を抱いた蘭丸。閉め切られた寝所の扉をこじあけてみれば、中にあったのは何と信長の無惨な遺体ではありませんか!

 その事実を知った光秀は、自分が手を下すよりも先に信長が殺されたことに怒りを燃やし、犯人を見つけだそうとするのですが……彼の前に次々登場する、犯人を自称する者たち。
 しかし信長の最期の姿は、彼らの主張する犯行方法ではいずれも成し得ないものであったことから、事態は混迷を極めることになるのであります。


 その作品のかなりの割合でミステリ的趣向を用いたものが含まれている作者。本作もその一つということになりますが、題材といい探偵役といい展開といい、それらの作品の中でも群を抜いてユニークな作品であることは間違いありません。

 とは言うものの、終盤で解き明かされる信長殺害のトリックは、ビジュアル的には面白いものの、実現するにはあまりに無理があり、これはミステリファンの方は激怒するのでは……というのが正直な感想であります。

 しかし、真犯人の犯行理由は――こちらはむしろ普通の歴史小説ファンが怒り出しそうなのですが――作者のファンとしては、なるほど、と感じさせられました。
 本作に登場する(光秀を含めた)容疑者の誰に比べても、遙かに「つまらない」ものである彼の動機。しかしその動機は、まさしく信長がこれまでの覇道で踏みにじり、一顧だにしなかったものの象徴と感じられるものなのですから。

 思えば作者は、デビュー作以来、常に強者より弱者、勝者よりも敗者、高所よりも低所からの視点を好んで描いてきた作家。だとすればこの真犯人像も、(小説として盛り上がるかは別として)大いに頷けるものがあるのです。
 そしてさらに言えば、光秀と容疑者たちの対話の中から、言い換えれば容疑者たちの犯行動機から浮かび上がるのは、英雄と称されてきた信長の負の側面……と言うのがキツい表現であれば、信長の英雄らしからぬ側面であります。

 本作はユニークなミステリとしての形式を取りながらも、むしろその中で信長の姿を、通常とは異なる角度から描き出そうとしていたのではないか――
 と牽強付会気味に感じたのは、これは作者がこれまで、『魔王信長』『死霊大名』といった作品の中で、これまた特異な形で信長を扱ってきたからなのですが。


 とはいえ、このような内容であれば、その信長の正の側面……光秀と蘭丸が愛する信長の魅力も、より掘り下げて描かれる必要があるように思うのですが、それが今ひとつ見えないのもまた事実。やはりアイディアと趣向は非常に面白いものの、色々と勿体ない作品と言うべきでしょうか。


『密室 本能寺の変』(風野真知雄 祥伝社) Amazon
密室 本能寺の変

| | トラックバック (0)

2017.04.13

霜島けい『憑きものさがし 九十九字ふしぎ屋商い中』 ユニークな怪異と、普遍的な人情と

 まだ時代小説の作品数は少ないものの、そのどれもが極めて独創的かつ面白い霜島けいの新作は、やっぱり極めつけにユニークなシリーズの第2弾。「ぬりかべ」の娘のヒロインが、今日も曰く付きの品が引き起こす奇っ怪な騒動の中に飛び込んでいくことになります。

 父一人娘一人で暮らしながらも、ある日突然、父・作蔵がぽっくりと逝ってしまった少女・るい。ある理由から奉公先を次々と追い出され、途方に暮れた彼女は、この世のものならざる曰く付きの品と出来事を扱うという九十九字屋なる店に出会うことになります。

 実は生まれつき幽霊が視えてしまう体質であり、何よりも死んだはずの作蔵が壁の中に自在に出入りできる妖怪「ぬりかべ」になってしまっていたるいにとって、九十九字屋は願ってもない奉公先。
 かくて紆余曲折の末に店に雇われることになったるいは、店の主で隠れイケメンながら無愛想(でツンデレ気質)な冬吾の下、店に持ち込まれる品物に振り回されることに――


 という「塗りかべの娘」シリーズ第2弾の本作では、いよいよ本格的に店で働くことになったるいが、曰く付きの品が絡んだ事件解決に奔走する二つの中編から構成されています。

 第一話「泣き枕」で九十九字屋に持ち込まれるのは、夜な夜な赤子のように大声で泣き喚く枕。古道具屋で売られていたというその枕の元の持ち主を探し出してみれば、それは意外な境遇の人物でありました。
 そして九十九字屋に、枕とその人物に曰くありげな男の幽霊が出現したことから、泣く枕の正体と、そこに込められた複雑な想いの存在が描かれることになるのです。

 一方、第二話「祭礼之図」に登場するのは、才能に溢れながらも夭逝した絵師が遺した、深川八幡宮の祭りの絵。見事な筆致で賑やかな祭りに繰り出した人々の様子を写し取ったその絵は、しかしいつの間にか人間の数が増えていたのであります。
 絵に増えた人物にはある共通点があることを知った冬吾とるいは、現実に現れているであろう彼らに会い、事件を解決するために、八幡宮に向かうのですが、しかし祭りの当日はとんでもない人手で――


 既に飽和状態なのではないか、と感じさせられるほど、多様な作品が刊行されてきた妖怪時代小説。しかしその中でも、本作に(そして作者のこれまでの作品に)描かれているのは、他の作品ではおよそお目にかかれないような怪異であります。

 確かに、啜り泣く(本作の場合はギャン泣きですが)器物、あるいは独りでに変化が生じる絵画というのは、怪異談ではまま見かける題材であるかもしれません。しかし本作におけるそれらは、怪異のディテール、そしてそこから生まれる物語展開など、唯一無二としか言いようがない存在であります。
 そしてそこにるいと冬吾、そしてぬりかべの作蔵というおかしなトリオが絡むのですから、面白くならないわけがないのです。

 しかし本作で感心させられるのは、そうした怪異の設定・描写の存在だけではありません。何よりも魅力的なのは、それらの怪異の背後に存在する、人の情念……すなわち「人情」なのです。

 怪異を引き起こす人情、あるいは怪異の中に浮かび上がる人情……本作で描かれるそれらの人情は、実を言えば、怪異のユニークさに比べれば遙かにストレートであり、少々厳しい言い方をすればありふれたものであります。
 しかし、我々読者が物語の中の人情に触れる時、より大きく心を動かすのは、そうした普遍的な人情であることは、間違いないことでしょう。何よりも我々の感情は、物語の中に自分と同じ想いを見いだす時、大きく動かされるのですから。

 そして本作は、そうした普遍的な人情を、怪異という器に盛ることにより、よりビビッドに、そして味わい豊かなものとして描き出すことに成功しているのです。
 それはもちろん、その怪異自体の、そしてそれに巻き込まれる人間たちの描写が優れていればこそ、初めて成立するものであることは言うまでもありません。


 極め付きにユニークな怪異を描くと同時に、我々誰もの想いを動かす人情を描く。そんな離れ業を能く成し得るのは、長年に渡り活躍してきた作者ならではでしょう。
 一冊に収録されているのが二話というのが物足りないほどなのですが、嬉しいことにシリーズ第三弾も既に決定しているとのこと。この物語をこの先も味わうことができるのは嬉しい限りであります。


『憑きものさがし 九十九字ふしぎ屋商い中』(霜島けい 光文社文庫) Amazon
憑きものさがし: 九十九字ふしぎ屋 商い中 (光文社時代小説文庫)


関連記事
 霜島けい『ぬり壁のむすめ 九十九字ふしぎ屋商い中』 おかしな父娘の心の絆

| | トラックバック (0)

2017.04.12

會川昇『洛陽幻夢』 もう一つの可能性と土方歳三の選択

 「歴史街道」 2017年5月号の第一特集は「新選組副長 土方歳三 なぜ戦い続けたのか」。『新選組!』の時代考証や、『新選組刃義抄 アサギ』の原作者である山村竜也を中心とした特集ですが、この中に會川昇の短編小説が掲載されているとくれば、見逃すわけにはいきません。

 會川昇で土方歳三とくれば、思い出すのは『天保異聞妖奇士』に登場した少年時代の土方ですが、実は同作の時代考証が山村竜也。ということでファンとしては思わぬ嬉しい取り合わせであります。

 さて、今回掲載された小説のタイトルは『洛陽幻夢』。洛陽といえば中国の都、ではなく、この場合は平安京の東側の意であります。近藤勇は池田屋事件のことを「洛陽動乱」と呼んでいたそうですが……そう、本作の題材となっているのは池田屋事件なのです。

 長州浪士を中心とした蜂起の企てを知り、浪士たちの本拠を探るべく二手に分かれた新選組。
 その結果、近藤を長とする隊が池田屋にて浪士を発見、激しい戦闘となっていたところに土方隊が到着し……という事件のあらましをここで語るまでもありませんが、本作はこの土方が池田屋に突入する寸前の物語であります。

 既に池田屋で戦闘が始まっていることを知り、突入を決意しつつも、実は人を斬った経験の乏しさから一瞬のためらいを見せる土方。
 と、その瞬間に周囲の風景は揺らぎ、次々と姿を変えていくと、彼がいるのは全く見覚えのない土地。そしてそこに彼で待っていたのは、一人の青年でありました。

 かつてこの地で起きた事件の名と、それがこの国の歴史に大きな影響を与えたことを語る青年。あるいは戦い以外の道があるのではないかと語る青年を前に、土方の選択は……


 というわけで、一種の○○○○○○○ものである本作。新選組や土方とそのアイディアの組み合わせ自体は実は比較的数はあるのですが、しかし本作は池田屋突入直前というタイミングが何とも面白い。
 そしてそこで一つの可能性を示されつつも、ある想いからそれを振り切る土方の姿は、その先に待っていたものを思えば物悲しくも、しかし「それでこそ!」と思わされるものがあるのです。

 そして、歴史を巨視的に考えればあるいはそちらの方が正しかったかもしれない道を前にしつつも、ごくパーソナルな、人間としては当然の感情から選択を行う土方の姿は、実に作者らしい人間描写であると、個人的には嬉しくなってしまったところであります。
(もちろん、考証への拘りや小ネタのチョイスなどもまた、実に作者らしい)


 実は本作は雑誌のページで言えば4ページ弱、史実の解説的な部分を除けばさらに分量は少なくなります。しかしその中で作者らしさをきっちり見せ、そして魅力的な土方像を……そしてこの特集のタイトルへの回答を示してみせた作者の腕の冴えに、改めて感心した次第です。


 ちなみに特集本体の方は、山村竜也の総論が実にわかりやすく(これは本当に重要と改めて感心)丹念に書かれており、こちらももちろん一読をおすすめします。


『洛陽幻夢』(會川昇 PHP研究所「歴史街道」2017年5月号所収) Amazon
歴史街道 2017年 05 月号

| | トラックバック (0)

2017.04.11

松尾清貴『真田十勇士 7 大坂の陣・下』 そして英雄の物語から人間の歴史へ

 ついに決着の時がやってきました。真田幸村と彼に仕える勇士たちの戦いを、真田対「天下」という切り口で描いてきたこのシリーズも、いよいよ本書で完結。大坂夏の陣を舞台に、次々と猛将・勇将たちが散ってく中、明らかとなる驚愕の真実とは――

 天下との、そして百地三太夫との戦いの末に全てを喪い、最後に残された武士としての意地を胸に、大坂城に入った幸村。
 豊臣家の存続を最優先にして勝つ気のない大坂城の首脳陣を尻目に、幸村とその子・大助、そして勇士たちは、あの真田丸で徳川軍相手に大活躍を繰り広げることになります。

 しかしその一方で勇士の一人が大坂城を捨て蓄電、そしてまた一人が大助を守って命を落とすことに。
 その下手人である怪僧・天海は討ったものの、彼の自らの死を覚悟していたような態度と、そして百地三太夫の依代でありながらも、彼の野望――現世と曼荼羅世界(神仏の存在する異界)の合一を否定するような天海の末期の言葉に、幸村たちは釈然としない想いを抱くことになります。

 しかしそんな出来事を経ても、そして豊臣方と徳川方の不本意な休戦を経ても、なおも彼らの戦いは続きます。ある者は豊臣家存続を勝ち取るために、ある者は死に場所を求めるために、そしてまたある者は、武士としての最後の意地を示すために。
 そして始まった大坂夏の陣。後藤又兵衛が、薄田隼人が、木村重成が、それぞれの命を散らす中、幸村と勇士たちも、それぞれの最後の戦いに踏み出すことになるのですが――


 前編に当たる第6巻同様、基本的に史実をベースに展開していくこの最終巻。
 そこで描かれる物語は、我々のよく知る歴史をなぞったものではありますが、しかしこれまでのシリーズがそうであったように、平明な表現で、しかしフッと歴史の「真実」を掘り下げてくる、本作の魅力は変わることがありません。
 特に、後藤又兵衛が最期を迎えた道明寺での戦において、彼が突出した(あるいは幸村たちが遅れた)理由について、これまでになくシンプルでありながら、しかし説得力十分の回答を示しているのは印象に残ります。

 しかしもちろん、その中で最も強く印象に残るのは、最後の戦いに赴く勇士たちの姿であります。

 これまでの巻の紹介で繰り返し述べてきたように、それぞれその理由と背景は異なるものの、それぞれの形で「人間」であること、「自分」であることを否定され、奪われてきた勇士たち。
 本作は、そのまさに人間性を否定する「天下」と人間の対決を描いてきた物語でした。そしてここで示される彼らの戦う理由は、彼らがそれぞれに自分自身が失ったものを(人生の最後の最後において)取り戻したことを示すが故に、感動的なのであります。

 そしてそれは、彼らの主である幸村にとっても変わることはないのですが――


 しかし、しかし物語を読み進める中、一つの疑問が頭の中で大きくなっていくことになります。この作品における最大の敵、天下の名の下に人間を、個人を否定する存在の象徴である百地三太夫は、この戦いのどこに潜んでいるのか……と。

 物語の核心中の核心となるため、ここでそれをはっきりと述べることはできません。しかし全ての結末において、その理由は明確に、そして意外な形で明らかになるとだけは述べることができます。
 そしてそれは、一つの物語の、英雄たちが超常の敵に立ち向かう戦いの否定であるとも――

 それはこの物語をここまで読んできた者にとって、必ずしも望ましい結末ではないかもしれません。
 しかし、物語を、そしてその中で生まれるここではないどこかを否定することで、初めて歴史が、生きた人間が織りなすそれが生まれるのだとすれば、それはこの上ない人間の勝利だということができるでしょう、

 物語を否定することを以て物語を終え、そしてそれによって作品のテーマを完結してみせる……一種メタフィクション的な、人を食った仕掛けではあります。
 そしてそれは単なる否定にのみ終わるものではありません。そこにあるのは、幸村と勇士たちが求めたもの、取り返そうとしてきたものの先にある、一つの希望の姿でもあるのですから。


 しかしこの物語を愛するからこそ、結末において呼びかけたくなるのもまた事実。お前は本当にそれでよかったのか……と。その答えはもちろんわかってはいるのですが――


『真田十勇士 7 大坂の陣・下』(松尾清貴 理論社) Amazon
真田十勇士〈7〉大坂の陣〈下〉


関連記事
 松尾清貴『真田十勇士 1 忍術使い』(その一) 容赦なき勇士たちの過去
 松尾清貴『真田十勇士 1 忍術使い』(その二) 人間を、自分を勝ち取るための戦い
 松尾清貴『真田十勇士 2 淀城の怪』 伝奇活劇の果ての人間性回復
 松尾清貴『真田十勇士 3 天下人の死』 開戦、天下vs真田!
 松尾清貴『真田十勇士 4 信州戦争』 激闘上田城、そしてもう一つの決戦
 松尾清貴『真田十勇士 5 九度山小景』 寄る辺なき者たちと小さな希望と
 松尾清貴『真田十勇士 6 大坂の陣・上』 決戦、自分が自分であるために

| | トラックバック (0)

2017.04.10

吉川永青『裏関ヶ原』 それぞれの「関ヶ原」を戦った男たち

 関ヶ原の戦を題材とした短編集である本書は、「裏」のタイトルにふさわしく、関ヶ原に参戦しなかった者たちを描いたユニークな一冊。しかし実際に関ヶ原という場所に赴かずとも、彼らはそれぞれの「関ヶ原」を戦っていた……という視点で貫かれた、中身の濃い作品揃いであります。

 戦国時代の実質的な終わりを告げる最後の大戦というべき関ヶ原の戦。これまで無数の作品の題材とされてきたこの戦は、当然ながら、基本的には徳川家康と石田三成を中心に、「関ヶ原」という合戦場に集った者たちの戦いを描かれてきました。

 もちろん、作者も参加しているアンソロジー『決戦! 関ヶ原』のように、あれだけの大戦であれば参加する武将も多士済々、そこに集った者だけでいわばオールスターキャストであるわけですが、しかしそこに集わなかった者にもまた、それぞれのドラマがあります。
 本作はそんな6人の武将を主人公にした短編集。収録作と主人公は以下のとおりであります。

 かつて秀吉が理想としていた国を真に作り出すため、黒田如水が九州統一を目指す『幻の都』
 石田三成の隠れた苦悩を知り、彼に恩を受けた佐竹義宣が、三成と家康の間で義理を貫く『義理義理右京』
 昼行灯を装って生き延びてきた細川幽斎が大勝負に打って出る『細き川とて流れ途絶えず』
 これがラストチャンスと、己の命を懸けて成り上がりを賭ける化け札・真田昌幸の最後の勝負『背いてこその誠なれ』
 秀吉によって愛娘を惨殺された最上義光が、豊臣打倒のために謀将としての全力を発揮する『謀将の義』
 英雄の孫という立場に苦しみながらも三成に支えられてきた織田秀信が、己の義に殉じて岐阜城を守る『鷹の目』

 関ヶ原に参陣せずも「らしい」戦いを繰り広げた武将としては、九州切り取り放題を狙った如水と、上田城で徳川本隊を釘付けにして見せた昌幸が有名であり、二人は本書でも活躍しています。
 しかしそれだけではない、ある意味マイナーな人物にまで光を当て、多面的な視点で描いてみせたのが本書の魅力であります。
(ちなみに昌幸のエピソードは、同じ作者の長編『化け札』の完結編に位置づけられているのも面白いところ)


 そんな中で個人的に特に印象に残ったのは、『謀将の義』と『鷹の目』であります。

 前者の主人公・最上義光は、伊達政宗のライバルとして謀略を駆使した男、「狐」にも例えられてあまりイメージがよくない武将ですが、本作は彼を豊臣への怒りに燃える復讐鬼として描くのが実に面白い。
 秀吉により死を命じられた秀次の巻き添えを食い、無惨に処刑された上、畜生塚に葬られた愛娘の駒姫の復讐のため、己の培ってきた謀の技を以て家康を支え、動かす義光……という本作の視点には驚かされるとともに、義光はこれほど格好良い人物であったか! と驚かされた次第です。
(ちなみにしっかり本作でも鮭を食べる……だけでなく鮭も謀に活用するのが楽しい)

 そして後者は、かつて三法師として清洲会議に担ぎ出された信長の孫・信忠の子である織田秀信が主人公の物語ですが……正直に申し上げて、全く印象に残っていなかったこの人物の秘めたる想いと、三成の交誼を哀切に描く筆調に圧倒されました。
 その特異すぎる生まれと育ち故に、常に周囲の顔色を窺ってきた秀信。そんな彼のことを理解し慮ってきた三成と、さらにそんな身の上だからこそ三成の苦闘を理解することができた秀信と――

 三成への義から、祖父と父の城であった岐阜城に依り、死闘を繰り広げた彼が辿った孤独な末路は胸を突くものがありますが、それ以上に、彼が関ヶ原で破れ、そして静かに消えていくことの意味が語られることが、本書そのものの結末となっているのには、ただ唸らされるほかありません。
(本作のみ書き下ろしというのも納得)


 これまでなかなか紹介する機会のなかった作者の作品ですが、本書で示された視点と構成の妙、何よりも物語としての豊かさに、もっともっと取り上げていかねば……と思わされた一冊であります。


『裏関ヶ原』(吉川永青 講談社) Amazon
裏関ヶ原


関連記事
 『決戦! 関ヶ原』(その一) 豪華なるアンソロジー、開戦

| | トラックバック (0)

2017.04.06

久保田香里『青き竜の伝説』 絶対的な存在などない世界で

 2001年に創設されて以来、「小学校高学年から読め、冒険心に満ち溢れた長編小説」を輩出してきた岩崎書店のジュニア冒険小説大賞。その第3回大賞を受賞した本作は、一人の少年を通じて、古代を舞台に、人と人、人と精霊の関わりを描くファンタジーであります。

 遙かな昔、山と谷に囲まれた遠見の村で暮らす少年・あかるは、西国からやって来た倭国の皇子・一鷹の一行と出会います。
 一行を村に迎え入れたあかるですが、倭の将軍であり一鷹の祖父・大彦は、兵を率いて村を占拠。あかるは、幼なじみの新米巫女・更羽とともに、一つの伝説を頼りに辛くも村から逃がれることになります。

 その伝説とは、偉大な力を持つ湖の巫女と、湖の精霊である青き竜・みずちの物語。強大な力で悪しきものを押し流すというみずちの力を求め、巫女がいるという那見の国を目指す二人ですが、しかしようやく辿り着いたその国は姿を変えていて――


 東征を続ける倭の軍勢と、精霊を崇める土着の人々という題材を見れば、その両者の対立を描く物語だと想像できる本作。その想像は全くの外れではありませんが、しかし本作は決してそれのみに終わる物語ではありません。

 倭を撃退するためにあかると更羽が頼った那見の国。しかし二人の見たその国は(倭が単純な悪ではないのと同様)決して聖なる国というわけではなく、むしろある側面においては倭と全く変わらないものであることが描かれることとなります。

 そしてまた、あかるが出会った初めての倭国人である一鷹もまた、単純な侵略者としては決して描かれません。
 東征軍に皇子として戴かれながらも、その実、お飾りでしかない自分の立場に屈託を抱えた一人の少年であった一鷹。そして彼は、その想いを抱えつつ、あかると少年同士共鳴する姿が描かれるのです。

 そして本作に登場するその他の国も、その他の登場人物も、また同様に様々な側面を持つ存在として描かれることとなります。
 完全に善の国もなければ、完全に悪の国もない。完全な善人もいなければ、完全な悪人もいない。現実世界を見回せばごく当たり前の真実ではありますが、本作はその真実を、様々な角度から浮き彫りにしてみせるのです。

 そんな物語の中で、偉大な精霊であるみずちは、ある意味最もニュートラルな存在と言えるかもしれません。しかしクライマックスで描かれるそのみずちの存在もまた、決して万能の神などではないことが浮き彫りとなるのです。
(その点からすれば、作中でみずちが無人格的存在として描かれるのは正しい、と感じます)


 みずちを含め、絶対的な存在などない世界。それはこの物語に単純な価値判断の基準などなく、そして単純に敵を倒せば、味方を救えばめでたしめでたしとなるわけではない、ということを意味します。
 戦って勝てば良しというのであればどれだけ楽であったか……あかるは、そんな困難に直面しつつも、自らにできることを模索していくこととなります。

 そしてその模索の先に、彼がたどり着いたもの――それは決して百点満点のものではなく、一抹の苦みを伴うものあるといえるでしょう。
 しかしその結末以上に、そこに至るまでの過程にこそ、大きな意味と価値がある……本作のラストで描かれる人々の姿は、それを何よりも雄弁に物語るものなのです。
(そしてそこに、少年の成長と、人間の発展を重ね合わせて見ることは容易いでしょう)


 遙かな古代を舞台とした冒険ファンタジーを展開しつつ、その中に陰影に富んだ世界の、人々の姿を……そしてその中から生まれる希望の姿を描いてみせる。
 大賞もむべなるかな、と言うべき佳品です。


『青き竜の伝説』(久保田香里 岩崎書店) Amazon
青き竜の伝説

| | トラックバック (0)

2017.04.04

木村忠啓『慶応三年の水練侍』 幕末武士が特訓の果てに見たもの

 毎回ユニークな題材の作品が登場する朝日時代小説大賞の第八回大賞受賞作は、タイトルのとおり水練・水術――水泳を題材とした物語。幕末の動乱に揺れる津・藤堂家を舞台に、藩の行方を左右する水泳勝負に挑む羽目になった一人の侍の奮闘が描かれます。

 佐幕か勤王かで、日本中が割れることとなった動乱の慶応三年。それまで中道を行っていた藤堂家にもその動きが波及してきた頃――砲術師範・市川清之助は、突如、水術試合への参加を命じられます。
 試合の相手は、江戸で水術を修め、そして勤王思想に傾倒した江戸帰りの俊英・谷口善幸。彼は、かつて清之助が敬愛していた先輩・善之丞の息子であります。

 しかし17年前、藩の火薬工場の爆発事故で父が死に、清之助が生き延びたことを逆恨みして、次々と嫌がらせを仕掛けてくる善幸。
 さらに藩内の勤王派のリーダー的存在となっていた彼が勝てば、藩内で勤王派が力を増し、藩を二分しかねない……それを恐れた佐幕派によって、清之助は佐幕派の代表選手扱いをされることになります。

 高慢な善幸に一泡吹かせるため、そして藩内の争いを防ぐため、決して負けられない戦いに挑む清之助。しかし問題が一つ――実は彼は水術は苦手だったのであります。


 という本作の基本設定が描かれるのは、冒頭から1/4程度の辺りまで。本作は、そこから終盤まで、ひたすら清之助の水術訓練が描かれることとなります。

 今の実力では到底かなわない相手に勝つため、主人公が個性的な師匠の下、奇想天外な特訓を繰り広げる……それは、スポーツものや格闘技ものの一つのパターンと言えます。
 本作もそうした物語なのですが、さて、どのような特訓が……と思えば、本作の舞台は津・藤堂家。藤堂家といえば伊賀上野、伊賀といえば――そう、忍者!

 かくて清之助は、伊賀者から特訓を受ける
ことになるのですが、彼のコーチ役を務めるのは、訓練の指示以外はほとんど全く語らぬ無愛想な伊賀者・伊八。清之助は、この伊八から次々と理不尽としか思えぬ特訓を課せられることになります。
 延々と薪を割らされる、地面に落ちた豆を素早く拾って棚の上に置く、尺八を演奏する……清之助は、到底水泳と関係あるとは思えぬ特訓を強いられる上に、食事は粥や豆腐ばかりという過酷な暮らしを数ヶ月に渡り強いられるのです。

 もちろん、実はこれらの特訓に意味があるのは言うまでもありません。その特訓をクリアしていくことで、以前とは比べものにならぬほど水術の腕を上げる清之助ですが……しかしそれでも善幸の壁は高い。
 最後の策として、清之助と伊八は伊賀の秘術を元に新たなる泳法を編み出さんとするのですが、その姿はなんと――


 先に述べたように、本作の大半を割いて描かれるこの特訓シーン。しかしそれが全く飽きることなく一気に読めてしまうのは、一つにはデビュー作とは思えぬ作者の筆力があることは間違いありません。
 しかしそれに加えて本作の魅力は、そのある意味ストレートな勝負に、幕末という時代、藤堂家という舞台を組み合わせ、さらに清之助の成長物語に重ね合わせることで、物語に深みを与えていることでしょう。

 佐幕か勤王か、旗幟を鮮明にすることなく渡ってきた藤堂家(もっともこの後、藤堂家は幕末史に残る大転回を見せるのですが)。その主家において清之助もまた、日々を静かに送ってきました。そこに現れた善幸という存在……それは清之助を大きな嵐に巻き込むこととなります。

 その清之助が挑む特訓で彼を突き動かすのは、初めは善幸への怒り、そして善幸に勝ちたいという思いでしたが……しかしその中で彼は、自分が勝つべき相手は、それまでの環境に安住してきた自分自身であったことに気づくのです。
 そしてその特訓のコーチである伊八に代表される伊賀者も、忍びには思想はない、と超然とした態度を見せつつも、やはり時代のうねりの中に巻き込まれていくことになるのを、清之助は目撃することになります。

 そんな清之助の想いの変化と水術勝負が重なり、その果てに彼が選ぶ道は、そこで見たものは……その結末に、あるいはすっきりとしないものを感じる方もいるかもしれません。しかしこれは物語で提示されてきた一つの価値観を体現した、見事な結末と言うべきではないかと私は思います。


 作者は今後もスポーツ時代小説にチャレンジすることを宣言している由、これは楽しみな作家が登場したものです。


『慶応三年の水練侍』(木村忠啓 朝日新聞出版) Amazon
慶応三年の水練侍

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧